すろーらいふな日常

日々の出来事や思ったことなど。ひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

じゃーじーハート

一面真っ白なソバの花を見ようと思ったら、すでに実になりかかってて
コスモス畑に行ってみたら、まだ一輪も咲いてない状態で。
かなり残念だったけど、あなたに会えたからすべて良し。

ラブリーハートの見返り美人。いや、美牛。

お目当てのものに出会えたときも嬉しいけれど、
思いがけないものに遭遇したときの方がインパクト強いですね。
予備知識がないと、そういう機会も増えるのかも。
ただ、あとで「こんな名所やイベントがあったのか!」なんてことを
知ったりすると後悔しそうなのが玉にキズ。ムズカシイところです。

それにしても、ジャージー牛って額にハートマークが現れやすいんかな。
ほのぼのした雰囲気に似合ってていいなぁ。牧歌的なラブアンドピース。
スポンサーサイト
[ 2014/09/30 01:34 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

朱、赤、紅

数日前の新聞に載っていた、真庭の彼岸花群生地へ
近くを通りかかったついでにちょいと寄り道。

うひゃー!真っ赤っか!!

田んぼのあぜや河原に群生しているのは近所でも見かけるけれど
ここまで密集してるのを見たのははじめてで、あまりの数に圧倒!
しかも植えられたものでなく、自然の群生地なのだそうな。
地元の方々が下草刈りなどの手入れをされているからこそ、見られる風景です。
こんなに赤いじゅうたん状態になるなんて、大事にされてるんだなぁ。
いいもの見せていただいて、感謝。

今年は咲きはじめが早かった分、見ごろは少し過ぎていて
色が抜けてしまった花もあったけれど、それでも見事な咲きっぷりでした。

今度はいい時期を見計らってまた来よう。
[ 2014/09/28 23:59 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(0)

キンモクセイのかほり

朝、窓を開けたら、ふんわりと甘い香り。
昨日までつぼみだったキンモクセイが一斉に咲きはじめました。

車の窓を開けて走っても、それと分かる香りがところどころ
漂っていて、ポピュラーな庭木なんだなと改めて思ったり。
庭木とは違うけど、桜といい勝負かも。
見た目の派手さはないけど、そのぶん香りは自己主張が強いしね。
でも風で運ばれてきた甘い香りには癒されるわ~。

が、昭和生まれにはトイレの芳香剤というイメージを持つ人が多いキンモクセイ。
芳香剤の種類が増えた近年、平成生まれには妙な先入観を持つことなく、
素直に秋のいい香りだと思っててほしいなぁ。
[ 2014/09/27 23:49 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

クールビズ

アルパカさんを一目見ようと、そしてあわよくばモフモフしようと
会いに来てみたけれど、なんだか妙な違和感が。

アルパカってこんな感じだったっけ…。

頭に疑問符を浮かべつつ、人懐っこいアルパカをモフりながら、
近づいてきたもう一頭に目をやると、違和感の謎が解けました。
暑さに弱い動物ゆえの夏仕様というか、クールビズというか
いわゆるライオンカットってやつですな。

ライオンかどうかは置いといて、こちらはかなりワイルド系。
もみあげ(?)がステキ。

ドイツの森にて。
[ 2014/09/23 00:44 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

新名物

友「豚かば食べに行かん?」
私「…ぶたかばって何?」

岡山県民でありながら、友人に誘われるまでその存在を
全く知らなかった「豚かば」。
「えびめし」や「デミかつ丼」に続く、新しいB級グルメらしい
ということで、豚かば専門店の「かばくろ」へ。

豚かば重(2枚乗せ)を注文すると、うなぎのかば焼きならぬ
豚のかば焼きが登場。おお、なんか見た目うな重っぽい。
食べてるうちにちょっとしつこくなりそうだなと思ったけれど
うなぎのかば焼きのタレをつけ、炭火で焼いた豚肉はおなかにも
胸にももたれることなく、ぺろりとおいしく食べられました。
土用の丑の日はうな重の代わりに豚かば重食べたいなぁ(うなぎ苦手…)。

それにしても、いつの間にか生まれてるものですね。新名物。
まかないからはじまった豚かばのように、他にもまだ隠れた名物が出てきそう。

そして豚かばを平らげた20分後、通りすがりに見かけて気になった
日本一たい焼き」のたい焼きを、デザートと称して食したのでした。
これもあんこぎっしり、皮パリパリでおいしかったー。

あぁ、食欲の秋。
[ 2014/09/22 01:10 ] 食べもの | TB(0) | CM(0)

