すろーらいふな日常

日々の出来事や思ったことなど。ひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

白一点

ぷりぷりの紅いつぼみがたくさんついてた枝先の中に、白一点。

ジンチョウゲの花が咲いてました。
まださすがに近づかなければ分からないけれど、しっかり、春の匂い。

寒くてなかなかコートが手放せないものの、気がつけば「極寒」という
寒さではなくなってきているし、日も長くなってるし。
多分、ヒトが気が付く何日も前から微妙な温度変化を感じ取って
準備をはじめてるんでしょうね。自然てすごいな。
単にヒトが鈍感なだけかもしれないけれど。

余談ですが、花を見たとき「ジンチョウゲ」と「チンチョウゲ」どっちだっけ?
と一瞬分からなくなってしまって調べたら、どちらも正しいみたいです。
漢字で書くと「沈丁花」。まぁ確かにどちらでも読めますな。
ただ、パソコンでは「ジンチョウゲ」でしか変換できなかったので、
こちらの方が一般的なのかもしれません。

ちなみに、「チンチョウゲ」で変換したら「珍重下」になりました…。
もはや別物。いや、何物?
スポンサーサイト
[ 2013/02/27 00:15 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

百聞は一食に如かず

今日はちょいと足を延ばして、京都と北海道をハシゴしてきました。

…と言っても、物産展のハシゴですが。

それぞれ目当てのものをゲットしたあと、ぐるりと見て回ってたら
試食を勧められ、ついつい美味しいものに手が伸びてしまったり。

試食最高!いや、最強!

いくらお店の人に「おいしいですよ」と言われようが、チラシや雑誌に
品物の素晴らしさを書かれていようが、自分の舌に勝る説得力はないです。
好みは人それぞれ違うしね。百聞は一食に如かず。

そういえば、京都展のお漬物屋さんで試食を勧められたとき、
はじめてしば漬けをおいしいと思えて(←ちょっと苦手だった)
「スーパーのと全然違う!」と思わず口走ったら、店員さんすかさず

「ほな、これもいっとこか?」

おばちゃん、商売うまいなぁ。さすが商人じゃ。
[ 2013/02/25 00:14 ] 食べもの | TB(0) | CM(0)

先祖返り?


最近、耳の反応がなんだか激しい。

後ろで物音がすると、耳がぴくっとその方向へ動く感覚があり、
耳の先が緊張している感じがしばらく残るのですが、
今まで右だけだったのに左耳まで反応するようになってしまいました。
しかも自分の意志とは関係なく動くので(自分では動かせない)
タチが悪いというか、気になって仕方ないというか。

とりあえず、どのくらい動いてるのか見てみたい!
多分、まぶたが痙攣してるほどしか動いてないと思うけど。

世の中には、見た目で分かるほど耳をパタパタ動かせる人もいると言うし
これって遠いご先祖様の名残なんでしょうかね。
だとしたら、今まで年に数えるほどだった反応がほぼ毎日になってきている
私の耳、どんどん野性に近づいているのかも。

無意識に、猫や犬みたく耳がぐるぐる動くようになったらどうしよう…。
[ 2013/02/22 23:46 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

飛び出しおじさん


信号待ちしてるとき、別の意味で目を引いた飛び出し坊や(?)。

アンパンマンやドラえもんなど、アニメキャラで手づくり感満載な
飛び出し坊やはよく見かけるけど、これはちゃんとしたところで
作ってあるような、割としっかりした素材。
他にも同じような絵柄でイケメンタイプとかあったし。
やたら完成度が高くて「飛出注意」よりもキャラの方が気になります。

しかし濃い。濃いすぎる。
保毛尾田保毛男か?
[ 2013/02/21 00:12 ] まちかど | TB(0) | CM(0)

