すろーらいふな日常

日々の出来事や思ったことなど。ひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

冬の香り

この間、ぷらぷら歩いていたとき
あれ、なんかいいにおいがする…と思ったら。

その正体は、ヒイラギの花でした。
へ~、ヒイラギもいいにおいするんだねぇ。はじめて知った。
キンモクセイほど強くはないけど、そこはかとなく甘くって。
梅にスイセン、ロウバイと、冬に咲く花って結構いい匂いがする
種類、多いのかも。

ちなみに、花言葉は「先見の明」だそうな。
なんかカッコイイ♪
スポンサーサイト
[ 2010/11/30 01:06 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

半減前に


11月最後の週末、エコポイント半減前の駆け込み行列のニュースを
街の方はすごいなー…と、半ば他人事のように見ていたのですが、
今日、電器屋さんの前を通りかかったら、32型の薄型テレビが
店頭からほぼ姿を消していて、一瞬目を疑いました。

こんな片田舎まで品薄状態になってただなんて。
今すぐ買う気は全くなかったからあまりチェックしてなかったけど
エコポイントってそんなにオイシイもんなん?
まぁ「お得な何か」があるからみんな目の色変えているのでしょうが。
でも半減するだけで無くなるわけじゃないし、ここまで来たなら
決算まで待ちかなーなんて、ぼんやり遠目から眺めてみたり。

あとは常時上下に貼り付いてたりスクロールしたりして、だんだん
脅迫めいてきた地デジテロップに耐えられるか否か、ですな。
(↑被害妄想じゃないと思う。たぶん)
[ 2010/11/29 00:40 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

暖かいけど寒い冬

今夜は冷えるわ~と、こたつにもぐって“こたつむり”。
やっぱり頭寒足熱は効きますね。
数分としない間に意識フェードアウト。
ヘタをすれば風邪をひいてしまうけど、このぬくぬくな心地よさは
やっぱりしあわせ♪だったりするのです。

それにしても昔の人たち、よく囲炉裏や火鉢だけで冬越せてたなぁ。
暖房器具があって温暖化な現代ですら寒いのに。
昔に比べたら気温の適応能力、弱くなってるんだろうなー…。
[ 2010/11/28 00:36 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

春咲き越冬隊2


順調に、もっさもさ。

もしかしたら鳥に食べられたかも…と思っていた、もう1種類の
種も芽を出して、この一角だけやたら青々としてきました。
例の如く放置…もとい、自然のなりゆきにまかせて、間引く
つもりはなかったりするのですが。
このままいくと、ぎゅうぎゅうになりそうな予感(ていうか、すでに)。

この方が寒くはなさそうだけどねー。おしくらまんじゅうっぽくて。
でも一応、霜よけにもみがらでも撒いておきますか。
[ 2010/11/26 23:32 ] 観察日記 | TB(0) | CM(0)

不景気ゆえに


切実です。

そういや夏ごろから流れてる「プーデル」のCM(←音量注意)、
職安関係のCM?って思ってたけどそれらしい表記もないし、
新しいバージョンが出てきて更に混沌としてきたなぁ…。
一体なんのCMなのか、かなり謎。
[ 2010/11/25 23:25 ] まちかど | TB(0) | CM(1)

中身にも


以前は外箱の包装紙に賞味期限の書かれたシールが貼られて
いるだけだったけど、少し前の偽装やらなんやら、いろいろ騒動が
あって以来、個包装にも期限が表記してあるお菓子、増えたなぁ。
確かにこれなら誤魔化しはきかないだろうし、安全性の面でも
個々に表記してある方が分かりやすくて助かります。
外側の包みだけに書いてあっても捨てたら分からなくなっちゃうし。
日持ちしないものは気をつけるにしても、わざわざ個別に日付を
書くことまではあんまりしないし。
安全性を疑うような事件は勘弁だけど、こういう面ではよかったかも。

まぁお菓子に限ってはそんな心配もなく、
賞味期限を待たずして食べつくされる事がほとんどなのですがね。
[ 2010/11/24 23:47 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

日常の間違い探し


いつもより、ちょっと遠くに来た感じ。

新幹線で出かけたにもかかわらず、耳に入ってくる会話がさほど
変わらないと、あまり旅に出たって実感が湧かないもんですな。
まぁお隣で日帰りってこともあったかもしれんけど。
同じお隣でも関西に行くとお国言葉が全く違うので、別世界に
来たというか、ちょっぴり異邦人な気分になったりするのですが、
そういう違和感がないのに、道を走ってるほとんどの車が広島
ナンバーだったり、地元と同じようでも違ってる日常の間違い
探しをしてるようで、なんだかフシギでおもしろい感覚でした。

