すろーらいふな日常

日々の出来事や思ったことなど。ひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コトノハ

楓(カエデ)の新芽
いつも何気なく使っている、「あ」から「ん」まで五十音。
ひとつひとつで意味を成すことは難しいけれど、それぞれを組み
合わせて単語になって、またその単語や品詞をつないでひとつの
言葉や文章に、嬉しい内容や悲しい内容、知っている物事や、
はたまた読んでも全く解らないような専門的なものになっていく
ってなんだかすごい。
もとは全部五十音からはじまっているのに。

…って、今更で当たり前のことなのですが。
数十年日本語を使っているというのに、書き物してて何故か突然
そんなことを思ったので、なんとなく“言葉”として書いてみました。
スポンサーサイト
[ 2008/03/31 23:29 ] そのほか | TB(0) | CM(0)

MOH~!2

今朝の折り込みチラシに、「OH!牛乳」発見。

これはお買い得!
…とまぁ、発売以来いろんなところで見かけるようになったけど、
牛乳コーナーでOH!牛乳を見るたびに、おもしろくてチェック
してしまうのが、お店ごとに違う手書きの商品アピールPOP。

「OH!牛乳を飲むと大きくなる!?」

「牛乳嫌いの下の子が自分から進んで飲みました。
 ありがとう!OH!くん。(38歳 パート)」

「OH!くんとOHAYOのダジャレ!?
 寒い…と思ったあなた、ホットミルクであったまろう!」

など、CMにちなんだものや、“消費者から寄せられた喜びの声”
的なもの(でも恐らく店員さん(笑))、うまいこと誘導してるもの…
いろいろあったのですが、個人的に胸を衝かれたPOPはこちら。

「給食を卒業しても、牛乳の事は忘れないでください」

かなり、きゅーんときました。なんか切なくて。
これを見てOH!牛乳発売日、牛乳と一緒にミルメークを購入
したと言っても過言ではないくらい。
買ってね!という感じの直球アピールも解りやすくていいけど
敢えてそこに触れないところが逆に気になってしまうというか。
うーん、こういうのに弱いなぁ。天邪鬼なもので…。
[ 2008/03/30 22:51 ] OH!くん・ケダマ | TB(0) | CM(0)

ネズミ日和

野も庭も花盛りで、歩くのもより楽しくなってきた今日この頃。
お昼過ぎから町内をふらりと1周花巡り。
枝垂桜(シダレザクラ)
が、こんないい天気なのに、戒厳令でも敷かれてるんじゃ…って
くらいの人気の無さ。農作業をされてる人をたまに見かける程度。
いつもは大抵誰か歩いてるのに。
みんなお花見にでも出かけてるんかなー、でも実は知らない間に
誰も居ない別の世界へ迷い込んでたりして…とか思っていると
(↑あまりに人気が無いところに居ると、時々頭をよぎる妄想)、
川原からガサガサと、いきものの気配。

茶色の体が見えて、ん?昼間にタヌキ?と思ったら…
ヌートリア
超巨大ネズミ、ヌートリア!
よく川に居るとは聞いていたけど(日本でいちばん生息数が多い
のは岡山県なんだとか)はじめてまともに見た!でっかーい!!
ドブネズミよりちょっと大きいくらいかと思ってましたが、こんな
大きさだったとは。なんかビーバーみたい。

そして更にこの後も4匹に遭遇。
道ですれ違った人より、ネズミの方が多いって一体…。
[ 2008/03/29 23:58 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(4)

本命開花

一口に桜と言ってもいろんな種類があるけれど、各地で桜の
便りが届きはじめた頃、一足先に咲いていた桜の仲間たち。
寒緋桜
寒緋桜(カンヒザクラ)。
沖縄におけるソメイヨシノで、桜前線の基準になっている品種。
咲きかけのように見えますが、これ以上は開きません。
大亀桜
桜並木の中、1本だけ早く咲いていた桜。
周りの木が満開になる頃にはいつも葉桜になってるし、なんだろう
…と調べたら、大亀桜(オオカメザクラ)っぽいです。たぶん。

