すろーらいふな日常

日々の出来事や思ったことなど。ひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハチの巣予報


各地に被害をもたらした台風シーズンも、やっと収束(たぶん)。
今年はハチが割と高いところに巣を作っていたので、台風は少ないだろうと
思っていたのですが、日本に接近した回数は多かったような気がします。
台風の影響をあまり受けなかったこの地域に限って言えば、ハチの巣予報は
当たってたのかもしれないけど。

昔からの言い伝えで
「ハチが低いところに巣をかけたときは台風が多く、高いときは少ない」
なんてよく言うけど、春頃から巣を作りはじめるハチにどうしてそんなことが
わかるのか、すごく不思議。
今年のパターンだと、もしかしたらピンポイント予報もできるのかも。
これが本当ならすごい能力です。恐るべし、野性の勘。

そんなひとつの目安になるハチの巣の位置ですが、だんだん巣が大きくなり
大所帯になったハチがぶんぶん飛び回ってるそばを通るのは、かなり怖かったり。

台風シーズンのあとは、凶暴化してるハチに注意です。
スポンサーサイト
[ 2013/10/30 22:07 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

二期咲

何日かぶりのいい天気、吉備路にふらりと出掛けたら
コスモス畑の中に、コスモスとは明らかに違う黄色い花が。

それはヒマワリ。

え、ヒマワリ?10月もおわろうかというこの時期にヒマワリ??
コスモスの時期を狙って咲かせる植え方なんてあるの?
と思っていたのですが、今日の新聞にその答えが書いてありました。
しかも同じ場所から撮った写真付きで。
どうりでいつもより見物客が多かったわけだよ…。

まずこの畑、夏はヒマワリ畑になっていて、花がおわったあとに
ヒマワリごと畑を耕し、コスモスの種を植えたそうで、どうやら
こぼれ種から芽が出て育ったみたいです。
毎年こんな風にはならないけど、猛暑の影響もあって今年は花をつけたとか。
二期作ならぬ、二期咲ですか。

偶然が重なったにしては狙ったかのようなコラボだけど
草丈もちょうど同じくらいだし、これはこれでいい感じ♪

思わぬ猛暑の置き土産でした。
[ 2013/10/27 23:55 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(0)

雨の秋祭り(その2)

流鏑馬を堪能したあとは、倉敷美観地区へ。
この辺りも阿智神社の秋季例大祭で、お神輿やらいろんな神事が
行われている時間帯に着いたはずなのですが、お神輿どころか
お囃子も聞こえず、ただ観光客があふれているだけでした。

あれ、こっちは雨で中止になったかな?
と本町辺りをぶらついていたら、素隠居(すいんきょ)発見!

いつぞやと同じく、カメラを向けたら素隠居にロックオンされました(笑)。
うちわで頭を叩いてもらっておかげをいただき、ありがたやありがたや。
それにしても、この衣装に雨ガッパってなんかシュール。
かと言ってミノだと別物になりそうだし。

白装束を来た人たちも雨ガッパだったけど、普通に歩いてるだけでも
少し暑かったし、ムレて体力奪われそうですな。これは大変だ…。

お祭りの最後、神社の階段をお神輿担いで駆けあがるときにはもう
疲れ果てた表情だったけれど、気合の掛け声で最上段まで登りきり
無事に本殿へ帰還。さすが若者パワーは違うわ。

お祭りの日って子どもの頃から晴れの特異日と言っていいくらい、
晴れのイメージしかなかったのですが、ある意味珍しいお祭りの1日でした。

しっとり濡れた美観地区も趣があるけれど、賑やかなお祭りのあとの
この雰囲気は落ち着きすぎてて、ちょっとさみしくなっちゃうなぁ。

来年は晴れますように。
[ 2013/10/23 00:14 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(0)

雨の秋祭り(その1)

昨日、小雨降る中、秋祭りのハシゴをしてきました。
まずは吉備津彦神社へ。

雨が降っているからか、人もまばらな境内。
この写真だけでは、本当にお祭りなの?というような雰囲気ですが
参道には大勢の人たちが詰めかけていました。

そのお目当ては、流鏑馬(やぶさめ)神事。

一度見に行きたいと思っていたものの、来れたと思ったら雨降りで
中止にならないか心配していたのですが、馬たちがおとなしく
お祓いを受けていて、雨天決行しそうな雰囲気に一安心。
かっこいいけど、しおらしくしてる姿、なんかかわいいなぁ♪

お祓いのあと、馬たちは参道と神社の前にある池をぐるりと練り歩き
いよいよ本番!

