すろーらいふな日常

日々の出来事や思ったことなど。ひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

かくれがで

瀬戸内海のちいさな島に、OH!くんのかくれが があるという。
もしかしたら、ここがそのひとつなのかもしれない。

男木島のリアルOH!くん。
ちょっと“帽子”が小さめだけど。

しかしアンニュイだったのか眠かったのか、それとも怪しい人間だと
思われていたのか分からないけど、カメラ目線はほぼジト目だったなぁ。

目線を外すとこんな表情もしてたのに。
実はカメラ苦手だったのかも。
スポンサーサイト
[ 2016/05/31 00:23 ] OH!くん・ケダマ | TB(0) | CM(0)

おぎのねこ

男木島の猫は日陰好き。
人にとっては丁度いい気温でも、猫にとっては日陰に入りたくなる
暑さらしい。年中毛皮だしねぇ。


友人がちょっと日傘を置いた隙に入ってドヤ顔していたり。

ほんの少し影があれば、こんなところにも。

猫ってほんと、狭いとこ好きじゃのう。
何故フクロウのぬいぐるみが置いてあるのかは謎だけど。

今回、飲みものをコンビニ袋に入れて持ち歩いていたら、カサカサと
音がするたび、猫たちは期待の目で袋を凝視し、集まってくる始末。
エサがもらえると思ってたみたいだけど、残念、手ぶらです。
この島では猫のエサやりは禁止されているし。
にもかかわらず、観光客が持ち込んだエサで野良猫が増え過ぎてしまい
島の全ての猫に避妊手術をすることが決まったそうな。

物欲しげな目で見つめられたり、猫なで声で甘えられたらついつい
エサをやりたくなる気持ちもわかるけど、例えば「エサやりOK」とか
明示してある場所以外ではやるべきじゃないと思うなぁ。
観光で訪れたなら尚更、毎日世話ができるわけじゃないんだし。
その土地独自の、猫との付き合い方もあるだろうし。

郷に入っては郷に従え。
[ 2016/05/28 23:39 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(0)

おぎのしま

珍しい電車を見て、うどんを食べたあと、高松港からフェリーで男木島へ。

瀬戸内国際芸術祭の春会期はおわっているにも関わらず、デッキは
お客さんでいっぱい。会期中は混雑してたんだろうなぁ。
船旅には最高の季節でもあるし。寒からず、暑からずで気持ちいい~。

島に着いたら早速、迷路のような細い路地をひたすら登る、登る。
息を切らしていたら、猫が階段をひょいひょいと。

猫はいいなぁ、身軽で。

平地は港周辺しかなく、斜面に家が密集している男木島。
車も通れないような細い道と坂道なのに、どうやって家を建てたんだろう。
重機も入らなさそうだし、資材の搬入とか大変だろうなー…なんて、こういう
場所に来るといつも思う。尾道とか。


石垣に囲まれた狭い道を歩きまわっていると、ふいに出くわすアート作品。
あえて案内を見ずに気の向くまま行くのもおもしろい。宝探しみたいで。

こちらもアート?

貝殻に植えてあった多肉植物。
海の近く、特に島のお家の庭先ではよく貝殻が置物になってたり
するけど、こんな風に使うのもいいなぁ。おしゃれでかわいい。
貝殻から石灰成分が出そうだし、なんて合理的なの。

ちょっと疲れたら、海でぼんやり。
瀬戸内海でも島の海はきれいだなぁ。

島独特のゆったりとした時間の中で、ぼーっと海を眺めるひととき。
なーんもしてないけど、贅沢だわ。
[ 2016/05/26 22:26 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(0)

アンパンマンとサンライズ

先日、友人と男木島へ行く途中、高松駅でアンパンマン列車に遭遇。


この春デビューした新型車両らしく、キャラクターがうどんを食べていたり
お遍路さんのような格好をしていたり、何気にご当地ネタが散りばめられてて
見てるだけでも楽しくてかわいい♪
ドア付近のアナウンスもアンパンマンの声だったし、アンパンマン好きな
子どもがこの電車に乗ったらすごいテンション上がるだろうなぁ。

