すろーらいふな日常

日々の出来事や思ったことなど。ひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

早起き推奨花


夏の彩りにと少し前に買ってきて、雨続きで植えられずにいたら
もっさりしてきたポーチュラカ。
ポットでは窮屈になってきたので、とりあえず鉢に植え替え。

「1日花」・「太陽大好き」・「丈夫」(←これポイント)
ということは買う前に調べて分かっていましたが、お持ち帰り後に判明したのが
お昼頃には花がしぼんでしまう、ということ。
曇りがちの日はもう少し遅くまで咲いているけど、朝から太陽が照りつけている日には
ヘタしたら二度寝して起きたときにはすでにしぼんでいたりします。

数時間しか咲かないなんて、かわいい花なのにもったいないっ!

でも逆に、花を見たいなら遅くまで寝ていられないってことか…。
今年の夏は休日も遅寝せずに、プチ早起きしてみるかな。
スポンサーサイト
[ 2013/06/30 23:55 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

かきたいけれど


先日の夜、うっかり素足にサンダルで外に出ていたら虫に刺されていたらしく
足の甲や足首に集中砲火を浴びていたものの、あまりかゆみを感じなかったので
特に気にしていなかったのですが。
翌日から、靴や靴下と擦れるたびにムズムズムズ…。

かゆい。かきたい。でもかけない。

一度さわってしまったら余計悪化するだけだと我慢していたけど
何度、靴と靴下を脱ぎ捨ててかきむしってやろうと思ったか。
しかも一旦治まっても、歩きだすと再びかゆみに襲われる悪循環。
痛いのも辛いけど、かゆみを我慢するというのも別の意味で辛いですな。
血を吸った上に副作用と言う置き土産をしていくとはなんてヤツ。蚊め…。

まぁカットバンとか貼って刺激を少なくするのも手なんだろうけど
11ヶ所をカバーするにはどうすればいいんでしょうかね。
[ 2013/06/29 23:54 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

私を宇宙に連れてって


雲のまにまに、星きらり。

太陽や青空はちらちら見えていたけれど、星空ってすごい久しぶり。
が、写真を撮っていたら再び雲に隠されてしまいました。
時間にしてたった数分。梅雨の星空は貴重です。

そんな星空を見てふと思い出した「星の王子さまに会いに行きませんかキャンペーン2」
まだ先だと思っていた締め切りが迫っていたので応募してきました。
2014年打上げ予定の「はやぶさ2」に搭載されるターゲットマーカーやカプセルに
名前やメッセージ、イラストなどを載せて一緒に宇宙を旅しよう、というもので
小惑星までの片道か、地球帰還までの往復か、あるいは両方を選ぶことが
できるのですが、そうそうある機会じゃないし、ここはやはり片道&往復切符で。

宇宙スケールでは「ちょっとそこまで」な距離でも、順調に行って6年の長旅。
前回のキャンペーンは知らなくて参加できなかったけれど、今度は「はやぶさ2」の
飛行経路を辿りながら、一般人にはまだ難しい宇宙旅行気分にひたれそうです。

波乱万丈となるか平穏無事となるか、今から楽しみ(できれば何事も無い方がいいけど)。
まずは無事に打ち上がりますように。
[ 2013/06/28 01:12 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

見えない窓の素朴な疑問


リニアモーターカーのフロントガラスが無いのは、運転席が無いから。
ということを、ちょっと前のニュースを見て納得したのですが
先日見かけた、窓までみっちりイラストの描かれたラッピングバス、
あの中は一体どうなっているのでしょう。

明かりを点けなければ車内真っ暗とか。
実は映画を流してるシアターバスとか。

どちらにしても、車窓を眺めていたい者としてはちょっと遠慮したい仕様ですが
日本の技術をもってすれば、「外からは見えないけど中からは外が見える窓」
くらいはできそうな気がしますね。マジックミラーのような感じで。
実際に乗ってみなければ分からないけど、どうなってるのかちょっと気になります。