2頭の馬がそれぞれ3・4回ほど参道を駆け抜けていくのですが
目の前を地響き立てながら走っていく様は、かなりの迫力でした。
乗馬でポクポク歩いてるとこは見たことあるけど、全力疾走してる
ところなんて今まで生で見たことなかったし。

しかし重量感があるのにむちゃくちゃ速い!
手綱から手を離すだけでも難しそうなのに、手放しで矢を射るって
すごい技術ですよ。その上、ど真ん中に命中とか。手練れじゃ…。

馬と射手との一体感もすごくきれいで、みとれちゃいました。

一仕事終えた男の背中って感じ。
くぅ~っ!かっこいい!!
[ 2013/10/21 22:37 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(0)

ハネ問題


先日久しぶりに髪を切り、さっぱりすっきりした翌朝、鏡を見てびっくり。
内側に巻いていた髪はあらぬ方向にハネまくり、この頭で顔にススでも
つければドリフのコントに出られそうなくらいの爆発っぷりでした。
当分長くのばしていて忘れてましたが、ハネるんでしたね。短いと。

それから1週間は暑い日が続いたこともあり、ひとつにまとめてごまかして
いたけれど、今週はえらい肌寒くなってきたし、どうせならまとめずに
おろしていたい。その方が首周り暖かいし。

というわけで、この間からネットで寝ぐせ対策を検索中。
が、寝ぐせ直しに最適なスタイリング剤の種類が多すぎて、何が何やら。

一度スプレー&ブローで髪を整えておけば、その後どんなに爆発頭に
なったとしても手櫛でさっと元通りになるような形状記憶的寝ぐせ直し、
どこか出してくれないかなぁ。ベタつかないタイプで。

ズボラなのは重々承知しておりますが、切実です。
[ 2013/10/19 22:15 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

のびにのびて

昨日、近所をぶらついていたとき、道端でガードレールに巻き付いた
アサガオがちょうど逆光でいい感じだったので近づくと。

長っ!

ガードレール横の地面から生えているものと思っていたそれは
土手の下から伸びていた先端部分のアサガオでした。

って、下まで10メートル近くあるんですが…。
何も手を加えず、自然のままに放置してたらこんなに長くなっちゃうのね。
普通の、小学校で育てるようなアサガオと種類が違うからかもだけど。
でも川が増水して何度か浸かってるだろうに、よく流されずに育ったものです。

それにしても、庭に植えて手をかけるとなかなか上手くいかないのに
放置されてるはずの野良園芸種が元気いっぱいって理不尽だわ。ブツブツ。
[ 2013/10/15 00:34 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(2)

買物ドライブ

昨日、野菜を求めて蒜山へ。
早々に目的を果たしたあと、ぶらりドライブ。

さすがに雲が低いなぁ。
おまけにコスモスの草丈もずいぶん低い。気候が関係してるんかな。


この日のジャージー牛さんたちは、遥か彼方でした。
もりもりと草を食むとこ見るの、好きなんだけどなぁ。うむむ…残念。
それならと、馬とふれあえる施設でエサをちらつかせつつ
顔のドアップを狙ってみようと馬に近づいたら。

ブルル!

突然カメラの前で鼻を鳴らされ、レンズもろとも鼻水まみれに。
ぎゃー!なんてことをっ!

妙に坊ちゃん刈りの似合う彼は、エサをやらずに写真を撮ろうと近づく
他の観光客にも鼻水攻撃を仕掛けてました。
ギャラ(ニンジン)がなきゃ撮影もお断り?しっかりしとるなぁ(笑)。

そのあとは県境を越えて、両親リクエストの鍵掛峠へ。

ここは大山南壁を一望できる絶景ポイントなのです。
写真では雄大さが伝わりませんが、とにかくでっかーい!

そしてさむーい!

日が射しているのに、強風吹きすさぶ山の空気はかなり冷たいものでした。
ここから少し降りたところが13度だったので、10度くらいだったのではないかと。
20度前後を予想してた服装じゃちょっと薄すぎたよ…。
やはり山を甘く見てはいけませんな。ほんのり紅葉もはじまってたし。

2週間前より少し進んだ秋。
2週間後にはこの景色も色とりどりになってるんだろうなぁ。
[ 2013/10/13 23:33 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(0)

素敵アソート


いろんなお菓子を、ちょっとずつ。

最近、この手のアソートものが少しずつ増えて来たような気がするけど
気分によっていろんな種類のお菓子がつまめるのは嬉しいですね。
何種類もの中に、ひとつやふたつは食べたことのないものが入ってて
おためし気分で食べられるのもまた良し。
気に入れば単品で買うこともできるし、メーカーにとってもいろんな製品を
知ってもらういい機会になっているのかも(というか、それが狙い?)。

まぁ写真のお菓子はどれも食べたことのあるものばかりなのですが、
以前ハマってた丸大豆せんべいブームが再来しそうになってたり。

…まんまとメーカーの策略にはまりそうです。
[ 2013/10/11 23:27 ] 食べもの | TB(0) | CM(2)

10月の蝉


10月に入ってだいぶ秋めいてきたと思っていたら、突然の蒸し暑さ。
台風が過ぎていくまでの我慢だと言い聞かせていたのですが。

天気回復で更に暑くなってやしませんか?
台風一過って大抵涼しくなるんじゃなかったっけ??
さすがに今日はクーラーをかけました。10月なのに。

今回は台風が夏の切れっぱしを運んできたようなものだと思うけど
今年は夏からの名残がこの時期まで地味に続いていたりします。

それはセミ。

お彼岸を過ぎても10月になっても聞こえる声に、どこまでがんばるんだろうと
思っていましたが、今日の暑さで元気が出たのか声のキレがよくなってました。
電池切れ寸前な感じだったのが元に戻るなんて、気温ひとつで変わるものです。
やっぱり暑くなきゃ調子は出ないよねぇ。