ちょっとずつ時期をずらして咲く桜のリレーも、いちばん数が多く
華やかな品種にバトンタッチ。桜前線でおなじみのソメイヨシノへ。
染井吉野
26日の開花宣言から2日遅れて。
この辺りの桜も、ようやくちらほらと咲きはじめました♪
[ 2008/03/28 23:51 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

足もとにも

少し前まで冬枯れていた野原にも、気付けばいろんな野花が
咲き乱れ、お花畑っぽくなってきました。まさに春爛漫。
その中でも特に好きなのが、オオイヌノフグリの群生。
大犬の陰嚢
この花は大体こんな空色ですが、みんな同じわけじゃないんです。

よく見ると、少し色が薄くなったものや、ちょっと赤っぽいもの、
“ダブルホワイト”なんてのも(ドコモユーザーだけど…)。
大犬の陰嚢(白花)
種類によって花の色味に変化の出やすいものがあるんだろうけど
群生の中にもそれぞれ個性的な面があったりするので、足もとの
草花たちもなかなか侮れません。
いろんなものに出会える春。ホント、いい季節になりました。
[ 2008/03/27 23:52 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

車中野鳥の会


この間からよく庭に遊びに来ている、ツグミ。
人間が近くに居てもマイペースに食べものを探してうろうろしてるし
人馴れしてるのかと直視した途端、逃げてしまうシャイな鳥です。
まぁこの鳥に限らず、野鳥は大体がそうだと思うけど、近くに居る
ことが分かっていても、気付かないふりをしていれば逃げないという
暗黙の不可侵条約(?)で、微妙な距離感を保っていました。

でもあまり家の周りでは見ない鳥だし、やっぱり気になる!
と思っていた矢先、出かけようと車に乗り込んだらツグミが庭へ。

窓ガラス1枚隔ててるだけなのに、車が隠れみのになったようで
こちらには全く気付かないまま、地面をうろうろ。
聞き慣れない鳴き声の主だったことや、こんな色してたのかー
ということを車中からの観察ではじめて知って、本当の名前も
やっと判明したのでした(それまでモズだと思ってた…)。

冬鳥らしいので、もうすぐ渡りのために旅立ってしまうそうだけど
それまでゆっくりしてってくださいな♪
[ 2008/03/26 23:45 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

ショッピングライブ

以前からほしかった春物の服を某ショッピングモールでお得に
ゲットできて、ほくほくで帰ろうとしたとき、いきなりかなりな音量で
歌が聞こえ、何事?と声のするほうへ行ってみると。

大阪から来られたらしいストリートミュージシャン(?)、
「そよかぜ」というグループのミニライブでした。
結構好きな声かも…とか思って聴いていると、コブクロの「蕾」の
カバーあり、一部生歌あり(喧騒の中でも2階まではっきり!)、
漫才的なノリつっこみもあれば、オリジナル曲も聴きやすいしで
結局最後まで拝聴。思わぬところで楽しませていただきました。

世間に広く知られている人たちのことも知らなかったりする
くらい(汗)、音楽・芸能関連に疎い私が言うのもなんだけど、
知らないところでがんばってる人たちって、たくさんいるんだなぁ。
同じように、隠れた名曲もたくさんあるのかと思うと、なんだか
すごくもったいないような…。
でも、買物に行った先で思いがけずその一部分を知ることが
できる、こういうかたちのライブもいいものですね。
[ 2008/03/25 23:58 ] そのほか | TB(0) | CM(0)

わけもなく

今日は雨上がりの晴天、海日和。
ここのところ、晴れて穏やかな日が多くなってきたからか、
やたら海に行きたくて行きたくて、うずうずしている日々です。
目的を決めずに出かけたら行ってしまうくらいの勢いで。