大豆でサプリ


節分はちょっと前に過ぎたけど、最近、福豆もとい大豆がマイブーム。
貧血対策でサプリメント代わりに食べていたのですが、これがなかなかいい感じ。

すごくおいしい!というものではないけど、噛めば噛むほど味が出るし
かと言って「やめられないとまらない」とこまではいかないし、
適度なところでやめられるのもまた良し。

目安はだいたい歳の数くらいで。
数えたことないけど。ていうか、そんなの毎日数えたくない(苦笑)。

薬と思って食べはじめたけど毎日食べても飽きないお米のように、
大豆サプリも飽きることなく続けられそうです。
自然そのままの素朴な味がいいのかな。
効果のほどはまだ分からないけれど、福豆みたく何か御利益(効き目)あればいいなぁ。
[ 2013/02/19 23:58 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

DVDでこころたび

毎日の楽しみだった番組がおわってしまって物足りなく思っていたところに
DVDが発売されたと知って、即ゲット。

2011年春の旅&秋の旅セレクション。

去年の秋にこの番組を知ったので、旅のはじまりはどことなく硬い印象
だったけれど、すぐに旅人の火野さんペースになってゆくこころ旅。
気になるところを見つけたら、自転車を置いて散策したり磯遊びをはじめたり。
寄り道好きとしてはすごく共感するけど、とにかく自由。フリーダム。
時々、63歳児だ…と思うような子どもっぽい言動に(スミマセン)
ぼそっとつぶやく名言(迷言)も多くて、すっかり家族でハマっちゃいました。
もちろん、普通の旅番組では取り上げられないような「こころの風景」も
楽しみなんですけどね。

これで3月3日からの秋の旅再放送まで食いつなげる…いえ、楽しめるわ。
でもなんでまた朝5時からの放送なのよぅ。録画するけど。
[ 2013/02/18 00:55 ] TV・DVD・ゲーム | TB(0) | CM(0)

チェリー・カガ


ここのところ、微妙に自己主張してきた桜の花芽。
枝先を見上げると、少しふくらんだその存在が分かるようになってきました。

この辺りでの桜の開花予報は3月27日。
去年よりだいぶ早い…というか、去年が特別遅かったから平年並みかな。
今冬は12月からがっつり冷え込んだので、休眠打破(休眠していた花芽が
寒さにさらされて目覚めること)が早かったんだそうな。
寒くなるとますます起きられない私にとっては尊敬に値するわ。
そういう生態だとしても、えらいよ。ホント。

まぁ休眠打破という言葉自体、ガツンと起こされそうなイメージもあるけれど。
目覚まし時計はもちろん、布団をはがすなんて生ぬるい!くらいの。
そう考えたら、桜も寝起きはあんまりよくない気がしてきた。

ちょっと親近感(←オイ)。

そんな厳しい寒さと休眠明けを乗り越えて、花の春クライマックスまであと1ヶ月余り。
だんだん増えてく足元の花を眺めつつ、気温に正直な桜の生長にも注目です。
[ 2013/02/16 23:45 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

黄色い恐怖


気が付いたらはじまっていた、花粉予報。
朝起きるとやたら目がかゆかったり、杉の木が微妙に黄色みがかっていたことを
「気のせい」でごまかしていたけれど、やはり飛びはじめていたのですね。

まだ花粉の飛散は少ないけど、これから黄砂が飛んでくることも多くなるし
招かれざる黄色い刺客におびえながら出歩かなきゃならないのかと思うと
ちょっと(かなり)ユウウツ。

でもそれ以上に見たいものがたくさん出てきて咲きはじめる、いい季節。
見ない方がもったいないし、アレルギーに負けず、出かけるぞー!

