すろーらいふな日常

日々の出来事や思ったことなど。ひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

偉業にふれて

ずいぶん前に申し込んでいた、「はやぶさ」の講演会。
直接被害に遭ったわけでもないのに、震災以来、どこかに出かけようって
気分にもなれなくて、前日までどうしようかと思っていたのですが、
せっかくの機会だし…ということで、重い腰を上げて姫路に行ってきました。

週末とあって、駅はかなりの人・人・人。
家族連れや、スーツ姿の人たちが電車に乗ったり降りたりしてて
ああ、周りは普通に動いてんだなー…なんてぼんやり思ったり。

少し早く着いたので、時間まで姫路城へ。
今、大天守の保存修理期間中で、お城はこんな姿になってます。

中が透けているわけでなく、素屋根の壁面に描かれた大天守の絵。
工事の様子も公開されてて、お城を間近で見ることもできました。
昔のものを改修しながら残していくっていうのも大変なことだなぁ…。
まして世界遺産だし。

まぁ重機も何もない時代に、これだけのものを造ったのもすごいことだけど。
しかし工事中にも関わらず、絵になるとこだらけ。
2015年には、化粧直しをして更に優雅になった姿が見られそうです。

そして、姫路文化センターでの「SPring-8市民公開講座」。
今回の講演は2本立てで、SPring-8にまつわる電子や微粒子分析のお話も
興味深かったけれど、「はやぶさ」のプロジェクトマネージャーを務められた
川口教授の講演には、いろんな意味で勇気づけられました。

窮地に陥ったとき、自分は何をするべきか。
考えて行動に移した結果、夢と目標を達成された方のお話は
やっぱり説得力があります。
「あきらめない」って言うだけなら簡単かもだけど、どん底の状態になった時
「これ以上悪い状態にはならない。これで事態が動くなら好転の兆し」
だなんて実際にはなかなか考えられないもんなぁ。

ご自身も東北出身、震災から間もないこともあり
「この時期に講演させていただいてもいいものか…」
と最初におっしゃられていたけど、この時期だからこそ
夢や希望のあるお話、していただきたいものです。

帰りは今までこもってた分、ちょっぴり贅沢に新幹線の指定席で。
(乗ったのは500系「こだま」だけど、写真は九州新幹線の「さくら」)

できることは限られているけれど、できる範囲で動いていかねば。
スポンサーサイト
[ 2011/03/26 00:18 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(0)

分け合って


地元のスーパーに貼り出されていたチラシ。
こういうものが貼られるほど、物が全く無いわけではありません。
ただ、2・3日前は水やカップラーメンの棚がガラガラで、「なんで?」って
思っていたけれど、ひとり3個までの数量制限が設けられたためか、
今日の時点では品ぞろえ、だいぶん復活してました。

新聞等の報道では、支援物資として送るために買っている人が多いそうな。
それなら多少品薄になっても納得。
本当に必要としている人のためになった方がずっといいし。
もし買い占めに走ってる人がいるなら、それは違うだろと言いたいけれど。

そういえば、ケータイでぽちぽち見てたらこんなイラスト見つけました。
「みんなで分け合えば、できること」
ひとつの物資によってどれくらいの人たちの助けになるか、
ということが分かりやすくまとめられてます。

三銃士じゃないけれど、ひとりからみんなのために。
[ 2011/03/20 23:32 ] そのほか | TB(0) | CM(1)

1週間

遅くなりましたが、無事をお知らせくださったみなさま、ありがとうございました。
すぐにでも返信したかったのですが、通信状況が不安定とのことで控えさせて
いただきました。
この場を借りて御礼、そしてお見舞い申し上げます。

全く被害の無かった地域ではありますが、加入プロバイダの回線が
混雑している関係で、パソコンからの接続は控えておりました。
私はテレビや新聞の情報だけでも十分だけど、安否や生活等の
より細かい情報を欲している人たちが大勢いらっしゃるわけだし。
なので、しばらくブログの更新も不定期になるかと思います。