ついこの間海を満喫したばかりなのに、それから何日も経って
いない先日も、マンホールを狩っているうちにふらふらと。

海は好きだし、ぼけーっと眺めてるだけでしあわせで、帰りたく
なくなるのはいつものことだけど、大抵一度行ったら当分は満足
するのになぁ。なんでこんな頻繁に行きたくなってしまうのやら。
やっぱり春だからか…(謎)。

おまけ。

海の彼方の瀬戸大橋。
ここから見えると思わなくて、テンション上がりまくりました。
寄島園地からの距離は、直線で約20キロ。
[ 2008/03/24 23:34 ] たわいない話 | TB(0) | CM(2)

春のかおり

沈丁花
いつの間にか見ごろになっていた、沈丁花(ジンチョウゲ)。
キンモクセイ並みに香りが強いので、遠くからでもこの花の存在が
分かります。年のはじめから、ロウバイ・スイセン・梅と続いてきた
甘い香りもこの花になると、本格的に春だなーって感じ。
桜の時期より少し前から咲きはじめるので、余計にそう思うのかも。

あと、香りで春を感じるのと同時に、枝先に丸くつく花を見るたび、
こんぺいとうみたいでおいしそう…とも小さい頃から思っていたり。
食べたことないけど(食べられません)。
でもこんな甘い香りが辺りに漂ってると、花に誘われる昆虫や
鳥の気持ちも解るような気がするなぁ。

気付けば、空に今年も帰ってきたツバメが飛び回っていました。
ジンチョウゲはやっぱり春本番を告げる花のひとつです。


※写真にカーソルをのせると花の名前が表示されます(昨日の
  日記分から)。これから分かるものは書いていこうかと。
[ 2008/03/23 23:55 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

わたしの知らない世界

彼岸桜
職場では時々、誰も居ないところから大きな音を立てて、ものが
落ちることがあり(一度だけ、勝手にオルゴールが鳴り出した
ことも…)その度に、「たぶん安定が悪かったんだろう」とか、
「巻き残ってたゼンマイがふとした拍子に回り出したんだろう」
とか理由をつけて片付けていたのですが、今日、突然目の前で
普通に置いていたものが倒れ落ちてきたとき、同僚がぽつりと。

「…お彼岸だからねぇ」

…………(鳥肌)。
しみじみ言わんといてよ。怖すぎる(泣)。
[ 2008/03/22 23:17 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

冬の庭に彩りを(その7)

案の定、急生長。

かなりしっかり、もっさりしてきました。
この植物は高温多湿が苦手らしく、水は土が乾いてからたっぷり
やるようにしているため、3~4日に一度の水やりの度に大きく
なっていくさまを見ていたつもりだったけど、半月前の写真
比べたら、思っていた以上に育っててびっくり。

最近、晴天の日は15度越えることも多くなってきたし、そろそろ
温室生活も卒業です。その前に、ビニールの覆いは夜だけに
するとか、少しずつ外気に慣らす予行演習をしなければ。

…にしても、人口(植物)密度高すぎ。
[ 2008/03/21 23:45 ] 観察日記 | TB(0) | CM(0)

ご当地マンホール・岡山編6

先日、吉備津神社からの帰り、あまりの陽気にぶらりドライブの
道すがら、見かけたマンホールを片っ端から激写してきました。
言うなれば、いちご狩りならぬマンホール狩りです。春なので。

というわけで(?)、いろんな柄があったけど、今回はキャラクター
もののデザインをあしらったマンホールを。

小田郡矢掛町。
宿場町の面影を残す町で、秋には大名行列のおまつりがあり
奴(やっこ)が踊ったり毛槍を投げたりして町を練り歩くため、
マンホールにも奴と毛槍が(キャラクターとは少し違うけど…)。

浅口郡里庄町。
町の木がツバキということで、ツバキの妖精っぽいマスコット
キャラクター「里ちゃん」。メルヘンちっくでかわいい♪

倉敷市真備町。
旧町の花はサツキ、木は竹。タケノコが特産の町だけに、
マスコットキャラクターもりりしいまゆげのタケノコデザイン。
名前は「マービーちゃん」。

…この町で「マービーちゃん」・「マービーくん」の名前投票が
あったかどうかは知りませんが、ここでは「マービーちゃん」に
軍配が上がったみたいです。
[ 2008/03/20 23:35 ] ご当地マンホール | TB(0) | CM(2)