窓と言えば、ケーブルカーやトロッコ列車って窓ガラスの無いオープンな窓に
なってることが多いけど、雨の日もフルオープンなんかな。
雨風に打たれながらの乗車とはなかなかワイルドだけど、こっちも気になる…。
[ 2013/06/23 23:43 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

ほどほどに


雨降りの3日間、今までの分を取り戻すかのように降りました。
ちょっとおつりが来るくらい。

警報を出すほどか?と思うほど激しい雨ではなかったし、干上がりかけてた
川が元通り(むしろちょっと増水)になったりと、この辺りはほどよく降った
感じだったけれど、中には1日で1ヶ月分降ったところもあったとか。
水がなくて困っていたのに、たった1日で水があふれて大変なことになるなんて
ウソみたいな話だけど、最近こういう極端なことが多いですね。
昔はこつこつ(しとしと)降らせていたのに、さぼることを覚えて溜めこみタイプに
変わったんでしょうか。梅雨前線。

来週からはやっと本格的な梅雨になりそうだけど、ほどほどにお願いしたいなぁ。
というか中国地方の梅雨入り、6/19に繰り下げられそうな予感。
[ 2013/06/21 23:49 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

消えないあとに


いつもより少し寝坊してしまった朝。
鏡を見たら、顔にシーツのあとがくっきりと。

慌ててクリームをつけてマッサージをしてみたり、少ない時間で悪あがきを
してみるも、長い時間の間についたらしきあとは全く消える気配なし。
あきらめて顔についたあとを髪で隠して出かけ、さすがにもう消えてるよねーと
お昼すぎ、再び鏡を見てみると。

うわー…まだ残ってるよ…。

だいぶ薄くはなっていたものの、まだしっかり残ってました。
寄る年波を感じてはいたけれど、現実を突き付けられるとやっぱりショック。
小学生の頃はこんなのすぐ消えてたのになー…(遠い目)。

対処法を調べてみると、蒸しタオルや10分ほどの足湯が効果的なんだとか。
いちばん確実なのは「横向き、うつ伏せで寝ない」ことなんだろうけど
寝てる間に寝返りを打ったらどうしようもないし。
寝返り防止に両側に丸めた布団とか置いてサンドイッチ状態にしたら…。

…暑苦しいか。
[ 2013/06/19 23:49 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

ご当地マンホール・兵庫編2

主に六甲山周辺で見かけたマンホール…というか、消火栓等のフタです。

ひとつめは、これぞ神戸!というイメージの王道デザイン。

ふたつめ、これも王道と言えば王道なのですが。

てんこもり。
たくさん見所があるのは分かるけど、ぎっちぎちです(笑)。
何故か謎のシェフみたいな人もいるし。
思わずフタの周りをぐるりと一周してしまいましたよ。

みっつめはアーティスティックバージョン。

見つけたときはなんて書いてあるのか分からず、いろんな角度から
見たりして、ひとしきり頭をひねっていましたが、家に帰ってから
やっと気付いたというシロモノです(遅)。

うーん、感性が足りないなぁ…。
[ 2013/06/18 00:08 ] ご当地マンホール | TB(0) | CM(0)

なつもどき


真夏日の中、用事ついでに外を歩いててふと気付いたこと。

日差しがあんまり痛くない。

真夏だと「あ、今焼けてる」と実感できるほどチリチリじりじりと痛くて
日向を歩くのも躊躇するくらいなのに、全然許容範囲内。
こんな暑さだったら長時間でも歩きまわれるかも(ただし日焼け止めは必須)。
真夏並みの暑さで入道雲がもくもくしていても、やっぱり夏本番はまだなんですね。
ま、いくらかマシとは言っても、暑いことには変わりないのですが。

そういえば、最近常に最高気温ランキングの上位に入っているのをいいことに
この暑さをPRしようとしているとか、いないとか。

いやもう「晴れの国」だけで十分です。
[ 2013/06/17 00:27 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

空梅雨の雨間


やっと待ちわびた雨が降って、ほっと一息。
だんだん細くなっていた川幅が元に戻るまでには至らなかったけれど
田畑やいきものたちにとっては恵みの雨となりました。
これが本来あるべき梅雨の姿だと思うんだけどなぁ。