でも、やっぱり都会だなーと思ったのは、電車の乗降り。
みんな降りるまで、乗る人がドアの両側で道をあけて待ってるところ。
この方がスムーズに乗降りできるからだろうけど、大都市に行くと
いつも感心するくらい、ホント乗降マナー徹底してるもんなぁ。
こういうとこ、岡山も見習うべき。
[ 2010/11/24 02:07 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

あきの宮島

大和ミュージアムをあとにして、今度は一路、宮島へ。
呉からはちょっと離れているけど、一度訪れてみたいところ
だったので、広島に来たならばと行ってみたのですが。
今まで「安芸の宮島」って、「秋の宮島」だと思ってました。
そして、宮島って歩いて行けるものだと思ってました…。
フェリーでないと渡れない、ホントの「島」だったのですね。
ええトシして…ハズカシー。

時期が時期だけに混んではいたけど、積み残すことはなく。
10分の船旅で宮島に到着。
ええのう、フェリーでプチ旅。でももっと乗りたい~。

厳島神社までの参道は、右を見ても左を見ても
「もみじまんじゅう」と「しゃもじ」だらけ。
うはー、こんないっぱいお店があったらどこで買うか迷っちゃうよ。
でも、友人知人に聞いていた「揚げもみじ」はしっかりゲット。
揚げたてのもみじまんじゅう、すっごくおいしくて感動したので
こしあんを食べたあと、クリームも買っちゃいました(笑)。

人と活気があふれる参道を外れて道を1本入ると、ちょっと
いい感じの町並みも。対照的だけど、ほっと落ち着きます。


厳島神社も朱塗りの回廊や造りが素晴らしくて、どこを見ても
絵になるところばかり。さすが世界遺産。
人が多くなかったらどこかに座ってのーんびり眺めてたいなぁ。
海の上に建ってるし、いつまででも居られそう。

奈良と違って凶暴だと聞いていた宮島の鹿は、噂とはずいぶん
違い、とてもおとなしくてマイペースな子たちばかりだったし。
(1頭だけ、おじさんを追いかけて頭でどついてた子はいたけど。
おじさん、何したん…?)

今度はシーズンオフにでもゆっくり回りたいなぁ。安芸の宮島。
[ 2010/11/23 00:28 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(2)

「本物」の重み

おだやかな晴天だった昨日、広島県は呉に行ってきました。
お目当ては、大和ミュージアムでの「はやぶさ」帰還カプセル
一般公開。

来年3月までの“凱旋”、中国地方ではここだけらしいので狙って
いたのですが、公開直前に「微粒子お持ち帰り成功」報道が
あったために(いや、嬉しかったけど正直「このタイミングで?!」
とか思ってたら)案の定、長蛇の列。ひー。

それでも意外とさくさく進み、40分ほどで展示室へ。
カプセルの撮影はもちろん禁止な上に、常に前へ進まなければ
ならないので、もう目を皿のようにして拝ませていただきました。
7年の宇宙の旅から帰還したカプセルは、思ってたより小さくて。
こんな小さいのによく大気と熱の壁を越えて還ってきたなぁ…。
今回は、ピカピカなカプセルの中身とパラシュートだけでなく、
焦げ跡が生々しい背面ヒートシールドも実物を見ることができて
大感激。来てよかった…!(ヒートシールドはJAXAのサイトで
貸出対象外となっていたので、見られると思ってなかった)
テレビでは何度も見てるのに、やっぱり本物ってすごい威力。
これが中身を守って火の玉になってたんだ…と思うとね。

もっと見ていたかったけれど、後ろがつかえてしまうので展示室を
あとにして、大和ミュージアム内をうろうろ。

展示室の前に鎮座していた、10分の1スケール戦艦「大和」。
これの10倍って…とんでもないでかさですぞ?
このままでも普通に人乗れそうだし。

そしてお決まりのアングルもぬかりなく(笑)。

その他にも、大和にゆかりある品々や、海底から引き揚げられた
遺品など、過去の現実を突きつけられる本物がたくさん展示して
あって、予定していたよりかなりの長居。
でも、本当に見ごたえのあるところでした。

当時から世界に誇れるほどだった日本の技術、大和では戦争の
ために使われてしまったけれど、もう二度と戦争のためでなく、
夢のある、未来ある分野で使われますように。
[ 2010/11/22 23:57 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(0)