まぁこの時期にセミが鳴いてるというのもなんだか不思議な感じだけれど
道行く人の格好も夏や秋と様々だし、セミのことばかりは言えませんな。
[ 2013/10/10 00:21 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

首を伸ばして

暖かい(いや、ちょっと暑い)午後のくつろぎタイム。
座って休んでいたり羽づくろいをしたりと思い思いにまったりしてた
アヒルの群れを眺めていたら。

ものすごい脱力っぷりのアヒル発見(↑いちばん手前)。

急所の首を投げだすなんて、ちょっと緊張感なさすぎじゃないかい?
野性はどこへ…って公園で飼育されてるんだっけ。
安心しきってるとこんなポーズになることもあるのねぇ。
確かにずっと数字の2のようなかたちのままだと、首がだるくなりそう。
寝るときは羽の中に頭をつっこんで、なんだか寝違えそうなスタイルだし
たまには首を伸ばしたくなるのかもしれません。

他には、こんなちゃっかりさんも。

羽毛クッションとは贅沢な。
[ 2013/10/08 00:19 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

秋告げる

2・3日前あたりからただよいはじめた、キンモクセイの香り。
香りに気付いた翌日、まだ庭の木は開きかけのつぼみだったけれど
それでもハッキリ分かるのだから、かなりの芳香です。

そして雨上がりの今日は満開。
気付けば道沿いの木々もオレンジ色に染まってました。

キンモクセイって咲きだすと、どこの木も一斉に開きますね。
ちょっと春の桜に似てるなっていつも思います。
一斉に咲いて一斉に散っていくところとか。
花がおわると、晩春や晩秋な感じになってくとことか。
春のソメイヨシノ、秋のキンモクセイ、どちらも季節を告げる花。
見た目は全く違うけど、意外と似たもの同士かも。

そういえば鳥取で見たキンモクセイはすでに散りかけて、第2弾のつぼみが
出てたけど、この辺りも今年は二度咲きになるのか、ちょっと楽しみ。
[ 2013/10/06 23:59 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

水玉噴水

肉眼では線状の流れに見える噴水。
その一瞬を切り取ると。

ほぼ水玉。

線状になっているのは、噴き出し口からほんのちょっとの間だけ。
結構早い段階から水玉になってるのねぇ。
この形状になるのは落下する直前くらいからだと思ってたよ。

いろんなかたちがあるけれど、実は数多の水玉をまとっていた噴水。
これから公園や駅前の噴水を見る目が変わりそうです。
[ 2013/10/02 22:42 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

秋色大山

久しぶりに天気の良かった先週末、友人ととっとり花回廊へ行ってきました。

園内はコスモスやサルビア、ケイトウをはじめとした秋の花が見頃でいい感じ。
はー、気付けばすっかり秋色だわねぇ。
日差しはまだちょっとチリチリするけど、空気爽やか。大山もくっきり♪
外にいるだけで生命の危機を感じていた約1ヶ月前の猛暑を思い出すと
気ままにぷらぷら外を見て歩けるなんて幸せすぎます。

思う存分花を眺め、園内の一角にたたずんでいた森の妖精的な何かに
つっこみを入れながら、園内をぐるり。
こういうとこに来ると、歩いては立ち止りでなかなか進めないなぁ。

↑手作り感あふれた森の妖精?の中でいちばんのお気に入り。

そして谷のようになっているエリアを歩いていたとき、突如ガサガサっと足元の茂みが揺れ
「わひゃあっ!」と変な奇声を上げた途端(←驚いても絶対「キャー!」とか言えないヒト)
茂みから飛び出してきた黒い影。
だいぶ距離を置いてこちらを振り返ったそのいきものは、タヌキでした。
場所柄、いてもおかしくはないけども、突然の出来事にボーゼンとしていたら。

「茂みの中にもう1匹いる!」

友人に言われて見ると、飛び出してきたのとはひとまわり小さい子だぬきが。
こちらは警戒心があまりないのか遊歩道に出てきて座ったり、すぐ目の前を
てけてけ歩いていったりと、マイペースで怖いものなしな様子でしたが、
親タヌキ(たぶん)に呼ばれ、山の方へ消えてゆきました。

び…びっくりしたー…。
よもやリアルぽんぽこに遭遇するとは思わなんだ。

そんなハプニングもありつつ園内を練り歩いたあとは、桝水高原へ寄り道。

このころには曇り空になっていたけれど、自然のお花畑を楽しめました。
ススキはすでに種が飛ぶ直前のぼわぼわ状態になっていて、標高700メートルの
高原はちょっと濃い秋の雰囲気。
あと1ヶ月もすれば、今度は紅葉で彩られるんだろうなぁ。

そう思うと、秋ってあっという間に過ぎ去っていきそうですね。
せっかくのいい季節、しっかりじっくり見て歩こ。
[ 2013/10/01 23:13 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。