まぁ昼間花粉やら何やら吸い込んだぶん、夜は惨状になるのですがね。
[ 2013/02/14 23:28 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

梅花前線


県内でもようやく紅梅がぽつぽつり。

早咲きの白梅は、あと少しというところ。

スイセンが見頃になるのはもう少し先になりそうだけど
先週、淡路島で見た光景がこの辺りにも近づきつつあるんだなぁ。

ゆっくりゆっくり確実に、梅花前線北上中。
[ 2013/02/10 22:50 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

雪はきまぐれ


散々降ると言って全く降らなかったと思ったら
降るなんて一言も言ってなかったのに降ってたり。
びっくりするほど積もってることはほとんどないけど(稀にあるけど)、
積雪のときってこのパターンがいちばん多い気がしますね。

そして降ってるのは大抵平日の朝。
出かける寸前に気付くと、かなり焦ります。休日なら嬉しいのに。
今年の冬も、雪はきまぐれ。

それにしてもここ数日暖かかったぶん、急に冷え込むとこたえますなー…。
[ 2013/02/10 00:37 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

珍海景


瀬戸内(の山沿い)に住む者にとっては、道路にまで波しぶきがかかる高い波や
船も島影も見えない海ってすごく珍しい景色だけれど。

更に目を引いたのは、真冬の海に浮かぶ波乗りな人々の光景。

いくらこの日が暖かかったからって、2月ですよ?
サーファーには夏も冬も関係ないという話は聞いたことがあるけど、
本当に真冬の海で波乗りしてる人がいようとは。

楽しくて夢中になってると、あまり寒さを感じなくなるのは解る。解るよ。
かっこいいけど…でもやっぱり寒そうだー。
[ 2013/02/06 00:43 ] たわいない話 | TB(0) | CM(2)

一足早い春を見に

月末月初と慌ただしい日々が続いていましたが
ちょっと一区切りついたこの間の土曜日、淡路島へ行ってきました。

道中は曇天に加え、海と空の境目が分からないほどの濃霧で、
こりゃ遠景は望めないか…と半ばあきらめていたのですが
着いてみれば、青い空に青い海。


遠く和歌山まで見えるほどのクリアっぷり。
雨上がり、最高!

で、今回の目的は。

以前から気になってた、灘黒岩水仙郷。
どこの庭でも見られる花だけど、ここは野生の群生地なのだそうです。
植えられたものみたく整然としていないとこ、いいなぁ♪

白梅や紅梅もぽつぽつ咲きはじめてました。

家の周りじゃ雪も降ったりして、梅もスイセンもまだまだ固いつぼみなのに
ここはもうすでに春の気配でびっくり。
淡路島の南端って暖かいんですね。えらい違うもんだなぁ…。

この日は15度越えの気温だったこともあり、本当に春のようでした。

ゆっくり歩いても30分あればひと回りできるところでしたが、すぐに山を
降りてしまうのがもったいなくって、景色を眺めながらしばらくぼんやり。
あったかいし、このロケーションで春の匂い。
こういうとこだったら1日居られるわ。しあわせ~。

春を満喫したあとは、たまねぎのにおい漂う畑の中を走り抜け
(名産地らしく、畑はほぼたまねぎだらけ)道の駅うずしおへ。

窓から鳴門海峡と鳴門橋を眺めつつ、たこ天丼をいただきました。
たこと言えば明石のイメージなんだけど、この辺りでも獲れるんかな。
まぁウマかったからよし!(←アバウト)

道の駅に置いてあるものも、ホントにご当地!というものばかりで
こういうのって見てるだけでも楽しいですな。
高速のSAだと、どこへ行っても近県各地の名産品が置いてあって
「ここだけ」っていうもの、意外と少なかったりするしね。

そうこうしているうちに、夕焼け小焼けで日は暮れて。
うずしおは見られませんでしたが、相変わらず荒ぶっていた鳴門海峡から
夕日を見送って帰路へ。

家に帰るとさすがに寒くて、昼間見たのは夢だったんじゃなかろうか
という感じだったけれど、淡路島の光景があと数週間後にはこの辺りにも
やってくるのかと思うと、すごく楽しみ。

はーるよこい♪
[ 2013/02/04 23:20 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。