要は、ぽかぽか


「今日は暖かな小春日和でしたね」
最近、天気予報でよく聞く言葉。
正しい使い方なんだけど、今の季節に「小春」とか言われても
いまいちピンとこなかったりします。
イメージとしては、1月から3月くらいの暖かい日って感じだし。
真冬の陽気は「冬日和」と言うらしいけど、なんか寒そうだし。
もういっそのこと「小春日和」は春先に譲って、
初冬は今がピークの「紅葉(もみじ)日和」にしちゃうとか。

なんて言ったら「正しい日本語を使う会」の人たちに怒られそうだけど。
本当にそういう会があるのかどうか知らんけど。
[ 2010/11/21 00:12 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

究極の寸止め


相当ウデに自信があるツワモノか、はたまた偶然の産物か。
いくら道が狭いからってこんな停め方、怖すぎる。

後ろからちょっと押したら、ドボンといっちゃうんじゃなかろうか。
もしこの横を歩いてて、いきなり車が落っこちたらきっと濡れ衣
着せられるに違いない…(被害妄想)。
なんて考えてたら、恐ろしくてとても近寄れません。

それにしても運転手さん、一体どこから出たのやら。
[ 2010/11/19 23:18 ] まちかど | TB(0) | CM(2)

CMの季節感


さっきテレビを見ていて、今季はじめて目にした桐灰のカイロCM。
毎年このCMが流れ出すと、あぁ、冬だなぁ…って思います。
(逆に夏だなと思うのは金鳥のCMを見たとき(特にピンクのカッパ))
昔は「ちゃっぷいちゃっぷい、どんとぽっちぃ」だったものですが、
いつの間にか、ちょっとシュールでくだらない桐灰のCMが定番に
なっちゃったなぁ(でもあのくだらなさが好き(笑))。
今やあったかそうなシチューよりも、冬の風物詩的CMです。
見るからに寒々しい目に遭ってることが多いしね。遭難とか。

それにしても、なんで毎年お坊さんの格好なんだろう。
こえだちゃ…いや、小枝さん。
[ 2010/11/18 23:05 ] TV・DVD・ゲーム | TB(0) | CM(0)

コケボックル

時々、周りの視点とは違うところに目を向けていると、通り過ぎる
人たちから不思議そうに見られることがあるけれど、ほとんどの
人たちが紅葉や建築物を眺めている中、石垣に張り付いたり
眺めたりしている女ふたりの図も、相当奇異だったことでしょう。

でもかわいかったんだもの。苔。
[ 2010/11/17 23:47 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

誇りある、埃

ふたつある小部屋のうち、片方を開けて、まずは数粒。
それが日を追うごとに数十、数百、1500と増えてきて。
正体が判るのはまだ先かなと思っていた矢先に、このニュース。

「イトカワ由来の微粒子の存在、判明!」
今開けている方は、イトカワの物質が入ってる可能性薄いかも…
なんて言われていただけに、ちょっとびっくりしました。
これなら可能性の高いもう片方からは、ざくざく出てきそうですね。

でも、もともと「小惑星探査」よりも、新しい技術の試験「工学実証」を
重きに置いたミッションだったらしいのに、しっかりサンプルを持ち帰って
いたなんて、はやぶさも日本の技術者さんたちも、すごすぎる…。
もちろん、気が遠くなるような大量の微粒子を分析した方々も。
会見してたJAXAの川口教授をはじめ、みなさんすごくいい顔されてて
見てる方まで嬉しくなるような、久々にほっこりしたニュースでした。

ちいさいけれど、おおきなおみやげ、ありがとう。
このかけらで太陽系や地球の歴史も解明するといいなぁ。
[ 2010/11/16 23:23 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

職人芸


紅葉に負けじと、屋根も色とりどり。
1枚1枚、微妙に色の違う屋根瓦は全て備前焼です。
惜しげもなく使ってあるのを見ると感覚が麻痺してくるけど
これ、相当なシロモノですぞ。
ひとつひとつ焼いていくんだと思うと。
何年か前、屋根の葺き替えに使う瓦を焼いてた窯元さんの
作業風景をテレビで見たときも、型に土をのせていくところから
全部手作業だったもんなぁ…。
手間がかかるものだけに、味もにじみ出てくるわけだわ。

は~、でも渋くてええのう。うちもこんな屋根にしたいのう。
って、庶民にはとても手が届くシロモノじゃないけどね。
[ 2010/11/15 23:59 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

まわりみち


最短距離だけど、ものすごく混んでる道と
遠回りだけど、すいすい快適に走れる道、どっちを選ぶ?
と問われたら、即決で後者。間違いなく後者。
というか、地図をめくって抜け道を探すのも結構楽しかったり。

