すろーらいふな日常

日々の出来事や思ったことなど。ひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真夏の5月


暦の上では夏だけど。
一気に暑くなりすぎじゃありませんか?

連日30度越えの真夏日とか、普通に海開きしててもいいレベルです(泳がないけど)。
おかげでこの数日、食卓も服装もすっかり夏になってしまいました。
湿気がないだけまだマシだけど、この暑さでこれから田植えとか厳しそうだなぁ。
農作業の際(それ以外でも)は熱中症にご注意です。

しかし5月でこの調子だと、夏本番は一体どうなってしまうのやら。
真夏は梅雨が明けたらイヤでも毎日やってくるし、
今はまださわやかで風薫る5月を堪能させてほしいなー…。
スポンサーサイト
[ 2013/05/24 00:26 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

日本丸のだいこうかい

昨日、小雨の降る中、寄港していた日本丸を見に宇野港へ。

何年か前にここで見た、海王丸と同じくらいでっかい!
帆は張られていなかったけれど、優雅でかっこいいなぁ。帆船って。

この日は一般公開されていて、甲板をぐるりと一周することができました。
マストを真下から見上げると、てっぺんはかなりの高さ。
あんなところまで登って帆を張るのかと想像しただけでくらくらしてしまったり。
実際にその場面を見たときも、見てるだけなのにハラハラしたもんなぁ。

そしてふと目線を落とすと。

おお、なんかかっこいいエンブレム!
1984年てことは…もう30年近く航行してるの??
ぜんぜんそんな経ってるように見えないんですけど。
よくフジツボっぽいものやコケが付着している船を見かけるけど、この船には
まったく付いてないし、毎日の手入れが隅々まで行き届いてるんだろうなぁ。

しっかしこういうのを見て船から海を眺めたら、ホントに航海してる気分になりますね。
帆船の船旅なんて優雅だわ~。

実際は実習生が乗り込む船なので、旅行気分どころではないだろうけど。
瀬戸内海だけでもちょこっと乗ってみたいものです。甲板磨きとかしますので。
[ 2013/05/20 23:16 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(0)

新顔さんいらっしゃ~い!

春の庭を彩ってくれていた、クリサンセマムとネモフィラがそろそろおわりかけ
次は何を植えようかと園芸屋さんへ物色に。
目移りしながら見ていると目に入ったのが、ハーブのタイム。

ハーブ園に行くと、必ずと言っていいほどこぼれ種で増えたらしき野良タイムが
道路わきでもさもさになっているので、かなり増えそうで丈夫そうなイメージだけど
実際のところどうなんだろう…とラベルの説明書きを見ると、耐寒性で耐暑性。
その上、防腐、殺菌、消化促進、咳止めなどの効能があるとか。
いいじゃない。これは買いだわ。

というわけで、お持ち帰り。

ほのかな柑橘系の香りが気に入って、オレンジスパイスタイムに決定。

タイムって言っても、いろんな種類があるんですね。
そしてタイムって「木」だったんですね。

ラベンダーが木だと知った時もびっくりしたけど…これも木とな?!
丈が5cmほどで常緑低木って言われてもピンとこないなぁ。
同じ仲間の中でいろんな香りがするのも不思議だし、ハーブって奥が深いです。

我が家初のハーブな新顔さん、まずは無事に根付いてくれますように。
[ 2013/05/18 23:48 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

狛犬に入らずんば


シジュウカラ、危うし!

…な構図に見えなくもないですが、狛犬の口の中にやたら出入りしている
つがいを見つけてしばらく観察していると、中からピヨピヨとヒナの声。

口の中に作っちゃいましたか。

今まで、何でこんなところに?と思うような場所に巣を作っているのは
何度か見てきたけれど、またすごいところに目を付けたものですな。
石と違って備前焼だから中は空洞。
少々の雨なら心配なさそうだし、これはこれでいい物件かも。
口から出入りしている姿はちょっとシュールだけど。

中はどうなっているのか、間取りが気になってお宅拝見しようとしたら
聞いたことのないような声で激しく鳴かれたので断念。

言葉は解らないけど、言いたいことは伝わりました。
気迫、いや、鬼迫で。

そりゃ不審者が家をのぞこうとしてたら全力で止めるわなー…。
[ 2013/05/13 00:33 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