先週の今日を境に、いろんなことが大きく変わった1週間。

だけど、自分を含め、周りが今までとあまり変わりない生活を
送っているぶん、テレビから流れる映像とのギャップがありすぎて。
正直なところ、悪い夢でもみてるんじゃないか、と思うこともあって
自己嫌悪に陥ってたりもしてました。

でも、紛れもなく起きている現実。

ここからできることは限られていて、もどかしくもありますが
心配してるだけじゃ何も進まないし、今、自分ができることをするべきかなと。
例えどんなにちいさなことでも。
[ 2011/03/19 00:08 ] そのほか | TB(0) | CM(0)

常ならぬ

いつもの日常。

電気が点くこと。
水が出ること。

普段忘れていた「当たり前」のありがたさと
自然の猛威の前には、人はちいさな存在だということを
再認識した、東北太平洋沖の巨大地震。

被害地域の方々の無事と、一刻も早いライフラインの復旧を願うばかりです。
[ 2011/03/12 00:22 ] そのほか | TB(0) | CM(0)

いろかえる


通り過ぎざま、カエルに見えた普通のごみ箱。

同じかたちでも白や灰色だと何とも思わなかったけれど
カラフルになった途端かわいく見えるからフシギですね。
まぁかわいいというより、やけに哀愁が漂ってるけど。
ふたり並んで遠くを見つつたそがれながら、何か語らってそう。

しかしそう見えてしまうと、ごみ箱的にはちょっとシュールかも。
捨て口が。
[ 2011/03/09 23:19 ] まちかど | TB(0) | CM(0)

準備着々


遠目からでもぷっくり感が目立つようになってきた桜の花芽。
よく見ると、緑色の部分がちらり。
お~、今年も出てきたなぁ♪春本番の息吹。
今はまだ割と寒いけど、準備だけは着々と進んでます。

開花予想では、あと20日ほどで咲きはじめ。
この状態でホントに間に合うの?ってこの時期いつも思うけど、
あったかくなるとみるみる育つんだよなぁ。これが。
[ 2011/03/08 23:14 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

閑なるとき


この間からちょこちょこ神社へお礼参りに行っているけど
(願い事が叶ったので)、お正月の賑やかさはどこへやら。

週末とあって境内はそこそこ参拝客がいるものの、
参道の人通りは少ないし、開いてるお店も少ないし。
つい2ヶ月前の混雑がウソのよう。

「日本人は年末年始になると急に信心深くなる」
ってテレビか何かで誰かが言っていたけれど、ホントだなぁ。
クリスマス然り、初詣然り。
まぁそんなことが言えるほど、信心深い方ではないのですが。

でも、普段の静かでゆったり落ち着く雰囲気は好き。
お正月の清々しい感じもいいけどね。
[ 2011/03/07 23:41 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

帰還の環


去年何度か観に行った全天周映画「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-
(HBTTE)の帰還バージョンを観に、県立児童会館へ。

そういえば今月いっぱいで閉館が決まっていたこの施設、
存続要望の声と昨年のHBTTE効果で存続が決まったそうです。
ただ、築48年で老朽化しているため、いったん3月末で閉館して
2年後にリニューアルオープンするのだとか。

確か「財政難だから」って理由で閉館することになっていたと思うけど、
全く真逆の決定には正直びっくりしました。
改修には当然お金がかかるわけだし。
このご時世、目先のものだけ見て、要るものまで切り捨ててること多いし。
そんな中で、将来のために実のなる木を植えるような政策は素敵だなと。

そして「はやぶさ」がもたらしたものは微粒子だけじゃないってことを
HBTTE新作部分のエンディングでも改めて実感したり。
波紋というか環の広がりというか、ほんわかしたものが残った45分間の旅でした。

ちょっと歴史を感じる今の雰囲気も好きだけど、また新しくなったら来てみたいな。
その前にもう1回くらい観に行きそう。いや、絶対行く。
[ 2011/03/07 00:31 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(0)

トイレの貼り紙


仰々しくも、何気に妙な四箇条。
全身タイツでの使用はお断りですか?