地図上では割と大きそうな道も実際に通ってみると、対向車と
すれ違うのも難しい極細の道だったり(細道と一方通行苦手…)、
迷ったり行きすぎたりすることもあるけど(これは自分の問題)、
まぁそれもちょっとした冒険というか。
それで渋滞をスルーできたときの達成感が好きというか。
ちっとも進まなくてげんなりするより、走ってる方が気持ちいいし。
燃費にもいいしね。一石二鳥。

おかげで渋滞にはまらず行けたけど、やっぱり人は多かった。
でも人が集まるのも納得の素敵なところでした♪閑谷学校。
[ 2010/11/14 23:20 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

秋霞


今日はえらく空が霞んでるなーと思っていたら、大陸から
黄砂が飛んできてたようで。春の風物詩が何故に今頃。
なんかもう春も秋もごっちゃになりつつありますな。
でも黄砂による花粉症っぽい症状は、春だけで十分です。
秋にまで進出してくるのは激しくお断り申し上げます(切実)。

ていうか、こないだ洗車したばかりだったのにー。
雨降って車泥だらけ…。
[ 2010/11/12 23:30 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

増量中


カルビーと某スーパーの、コラボなかっぱえびせん。
10%とか20%増量ならよく見るけど、50%ははじめて見ました。
しかも通常版(90g)より安いとくれば、これはもう即買いでしょう。
微妙に袋おおきいし。ずっしり感(135g)もなんか嬉しい♪
他のお菓子が値上げをするか、減量してるかのこのご時世に
企画ものとはいえ、こんなに増量するなんて太っ腹じゃのう。

あぁでも一度開けたが最後、「やめられない、とまらない」んよねぇ。
別の意味で太っ腹になりそうだなー…。
[ 2010/11/11 23:02 ] 食べもの | TB(0) | CM(0)

ご当地マンホール・岡山編12

久々の岡山編は、先日ぶらついた早島町で見つけたもの。

瀬戸内海を渡る、四国へと続く道。
かつて金比羅往来の要衝だったまちは、現代も物流の要衝で
瀬戸中央道の起点だったりします。
手をつないで支えてる、まわりの人たちもいい感じ♪


そして消火栓のフタは…あれ。意外とノーマル。
県内で、キャラものじゃないデザインって珍しいかも。

おまけにもういっこ。総社市。

こちらもノーマルと言えばノーマルかな。
使命に燃えるファイヤーファイター。
「この上に車停めるなよ」と言わんばかりに、すごんでます。
[ 2010/11/10 23:35 ] ご当地マンホール | TB(0) | CM(0)

春咲き越冬隊


ただいま、発芽ラッシュ。

今日は木枯らしが吹きすさぶ、さむ~い1日だったけど
この間撒いた種は、これから芽吹いて冬を越します。
春咲き植物の宿命ですな。
耐寒性とはいえ、霜がちょっと心配だけど。
でも順調にいけば春には庭を彩ってくれる…はず(予定)。
寒さに負けず、がんばっておくれ~。
[ 2010/11/09 23:24 ] 観察日記 | TB(0) | CM(0)

みつかん蜜柑


冬はほぼ毎日食べるほどのみかん好きでありながら、数年前まで
「有田みかん」のことを「ありたみかん」だと思っていた私ですが、
「大長みかん」は「おおちょうみかん」と読むことを、今日はじめて
知りました。お隣さんの広島産なのに(汗)。
でも「大」が訓読みなら「長」も訓読みになるのでは(←言い訳)。

あぁ…なんかこれまで散々スーパーで口走ってた気がする。
「だいちょうみかん」と。
[ 2010/11/08 23:59 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

十枚十色

今日は立冬。にしては、暖かい冬のはじまり。
でも紅葉はこれからがピークです。

ぼちぼち、ふもとにも紅葉前線がやってきましたね。
色が変わりだすと早いんだよなぁ。
見ごろになるのも、舞い散るのも。
全体が鮮やかに染まった頃もきれいだけれど、今の時期は
緑の中に数枚だけ真っ赤になってる気の早い葉っぱとか、
赤や黄色の絵の具をぼかしてのせたっぽい水彩画のような
葉っぱとか色付きも様々です。それがまたおもしろい。

花は咲きはじめが好きだけど、
紅葉の色付きはじめもいいもんですな。
[ 2010/11/07 23:32 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

ご当地ソフト探訪記2

先日、早島のまちかどで、一瞬ぎょっとしたものの
昼間の暑さと好奇心に抗えず、買ってみたシロモノ。

「彩の里 花みづき」の、い草ソフト。
い草と言えば、畳とかゴザの原料になっている植物で、
確かにこのまちは産地でもあるのだけれど。
最近はもう何でもアリなのねー…と思いつつ、レッツトライ。