油断大敵


先日、遠くの山がうっすらと霞む程度の黄砂が飛来していた日、
暑かったこともあり、このくらいなら大丈夫だろうとマスクをせずに
出かけたら、喉に違和感。ソッコーで気管支をやられました。

うぅ、油断した…。
でも外に出たのは少しだけで、ほとんど建物の中にいたのにそれでもダメなのか。
どんだけ入りこんでるんだと思うと、ちょっと怖くなってきました。恐るべし、黄砂。
「マスクをしなければ5分で肺が腐る腐海の森」じゃないけど
1日で気管支がやられるだなんて、リアルナウシカ世界だわ。

こうなると市販薬が効かないので病院に行くまでの間、ひたすらお茶うがいで殺菌して
しっかり睡眠を取っていたけど、いつもほど悪化しなかったし少しは効果があったのかも。
民間療法、またいろいろ調べて試してみるかな。

てか早よ終われー、黄砂シーズン。
[ 2013/05/11 22:42 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

連休最後のOH!楽しみ

吉備路の寄り道もそこそこに、コンベックス岡山へ。
この日いちばんの目的は、トミカ博で行われるケダマミニライブ。

もちろん入場したからには、トミプラワールドもしっかり見て回りましたよ。

行列ができてたトミカの組み立て工場で、組み立ての様子を外から眺めたり。
キティちゃんとチキンラーメンのヒヨコトミカ、かわいくてちょっと欲しくなっちゃったり。
プラレールの流し撮りに挑戦してみたり。

ライブまでの間、子どもたちとは微妙に別の方向で楽しんでました(笑)。
ハタから見たら立派な鉄子、いや、プラレールマニアですな。

久々のケダマライブは13時と15時からの2回観戦。
ここでお子さんと一緒に来られていたNyaさんにお会いできました。
確か前回のライブでお見かけしたとき、抱っこされてたかベビーカーに乗ってた
赤ちゃんが、立って歩いてるのにびっくり!ひえ~、早すぎるよ。時の流れ。

ライブのはじまりは「はじまりの坂道」から。
何度聴いてもいいわぁ♪すーっと入ってくる感じ。
そういえば、はじめて生ケダマライブを観たのもトミカ博だったっけ。
あれから6・7年…。早いような、まだそんなに経ってない気もするような。
だけど、いつ聴いてもまっさらな気持ちになれます。

そしてお待ちかねの新曲・「OH!体操2」のお披露目。

アップテンポでかわいくて、歌詞も思わずくすっと笑ってしまうような
楽しい曲でしたが、踊りは「OH!体操」より難易度高め。
これは大きいお友達向けの踊りか?!と思いきや、そばにいた女の子は
体操のお姉さんについて、ノリノリで最後まで踊りまくってました。
子どもの順応性、半端ないです。考えるより先に体が動いちゃうのかな。

そんなこんなで、あっという間にミニライブは終了。
うー、もうちょっと聴いていたい~!
って、2時間フルで聴いても毎回同じことを思ってしまうのですが。
欲って際限がないですね。

新曲のCDを聴きながら、またの機会を待ってよう。
[ 2013/05/06 23:41 ] OH!くん・ケダマ | TB(0) | CM(0)

吉備路、初夏の風物詩

「すっきり晴れん」とぼやいていたら、晴れました。

汗ばむほどの陽気になった連休最終日は、少し早目に家を出て吉備路へ寄り道。
先週どこにあるか分からない状態だったレンゲ畑はだいぶ咲きそろってきて
ピンクに染まってる田んぼが増えてきました。
今年は咲かないのかと心配したけど、1週間でえらい違うものだなぁ。

そんな初夏の風物詩も気になっていましたが、
今回立ち寄った目的は、五重塔初層の特別公開。

毎年ゴールデンウィークの頃、普段は閉じてある扉が開け放たれ
初層内部を間近で見ることができます。
いつも長蛇の列で、また今度でいいや…とスルーしていましたが
今日は午前中だったからか、すぐに見ることができました。