ここ最近の、梅雨をすっとばして真夏がやってきたかのような天気と気温が
もうアレすぎて忘れかけていましたが、まだ6月も半ばなんですよね。
雨降り続きも困るけど、この時期独特の情緒があまりないのもさみしいものです。

そして明日はまた真夏日の予報。
梅雨の晴れ間どころか空梅雨の雨間とは、ホントの意味で「水無月」だわ。
[ 2013/06/16 00:09 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

山の上の神戸

先日、友人のお誘いで神戸へプチ旅。
神戸と言っても、一般的なイメージの異人館やハーバーランドではなく、六甲山。

レトロな雰囲気のケーブルカーで山を登ります。
かなりの急勾配なので登るにつれて気温は下がり、満開だった花はつぼみに。
ケーブルカーからバスに乗り換えて、目的地の六甲ガーデンテラスに着いた時には
肌寒いほどでした。下は蒸し暑いくらいだったのに。

で、今回のお目当ては「英国&バラフェア」のイメージキャラ・ピーターラビット。


イングリッシュガーデンの中にピーターラビットやその仲間たちがたたずんでいたり、
絵本の中の場面が再現されていたりと、絵本の世界に入り込んだような雰囲気。
風景にキャラクターがとけこんでてかわいい♪
要所要所に大きな絵本が置いてあるので、話を知らなくても楽しめました。
ピーター好きな友人のテンションは言わずもがな(笑)。

そしてランチにもピーター発見。

最後までなかなか食べられなかったけれど、意を決して食べてみたら
サクサクのおいしいパイ生地でした。ごめんよ、ピーター。
しかしこの料理の名前が「英国風ランチ・マグレガーさんの野菜畑にて」で
ピーターラビットがパイ生地とは、何と因果な。
あのブラックなお話にかけてあるのか?と、かなり気になるランチだったり。

ひととおり絵本の世界を堪能したあとは、ポスターを見て気になった高山植物園へ。
ポスターに書いてあったイベントがこの日までだったので、
もう見頃は過ぎちゃってるかな…と不安半分、期待半分で行ってみたのですが。

透き通るような空色に出会えました♪
和名がなくて、「ヒマラヤの青いケシ」というざっくりした呼び方になっているそうです。
高山植物ってなんでこんなにかわいくて美しいんでしょ。
独特の可憐さが、まさに高嶺の花って感じ。

思っていたよりもかなり広かった園内では、見たことも聞いたこともないような
多国籍な花がたくさんで、気分的におなかいっぱい。
見てみたかった花が普通に道端に咲いてるとか、植物好きにはたまらんです。

しかし、ここでふと気付く。

「ここって神戸…なんよね?」

あまりに神戸のイメージとかけ離れたところばかり巡っていて忘れていましたが
気付けば地元でふらりと行く場所と大差ないような…。
まぁピーターも外国の高山植物も地元じゃ見られないものだし、たまにはいっか。

港町と同じく、そこはかとなく異国情緒漂う六甲山。
あいにくの曇り空だったけれど、今度は晴れた日に登ってみたいなぁ。
[ 2013/06/11 22:58 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(2)

土地ぼけ


にぎやかな街を経由して、静かなところへ行ったとき。
都会から、静かで明かりの少ない片田舎に帰ったとき。

あまりのギャップに、あの喧騒は夢幻だったんじゃなかろうか。
なんて思うことはよくあるけど、その間の移動時間が短いと更にヘンな感じがします。
ついさっきまで人も灯りもあふれていたのに、なんでこんなに静かなの?というか。
日常って狭い日本の中でもえらい違うものだなぁと。
感覚が追いつかない時差ぼけならぬ、土地ぼけかしらね。

そんなこんなで、今日は早起きして神戸(の山の方)へ行ってました。
が、もう眠くて眠くて活動限界…。

今日のできごとは、また後日。
[ 2013/06/10 00:09 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