うん、い草味。

って、い草は一度も食べたことないけど、なんとなくそんな感じ。
あえて言うなら、ほうじ茶っぽい味かな~。
さっぱり系の甘さなので、真夏でも食べやすそうです。
それにしても、変化球的なご当地ものってちょっとスリリングだけど、
当たりだとなんか嬉しくなりますな。ある意味、ギャンブラーかも。
今度行ったら「い草クッキー」買ってみよう♪
[ 2010/11/07 00:42 ] 食べもの | TB(0) | CM(0)

今昔の感


昨日、藤戸から電車に乗って帰ろうと最寄り駅に行ったのですが
駅に着く直前に電車が出てしまい、次の電車は50分後。
これなら待ってる間にひと駅くらい行けるんじゃなかろうか…と
瀬戸大橋線沿いをてくてく歩いて茶屋町駅へ(あとで地図を見たら
駅から数百メートル先に宇野線の駅があったことが判明(涙))。
歩道のない県道にびびったり、下津井電鉄の廃線跡に出くわしたり
アンパンマン列車が走っていくのを見て喜んだりしながら駅に着くと
乗ろうとしていた電車の発車時刻まで10分弱。徒歩で45分くらいかぁ。
対して同じ区間の電車の所要時間は、たったの3分。

やっぱ電車って速いわ~。当たり前だけど。
でも昔って移動は基本徒歩だし、ごはんも薪をくべて炊かなくちゃ
ならないし、同じことひとつするにしても今より時間がかかってたと
思うのに、昔より移動時間も早くなっていろいろ便利になったぶん、
余裕があるはずの現代の方がなんで時間に追われてるんだろう。
時間の感覚まで早くなっちゃったんかなーなんて、ぼんやり思ったり。

「じゃあ今から古き良き昔の生活に戻りましょう」とか言われても、
余程の事がない限りすぐにはとてもできないけれど、時々は早すぎて
見落としてたものを、のんびりしつつ見つけてみるのもいいかもです。
結構身近に転がってるものだしね。
[ 2010/11/06 01:14 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

陸続きの島めぐり


出かけたついでに寄り道して、早島へ。
国文祭の期間中、「金比羅往来ロマンフェスティバル」を開催
してるということで行ってみたのですが、往来あるところに古い
町並みあり。道標もちょこちょこ残ってて、なかなかいい感じ♪

道すがらの神社に立ち寄ったりしながら、気分はすっかり
金比羅詣での旅人です。
さすがに徒歩で四国までは行けないけど。

藤戸までは行ってみました。
ここは昔、源平合戦があったところだそうで、この辺りの山や丘は
瀬戸内海に浮かぶ島だったんだそうな。
早島をはじめ、県の南部に多く残る「島」が付く地名も、かつて
瀬戸内の島々だったと言うし、昔の瀬戸内海って今よりもかなり
広かったのねぇ…。
それが今や徒歩でも行き来できるんだから、ありがたいことですじゃ。

冬には長い行列ができる「鯛よし」のたいやきを食べながら
先人の干拓事業に想いを馳せていたのですが、ここに来てふと
気付いたこと。

国文祭の「『往来ロマンのまち』資料展」見に行くの忘れてた…。
[ 2010/11/05 01:13 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(0)

間近で花を見てみよう


ちいさな星が集まった、ちいさなちいさな小宇宙。

ひとつの花を銀河に置き換えたら、今見えている範囲の宇宙って
実はこのコスモス畑みたいなものなのかも。
なんて、ぼんやり思ったマクロな世界。
ちいさいけれど、果てしない。
何がちいさくて、何がおおきいのか。
うーん、ちょっとわけわからんようになってきた…。

おまけ。

横から見ると、王蟲の触手っぽいものも伸びてたり。
らんらんらららんらんらん♪
[ 2010/11/03 23:24 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

色いろリアル


県立児童会館の裏手にあった、恐竜のすべり台。

ちょっと痛々しい。
ていうか、生々しい。

なかなかサバイバルな遊具です(いろんな意味で)。
[ 2010/11/02 23:55 ] まちかど | TB(0) | CM(2)

いつの間に


Trick or Treat!
いたずらはしなさそうだけど、プチハロウィン仕様な「ももっち」。
国体のマスコットから、いつの間にか県のマスコットに昇格して
いた彼ですが、今やすっかり県のキャラクターとして活躍中です。

そして気がつけば、鬼っ娘の彼女までできてたり。
やるな、ももっち。
[ 2010/11/01 23:32 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。