移りゆく


今日、突然至るところから聞こえてきた、モズの初鳴き(高鳴き)。
この時期になると縄張り宣言をはじめるので、春のウグイスのように
季節を告げる鳥ですが、私の中では「時代劇の鳥」だったりします。
(時代劇で高鳴きの声がよく使われてるから)

そしてこの声が聞こえてから75日後には、初霜が降りると言われているのだとか。
今年は彼岸を待たずに涼しくなっちゃったし、すでに彼岸花も咲きはじめて
いるけど、約2ヶ月後にはもうそんな季節になるんですね。
ついこの間まで暑いだのムシムシするだの言ってたのに、2ヶ月後には
寒くて息が白く見えてたり、年賀状が発売されてたりするのかと思うと
ついついため息ついちゃうわ。

1年って早いなー…(まだ3ヶ月ちょっとあるけど)。
[ 2014/09/19 00:05 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

澄んだ空に


久々に、透明度の高い空。

先日、まだ目が暗闇にあまり慣れていない状態で、天の川だか
雲だかよく分からないものが見えて、撮ってみた1枚。
大抵は数分ほど目を慣らさなきゃ天の川なんて全く見えないのになぁ。
空気がからりとしてくると、空もクリアになりますね。
天候不順に泣かされたぶん、これからの澄んだ星空に期待です。
来月は皆既月食もあることだし。

は~、でもこんな町なかじゃなくて、蒜山とか鬼女台とか中国山地の
絶景スポットから暗い星空を見てみたい。一度でいいから。
と友人にこぼしたら、「クマに襲われるで」とバッサリ。

ですよねー…。
[ 2014/09/17 00:40 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

○心と秋の空


青空求めて、気の向くままに。

どの地点の予報を見ても、終日晴れだった今日。
青空を満喫すべく、ぶらりドライブでもしようかと車を走らせようとしたものの、
ぼんやり決めた目的地方面の空がどうも怪しげ。
ていうか、どう見ても曇ってるよ。雲だまりになってるよ、あれ。

不安になって実況天気を見てみると、曇りどころか雨の報告が多数。
なのに、更新された天気予報は相変わらず晴マークが並んでいました。
衛星画像も、スーパーコンピューターや予報官の予測を持ってしても、
秋の空は気まぐれってことなんですかね。

恐るべし、女心と秋の空。

そういえば、「女心と秋の空」って、もともとは「男心と秋の空」だったらしいです。
男女関係ないだろうに、なんで女心?と思っていたけど、これで納得。
[ 2014/09/14 23:46 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

出はじめの月、天頂の月


今年最後のスーパームーン、山から昇ってきたところをパチリ。
近地点の月ということもあるけれど、出はじめの月は更に大きく見えるなぁ。
地平線付近なんて不気味なほど大きく見えるというのに、実際の大きさは
変わらないというのがどうにも納得できなくて、天頂あたりまで昇ったとき
もう一度同じ月を撮ってみようと思っていたものの、雲がかかっておぼろ月。

うーん、これじゃ分かりにくい…というわけで。
昨日、同じ倍率で撮ったものと比較してみました。
本当は同じ日の方がいいんだけど、まぁ1日しか違わないし(←アバウト)。

左が昨日の天頂付近の月、右が今日、山から昇ってきたばかりの月。
試しにふたつを重ねてみたけど、ほとんど変わらない大きさでした。
絶対今日の方が大きく見えたのに。

一説には、何もない夜空にぽっかり浮かぶ月と違って、地平線付近は
建物や木など比較対象になるものがあるために大きく見えるらしいけど、
比較してみて同じ大きさだと分かってもなお、納得できない自分がいたり。
屋島のミステリーゾーン(実際は上り坂なのに、下り坂に見える場所)も
体験したのに全く納得できなかったけれど、これも錯覚のひとつらしいし
ヒトの目ってどうなってるんでしょうかね。フシギ。

今まで見えていたものが実は全く違うものだったら…なんて考えると
「日常」も「常識」もちょっとしたホラーですな。
[ 2014/09/10 00:42 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

今宵の月は


虫食い穴から、ちょいとのぞき見。

今日は中秋の名月。
って、なんか早くない?大体いつも9月の中旬以降じゃなかったっけ…
と思っていたら、こんなに早い時期なのは38年ぶりなのだそうな。
去年までの3年間はたまたま名月と満月が重なってたし
(次回、満月と重なるのは7年後)、珍しい名月が続きますね。

そして明日は今年最後で3回目のスーパームーン。
今でも十分明るい月夜だけれど、も少し明るくなるんかな。
明日も虫の声を聞きながら、ぼんやり月光浴できるといいなぁ。
[ 2014/09/08 23:42 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