ひととおり見たあと、ふたつ隣のホームに停まっていた寝台特急の
サンライズ瀬戸も久しぶりに見てみようと行ってみたら。

あらら、行っちゃったー…。
でもまともに見たのって十数年前、東京へ行ったときに乗って以来だわ。
あー、また行きたいなぁ。最近は切符取るの難しいらしいけど。

しかし、ええ歳した大人ふたりがアンパンマン列車に群がってる一方で
アンパンマンには目もくれず、まっすぐサンライズへ走ってった男の子を
見て、ふつう逆だろう…と思っていたら、友人も同じことを思っていた模様。

こんな大人でええんかなー。
[ 2016/05/25 00:40 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(0)

忘却のメモリーカード


ふらりと出かけて、写真を撮ろうと電源を入れたら

「メモリーカードがありません」

……そういやパソコンにデータ移してそのままだった。
近所だったからよかったものの、遠出したときだとショックだなぁ。
まぁ種類を選ばなければ大抵コンビニでも売ってるけど。
便利な時代じゃ。

でも、電器屋さんもコンビニもないところに行くこともあるわけで。
滅多にないシャッターチャンスを逃すかもしれない可能性もあるわけで。
そう思うと、予備のカードをバッグに忍ばせておいた方が無難なのかも。

次にやらかしたとき、予備を入れたことすら忘れてそうだけど。
[ 2016/05/22 00:31 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

歩いてゆるたび22


再びの、中国地方。

岡山から東へ向かい、北海道を経て日本海側を南下すること丸7年。
まだまだ道半ばとはいえ、お隣の県ってだけでやたら嬉しい~。
あとは岡山以外の中国地方と九州・四国を残すのみ!
まぁ「のみ」って言っても、まだ何千キロとあるんだろうけど
ここまで来ると、あとちょっとなんて思えるから不思議。
目標としては2020年くらいまでにはゴールしたいなぁ。

ただ、どのタイミングで四国に入るのか非常に気になってたり。
できれば、しまなみ海道ルートで入ってほしい…。
[ 2016/05/20 00:32 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

高嶺のバラ

春と秋に花が咲くのに、何故か春のものを見るとついつい
我が家にお迎えしたくなってしまう「バラほしい病」。
買うのは簡単な反面、手入れの難しさから自分の手に余るのは
目に見えているというのに、今年も再び発症中。

野生種なら丈夫そうだなー…なんて先日ちらりと思って
しまったのが発端だったけれど。

ハマナスは生育地が浜辺と言う時点で環境が違いすぎて。
モッコウバラは放っておくと伸びまくって、あっという間にもさもさに
なるというし。うーん、丈夫なのはいいけど難しい。

香りもいいし気品のあるバラだけど、私にとっては高嶺の花。
今年も誘惑を振り払いつつ、園芸屋さんや花壇のバラを眺めさせてもらおう。
[ 2016/05/19 00:33 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

置物の術


角度のせいか、えらくほっそりしていたアオサギの前を通り過ぎてから
その存在に気付いて、思わず二度見。うわ、全然気付かんかった。
なんかこんなフクロウいたなぁ。危険が迫ったらキュッと細くなるの。
でも普段ならちょっと近づいたり、ガン見しただけですぐ逃げるのに
何たそがれてるんだろう。

こんなに凝視できる機会もそうないぞとしばらく観察していたら
空を仰ぎ見つつ、まるでスローモーションのようにゆっくりとしゃがんでいき
道より一段低くなっている田んぼに姿が消えたと思った次の瞬間
再び見えたくちばしの先には大物のカエルが。

ハンティングでしたか。
そりゃ逃げるに逃げられないわ。背に腹は代えられんし。

だけど凝視されてる恐怖と戦いながらも、ひたすら気配を消して
獲物に気付かれないように狩りを成功させるってすごい集中力。
私なら注意散漫になった上に挙動不審になりそうだわ…。

一度は人の目もごまかした置物の術、お見事!
[ 2016/05/15 23:46 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

フチねこ


先日、鳥取の道の駅でひとめぼれした、ねこカップ。
カップのフチに手をかけて、ブレイクタイムのひとときに
美味しさと癒しを演出する、なんともかわいいクッキー。

湯気で手の部分が湿気そうとか考えてはいけません。
鳥取要素が何ひとつ無いことも。

かわいくて美味しければ、すべて良し。
[ 2016/05/08 23:55 ] 食べもの | TB(0) | CM(0)

やはり野に置け蓮華草


吉備路は一面ピンクの絨毯。
ひとつひとつの花を間近で見るのもいいけれど、ここまで見事に
咲きそろってると遠くから眺めたくなっちゃうなぁ。

しっかしGWと見ごろが重なったのって何年ぶりだろう。
レンゲ畑ってどこにあるの?というくらいまだ咲いてない年もあるし
今年のれんげ祭りに来た人はラッキーだったかも。