「いつもきれいに使っていただき、ありがとうございます」
と逆手の心理を突く言葉が書かれていたり、
「備え付けの紙を流さないでください」という文面を見て絶句したり、
かと思えば、壮大な世界観のポエムが書かれていたり。
まじめで奇抜なトイレの貼り紙、侮りがたしです。

ていうか、トイレの中で笑いながらシャッター音響かせてたら
どこから見ても疑う余地なく立派な変質者ですな。

※一応、誰もいないのを確認して撮りました。念のため。
[ 2011/03/05 22:50 ] まちかど | TB(0) | CM(0)

そーいんぐ


できれば避けて通りたいけれど、やらねばならぬ時がある。

ほつれたとこ、ちょこっと縫うだけなのに。
どうしていつもこんなに時間がかかるのでしょうね。
そして肩がこるのでしょうね。

針と縫い目と、こんがらがる糸に翻弄されるお裁縫。
いいトシになってもニガテです。

刺繍は割と好きなんだけどなぁ…(出来はともかく)。
[ 2011/03/04 22:18 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

刷り込み

桃の節句にもかかわらず、今日はうっすら雪化粧。
何年か前にも、その年最後の雪が降ったホワイトひなまつりがあったっけ。
数日春めいていたぶん寒さはこたえるけれど、この時期いろんなところに
飾られているおひなさまを見かけると、やっぱ春だな~って思います。
華やかで、なんとなくあったかいイメージがあるからかな。

それにしても、この並びを見て違和感を覚えるのはいつもフシギ。
おひなさまを飾るときは説明書を見ないとどっちが右か左か分からないのに
左右逆になってると「……ん?なんかヘン?」とか思うなんて。
地域によって逆の並びで飾るところがあることは何年か前に知ったけど、
それまで「男雛は左、女雛は右」が当たり前だったので、無意識のうちに
刷り込まれてるんでしょうね。

飾るのは1年のうち1ヶ月ほどなのに。無意識ってスゴイ。
意識して覚えようとすることはなかなか覚えられないのになぁ。
[ 2011/03/03 23:28 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

ちょっとだけなら


今日は肌寒いし、雨もちょこっと降ってるし、少しくらいなら大丈夫だろう
と30分ほど外に出ていたら、見事にスイッチが入ってしまいました。

花粉症の。

夜になってもうくしゃみが止まらないのなんの。
ヨーグルト効果で今までこれといった症状が出ていなかったものだから
すっかり油断していたけど、飲酒運転とかでも言われる「ちょっとだけ」
ってホント危険ですな。花粉症は自業自得で済みますが。
自ら死地に飛び込んだことを、身をもって実感。

やっぱしこの時期はマスクと二重に予防してなきゃダメですね。
“壊れた蛇口”状態は何としても阻止せねば。
[ 2011/03/03 00:19 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

ふたつでひとつ


ぼちぼち新しい免許ができた頃かなと警察署へ。
今回から免許がICカードになるとかで、何故に暗証番号が必要なのか
分からないまま、ふたつの番号を考えて申請していたけれど、聞けば
身分証明で免許を提示する際、本人確認の意味で暗証番号を言わなきゃ
いけないことがあるんだそうな。
ほほう。最近は顔写真とダブル確認ですか。

で、おニュー免許と一緒に暗証番号の書かれたカードを渡されたのですが
困ったのがこのカードの保管場所。
「免許と一緒に保管しないでください」なんて書かれているし。
まぁ「キャッシュカードと暗証番号のメモを一緒に持つな」というのと同じこと
なんだろうけど、一緒に持ってないと多分答えられない…ような気がする。
身分証明で免許を出すなんてしょっちゅうあることじゃないしねぇ。
ネットショップですら、IDやパスワード忘れて何度も再発行してもらったり
めんどくさくなって放置したりすることがあるというのに。覚えろだなんて無理。

でももし番号を答えられなかったとき、怪しまれたりしたらイヤだなー。
困ったなー…って、これじゃ便利なんだか不便なんだか分かりませんね。
[ 2011/03/01 23:21 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。