思いのまま


1本の木に、白梅と紅梅。
「思いのまま」という名前の品種です。
今までこの梅を見るたびに、接木で2色の花が咲いているのかと
思っていて、毎年同じ枝に同じ色がつくものだと思い込んでいた
けど、この品種は年によって紅白が枝ごとに分かれたり、交互に
ついたりと、かなり変化するのだとか。

花開くだけでもわくわくするのに、更に毎年どんな色になるのか
咲いてみないと分からないだなんて、お楽しみ袋みたいでステキ。
自由で気ままっぽいところもいいなぁ。
ホント、言い得て妙な名前です。

でも、“思いのまま”だけに、こんな花もありました。

どちらの色になろうか迷ったのか、紅白はんぶんこ。
ちょっと優柔不断?(笑)
[ 2008/03/19 23:21 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

MOH~!

突如、スーパーの一角にOH!くん現る。

これでもか!というくらい、OH!であふれる牛乳コーナー。
まだ商品のなかった昨日からこの状態だったので、
もしやフライング販売?!と、思わず探してしまいました(笑)。

そんなことがあるはずもなく、きっちり今日発売されて棚に並んで
いた、オハヨーのOH!牛乳。


4種ある絵柄のうち、ぱっと目に入ったモーモーOH!くんをゲット。
何気にハートの模様が入ってて、らぶりー♪
同じく牛さんイラストでおなじみのミルメークも一緒に購入したので
骨粗鬆症予防に一役買っていただきましょう。もう身長は伸びないし。
………たぶん(←20代後半に1センチ伸びたヒト(汗))。

それにしても、よく行くスーパーにOH!くんの商品が並んでるなんて
何だか不思議な気分。OHKイベントやサークルKサンクスならともかく。
どんどん活動の幅が広がってきてる感のOH!くんに、最近ちょくちょく
CMで見たり聞いたりするケダマからも目が離せません。
(OH!牛乳のCMでは新曲が流れているそうな。まだ聞けてないけど)
これからの動向が楽しみです。

さて、OH!ミルメーク飲みながらCMチェックでもするかのう。

…と思ったら、オハヨー乳業のサイトでCM公開されてました。
お買物ソングの次は牛乳ソング!かわいい♪
[ 2008/03/18 23:46 ] OH!くん・ケダマ | TB(0) | CM(2)

和菓子の鶯めじろ色

うぐいすあん、うぐいすもち、うぐいすきなこ。
「うぐいす」と名のつく和菓子や素材は、大抵が鮮やかな黄緑色。
なので、数年前まで鳥のウグイスもこんな色だと思ってました。

でもこれはメジロ。
その名の通り目の周りが白いのですぐに判るけど、取り合わせが
よいという意味の「梅に鶯」で、よくウグイスと間違えられる鳥です。
この時期は梅や椿など、花の蜜を吸う姿を目にすることが多いし。
ちなみに、本物のウグイスは少し緑がかった灰褐色でこんな色
和菓子の「うぐいす色」ってどっちかと言うとメジロ色なんじゃ…。

てことは。
言い換えると、「めじろあん」で「めじろもち」で「めじろきなこ」??