安定の青

9月に入っても相変わらず曇ってて、突然の土砂降りに見舞われたり
安定しない天気が続いて、天気予報もあまりあてにならなくて、
折りたたみ傘を持ち歩く癖がついてしまったけれど、今日は青空。
1日中、青空。

曇り空続きのあとの青い空って気分的にもすかっとするなぁ。
青空欠乏症の身に沁み入ります。暑いけど。

そういえば、普段ならまだ残暑が厳しい時期なんですよね。
だけど、よく分からない天気が続く間に、ススキの穂が出ていたり
夏バテもなく過ごした胃袋が食欲の秋モードに突入しかけていたり。

今年の秋は長そうです。
[ 2014/09/08 00:55 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

ほんまな京間


今までずっと、部屋の広さは本間>京間だと思ってたけど
世間一般的には、本間=京間らしい。

カーペットのサイズを調べていて、判明した事実にびっくりです。
他にも「中京間」とか「江戸間」とか、地域によっていろんなサイズがあるんですね。
最近できたと思われる「団地間」というサイズもあったりして。ややこしい~。

両親は「本間>京間と習った」らしく、大工さんだった祖父もそう言ってたらしいので
きっとこの辺りでは、本間より小さい中京間のことを京間と言うのだろうと勝手に解釈。
しかしこれ、引っ越してきた人にとってはややこしいことこの上ないですな。
実際に部屋サイズを測った方が確実かも。

余談ですが、小さい頃、「本間の8畳」と聞いて
ほんま(本当)じゃない8畳があるのかと思ってました…。
[ 2014/09/07 00:50 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

のれんを探して


直島の至るところで見かけた、のれん。
デザインや草木染めっぽい色合いが勝山ののれんみたいだと
思っていたら、同じ方がつくられたものらしい。
ここでも町並みを彩っていたし、こういうつながりってなんかいいなぁ。

草木染めはなかなか手が出ないけど、我が家ののれんも新しくしたいなと
去年から探しているものの(玄関の外じゃなく、家の中にかけてるのれん)
理想の長さとデザインに巡り合えなくて、未だに掛けかえられなかったり。
のれん界では今、長いものがトレンドなのでしょうか。
その半分くらいの長さでいいんだけどなー…。

いつか家を新築することがあったら、勝山の草木染め工房でオーダーメイドの
のれんをつくってもらいたいわ~なんて夢はあるけれど。いつになることやら。
[ 2014/09/03 23:43 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

アートなアイランド


宇野港から船に揺られること20分。
船を降りるとそこは、アートの島だった。

民家の塀の向こうにスワンボートが顔をのぞかせていたり、
ごみ箱からは空き缶がコンニチハしていたり。


目立つものから、よく見なければ見逃してしまいそうなものもあれば
民家やお店に留まらず、神社までもがアート。
日常の中の非日常って感じで、なんだか異世界に来た気分。

神社をいじるのはタブーじゃなかろうかと思っていたけど、これはアリかも。

この護王神社は、空家等を改装してアーティストの作品を展示している
「家プロジェクト」のひとつで、社殿の地下にも作品を見ることができます。
他の家プロジェクトも写真撮影はほとんどがNGだったけれど、
その分じっくり静かに眺められるのはよかった。

焼杉のどこか懐かしい家並みの、ちいさな集落に流れる島時間。

ちいさなエリアの中に好きなものや気になるものが
ぎゅっと詰まっていて、それがとても居心地良くて。
時間いっぱいまでこのエリアをそぞろ歩き。

ちょこちょこ見かけたレンタサイクルで島内を回るのも良さげだなぁ。
アップダウンは結構ありそうだったけれど。

1ヶ所に絞ればお昼からでも十分楽しめる、近場のプチ島旅。
今度は有名な黄色と赤のカボチャを見るぞ~。

直島・本村地区にて。
[ 2014/09/02 22:42 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(0)

夏のおわり


8月最後の日は、珍しく穏やかな晴れ。
前日の予報では午後から曇りだったけれど、いい方に外れてくれました。
考えてみれば、丸1日晴れていたのって今月はじめてかも。
日が射しても一時で、あとはほとんど曇りか雨だったからなぁ。

久々で暑く感じた日差しも、真夏のそれとは明らかに弱くなっていたし。
もう空も空気も秋ですね。

真夏と言えたのはほんの数日だった今シーズン。
秋は穏やかな季候でありますように。
[ 2014/09/01 00:34 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。