小学生の頃にも内部を見た記憶はあるけど、こんなカラフルな装飾の
如来像があったなんて全然覚えてなかったわ。何気に天井も凝ってるし。
当時は興味がなかったとはいえ、心に残らなかったものが
今は味わい深く感じるなんて、私も年を取ったもんだわね(しみじみ)。
[ 2013/05/05 23:49 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(0)

晴れて曇って雨降って


連日、くるくると目まぐるしく変わる天気に翻弄されっぱなしな今年の連休。
家にいても、突然大粒の通り雨が降りだしたりするので気が抜けません。
そのくせ、大慌てで洗濯物取り込んだ途端に日が射したり。

気まぐれお天気め。

でも確か去年も連休に入った日から、こんなはっきりしない天気が続いてたっけ。
どうやら今年も曇り女パワーが勝っていたようです。うらめしや。

あー…久々にすかっとした青空、見たいなぁ。
[ 2013/05/05 01:10 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

ひめにゃんず


姫路城の敷地内でくつろぐ猫たち。

観光客からエサをもらっているのか、人が居る近くでお昼寝している
姿をよく見かけました。見ただけでも10匹はいたかも。
だけど、何かちょうだいとねだるわけでもなく、人が近寄ってきても我関せず。
野良猫って大抵、最初は愛想をふりまいておねだり攻撃しまくる子が
多いけれど、なんなんでしょうか。この達観ぶり。
さすがに広大な敷地で暮らす猫は度胸が据わってます。
(単に、毎日いろんな人がかまうから人慣れしてるという説も)

しまいにはこんなモデルさんまで登場。

ベタな観光写真みたくなっちゃいましたが、しっかりポーズをとってカメラ目線。
お主、相当カメラ慣れしておるな?
[ 2013/05/03 23:32 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

風雲!姫路城

母の希望で、久々に姫路城へ。
免許取りたての頃、何の気なしに姫路までドライブしたら街の道路の複雑さ
(単調な田舎道と比べて、の話)に半泣き状態になったトラウマの地で
この歳になっても車で行くのは不安だったのですが、意外なほどあっさりと到着。
下調べって大切ですね。

素屋根に覆われた修復中の大天守を間近で見られる施設、「天空の白鷺」は
30分待ちだったので(これでも少ない方だそうな)入ってみようと言ってみるも
修復工事にはあまり興味がなかったようで、結局スルー。

↑前回1人で訪れたときに見た内部。職人さんの仕事ぶりも見られました。

こんな機会、二度とないのにー…と説得してみたものの
「天守は工事が終わってから見るけぇ、ええわ」
って、じゃあ何で工事中のこの時期に来たんよ?(苦笑)

そのかわり、特別公開中のしゃちほこはしっかりチェックしました。
年代によって顔が違うけど、造形がだんだん豪華になってる気がするなぁ。
ちなみに昭和時代のものは、大天守から取り外されて白い布にくるまれ
何故かリボンをかけられてここにやってきたそうです。
リボンがけのしゃちほこ…想像したらなんかかわいい♪

城内をじっくり見て回ったあと、ちょっと気になってた姫路城となりの好古園へ。
閉園まで1時間だったけど、入口がこじんまりとしていたのでゆっくり回っても
30分あれば十分だろうと思っていたのですが…。

とんでもなく広かったです。
お屋敷の跡地を利用して、それぞれ趣の違う日本庭園を9つ造ったそうで
回っているうちにどこに居るのか分からなくなってしまったほど。
あとでパンレットを見たら、敷地面積1万坪とか書いてありました。

1万坪のお屋敷て。規模が違いすぎる!

庭園自体は平成に入ってから造られたものでしたが、
水や季節の花を取り入れた素敵なお庭でした。
が、1時間でゆっくり見られるはずもなく。駆け足での見学になったのが心残り。

それにしても、庶民にとってスケールの大きなお城やお庭には溜息ばかり。
管理するだけでもかなり大変だろうけど、一体どんな暮らしをしてたんだ…。
今でこそ案内板があるからいいけど、きっと迷う人が続出してたはず。
そんな、なかなか回りきれない姫路城。
大天守が外から見えるようになったら、また周りもぶらついてみたいな。

あと、前回も今回も強風の曇天だったし、今度は青空の下で見てみたいなー…。
[ 2013/05/02 23:51 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。