梅雨なのに


「梅雨ってもう明けたの?」
という会話がちらちら飛び交ってる今日この頃。

いやいや、この間入梅したばかりだから。

なんて突っ込んでみても、このお天気続きでは疑いたくなるのも無理はないです。
気温も相変わらず真夏っぽいし、梅雨ならもっとこう…ねぇ?
あまり降り続いてもらっても困るけど、ちょっとは雨がほしいところですな。
できればジメジメしない、しっとりな雨降り希望。

何年か前みたく、前半は空梅雨かと言われるほど降雨をさぼり、
後半に怒涛のごとく降りまくる、夏休みの宿題状態は勘弁してほしいけれど。
今年の梅雨はどうなることやら。
[ 2013/06/04 23:50 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

倉敷ヒナめぐり


毎年ひなめぐりで訪れる倉敷美観地区ですが、今日のお目当ては
雛人形ではなく、こちらの白鳥さん一家。

…の、ヒナたち。

5月のはじめ頃にヒナが孵ったと新聞やニュースで見てから、1ヶ月。
もうかなり大きくなってるだろうなぁ…と思っていましたが、
予想に反してぽわぽわでピヨピヨな、まだまだかわいらしいヒナでした。

親鳥が泳ぎだすと、遊んでいても慌てて後を追いかけて行くしぐさが
かわいかったけれど、ヒナだけでなく見物客も白鳥の後をぞろぞろと
ついていくさまがなんだかおかしかったり(笑)。
遠目から見ても、どこに白鳥一家がいるのかが人垣ですぐ分かります。

普通は子育て中に近づくと威嚇されたり攻撃されたりするらしいのですが
(ねぐらの小屋に近づこうとしていた大きめのカニっぽい生きものにも
怒り狂って、猫のように「シャーッ!」と鳴きながらつまみ出してたほど)
もう人に慣れっこなのか、見物客に近寄って愛想をふりまいてました。
さすが美観地区のアイドルさん。

そしてあちらこちらの民家の軒下にも、かわいい子、発見。

無きまねをすると、「え?なになに?」と不思議そうな反応をするのが
かわいくて、ついつい遊んでしまいます(←こら)。
ツバメを至近距離で見られるのも今の時期くらいだしね。
この姿をずっと見ていたいくらいだけれど、しっかり食べて大きくなれよ~。
[ 2013/06/03 00:30 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(0)

ブルーサタデー


ちょっとバタバタしていた間に梅雨に入り、気付けば6月。
ついこの間お正月を迎えたばかりな気がするのですが、もう5ヶ月ですか。
なんだか年々、時間が激流になってきてる感じがするなぁ。

そして気乗りしないことが待ってる日が来るのも早いなぁ…
と思いつつ、覚悟を決めて歯医者さんへ。

自分で見た限り、虫歯らしきものは見つからないのに冷たいものがしみるので
知覚過敏か何かでしょ、と決めつけて(逃避して)いましたが、これからの時期
冷たいものを食べるたびにしみるのは辛すぎる。
というわけで診てもらったものの、「どこも悪そうなところは無いけどなぁ…」と
先生も頭をひねる予想外の展開。

でもしみるんです。
虫歯でも知覚過敏でもないかもしれないけど、しみるんです。

じゃあしみる辺りのレントゲンを撮ってみようと、レントゲンで診てもらったら。
出てきました。犯人が。

ぱっと見は健康そうな歯の内部に、ぽっかり空洞ができていたのです。

原因は虫歯でした。
先生は「大人の虫歯だ」と言われていたけど、歯と歯の間の見えないところに
穴を開け、気付かないうちにそこから内部へ侵入するという巧妙な手口の虫歯が
大人には多いのだそうです。本当にしみるようになるまで全然気付かなかったよ。
ステルス虫歯、恐るべし。

原因が判明したのはよかったけれど、しばらく歯医者通いをしなければ
ならなくなったのはかなりブルー。
やっぱりおかしいと思ったら診てもらうのがいちばん確実ですな。

自己判断(現実逃避)するのは、やめとこう。
[ 2013/06/01 23:54 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。