そういや昔はどこの田んぼでも普通にレンゲを植えてあったのに
最近あまり見なくなったなー。
きれいだし肥料にもなるしで、一石二鳥だと思うんだけど。
[ 2016/05/07 23:57 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(0)

夏のはじまり


立夏。暦の上では今日から夏。

立春や立秋に比べて知名度はいまひとつな気がするけれど
寒さや暑さの最盛期に、暦の上では春とか秋とか言われて
厳しい季節がそろそろおわりに近づいてるんだと、ちょっぴり
ホッとすることを思えば、過ごしやすい季節にこれから夏とか
冬とか言われてもあんまり実感わかないし、仕方ないのかも。

だけど太陽の光は確実に強くなっていて、そこはかとなく初夏の気配。
ちょっと外に出ただけで、肌がチリチリ焼けてるのが分かるくらい。

今年の夏も日焼け止め、塗り忘れないようにしなければ。
[ 2016/05/05 23:46 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

自由奔放


昨日、ラジオを聞いていたら「こども電話相談室」の逆バージョンで
大人が子どもに悩みを相談するというコーナーがはじまり、回答者だった
小学生の女の子が気持ちいいほど明快に子どもの視点で数々の悩みを
解決?していくのがおもしろく、今日も聞いてみたところ、本日の回答者は
なんと3歳の男の子。

3歳て。
採用する方もチャレンジャーだなぁ。聞く方もスリル満点なんですけど。

最初にパーソナリティーの方が男の子にいろいろ質問すると、そこから
おしゃべりが止まらなくなり、半ば強制的に相談コーナーに突入するも
ひたすらマイペース。いいなぁ、この自由奔放っぷり。
大人の都合なんてまだ分からないもんね。
それでも話の中から回答っぽいワードをすくい上げて、無理矢理解決に
持ち込んでいたパーソナリティさんは流石というか。お疲れさまというか。

最後の方では相談にちゃんと答えていたけれど、大人じゃ出てこない
回答ばかりでほのぼのしたり、爆笑したり。
「こうあるべき」みたいな常識に捕らわれない思考っておもしろい。
みんなこういうときがあったんだよなー…。

それにしても、最近の3歳児ってしっかりしてるわ。
[ 2016/05/05 00:16 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

願いをのせて


願いを込めた石をのせて、今日も跳ねまわるうさぎさん。

こちらもなかなかのバランス感覚。

心なしか、ドヤ顔。

白兎神社にて。
[ 2016/05/02 23:49 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(0)

海の1日


久々の海。
1年ぶりの日本海は白波の立つ荒れっぷり。
いや、これが普通なのかもしれないけど、去年はベタ凪ぎで
ものすごく静かだったから、この迫力を忘れてたわ。音がすごい。

サーフィンをするには絶好の波乗り日和だったようで、白兎海岸では
大勢のサーファーが繰り出し、波に乗ったり、ボードに乗ったまま
櫂をこいでいたり。地元ではまず見られない光景にくぎ付け。


ずっと見てても飽きないなぁ。かっこいい。
だけど素人目に見て大きな波が来たとき、乗るときとやり過ごすときが
あるけどどこが違うんだろう。大きな波でも善し悪しがあるんかな。

ひたすら海を眺めたあと、井手ヶ浜へ寄り道。

白兎海岸より波すげー…。
踏むと音がする「鳴り砂」を試してみたくて歩いてみたけど、あれ?鳴らない。
いろいろ試した末、かなり強めのすり足でやっとキュッキュッという音が。
おお、なんか嬉しい。鳴らすにはコツがいるのねぇ。
それと波打ち際の濡れたとこに波が映ってるのを見て、ちょっと感動したり。
こういうの、瀬戸内海じゃ見られないもんなぁ。

さらに羽合海水浴場へ。

低空に雲があって水平線に沈む夕日は見られなかったけれど
心ゆくまで海を眺めた1日。
最初は波が怖くて、ぼんやり海を見るなら絶対瀬戸内海とか
思ってたのに、訪れるたび日本海の魅力にハマりつつあるなぁ。

あと、ついつい寄り道したくなる海沿いの9号線、最高。
[ 2016/05/02 00:54 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。