うーん…なんか別物っぽい(笑)。
メジロがウグイスに間違えられる原因はこういうとこにもあるんじゃ
ないかと思うけど、やっぱり和菓子は「うぐいす」のままでいいや。
[ 2008/03/17 23:36 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

分解説明

気が付けば、この歳になるまで漢字も読みも同じ、同名の方に
会ったのは一度だけ。しかもつい最近。
そんなに珍しくもないと思うけど、一般的でもないせいか
(一部地域を除いては普段ほとんど使う機会のない漢字なので)
口頭で名前を伝えるときはちょっと難儀です。

昨日行った厄払いの受付では、巫女さんが住所や氏名を書いて
くださったのですが、漢字を説明するとき、「『○△』の『○』です」
と言った例えが通じなかったので、結局漢字を分解して、部首やら
何やらひとつひとつ説明するはめに(苦笑)。
名前ほどではないにしても、割と伝えにくい住所をさらさらと馴れた
感じで、かつ正確に書いてくれたときは、さすが!と思ったけど。

いつかこの漢字を一般に広めてくれる人やものが現れるまで、
説明する時は少々苦労しそうですが、いつかさらりと一口で説明
できたらいいなぁ。ていうか、してみたいです。
[ 2008/03/16 23:58 ] たわいない話 | TB(0) | CM(3)

春のうららの厄払い

もうすっかり春の陽気の中、厄払いに行ってきました。
周りから「前厄祓っとけ」と脅されて(?)、どこで祓ってもらおうか
迷っていたけど、結局、落ち着いた雰囲気が好きな吉備津神社に。
鬼を退治した桃太郎のモデルと言われる人物を祀ってあるところ
なら、災厄からもしっかり護ってくれそうだし。

ご祈祷は厄除だけでなく、初宮詣や車のお祓いなど様々。
何度か目をつむって頭を下げていると、神主さんの声が頭の中で
“わぁ~ん”と響くような感じがして(眠気が襲ってきたわけじゃない
けど)、ちょっと心地よいかも…なんて思っているうちに、ご祈祷も
玉串(榊の枝にひらひらの紙がついたもの)拝礼も滞りなく終わり
お札をいただいて、厄除祈願終了。

神聖な雰囲気の中で清められて、なんだかすごく清々しい気分。
こういう昔ながらの風習もいいものですね。
境内や梅林を散策した後、本殿(拝殿)にもお参りして帰りました。

本殿と言えば先月、屋根の檜皮(ひわだ)葺き替えが終了した
らしく、4年を費やした半世紀ぶりの修復工事は4月中に終わる
予定だそうです。
綺麗になった姿が見られる日ももうすぐ。
[ 2008/03/15 23:30 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(0)

道草ドライブ(おまけ)

夕暮れの渋川海岸は猫海岸。
と言えるほど今回は見かけなかったけど、やっぱり夕方になると
この辺りにはどこからともなく猫が集まってくるようです。

藤棚広場の端っこで妙に哀愁を漂わせていたにゃんこ。
ちょっとお歳を召した雰囲気だったからか、近づいても微動だに
せず、我関せずな感じで遠くを見つめておりました。何を想う?

海岸の方には以前見たような面々が何匹か。
今年の冬はこのあたりでも雪が積もるくらい寒い日が多かった
そうだけど、無事に越せたんだねぇ…。よかったよかった。

そんな中、青い目が特徴的だった猫に再会。
近づいても大丈夫な子だったかなぁ…と、そろそろ近寄ってみると
ある種、結界の感がある2メートルも、更に1メートルも突破。
やたらデジカメに興味を持っていたけど、これは食べられんよ~。

そんなことを知ってか知らずか、カメラガン見。

そして、よく見たら鼻水が…。
花粉症ですか?
[ 2008/03/14 23:57 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(2)

道草ドライブ(その3)

最終目的地・渋川海岸に着いたときにはすでに夕暮れ時。
家を出てからここまで6時間、普通で考えたらありえない時間です。
長い道のりだったわ…(道草しすぎ)。


潮が引いていた波打ち際で日没までぼんやり。
凪いで穏やかな海は、ぼけーっとするのに最適。しあわせ…。

県内で海が眺められるところは数あれど、やっぱりお気に入りは
この児島~渋川エリア。ここがいちばん居心地よくて好きです。
割と気軽に来れる距離ということもあるけど、なんとなく、何度となく
足が向かってしまう場所。でも全く飽きることはなかったり。

遠く鷲羽山に沈んでいく太陽を見送って、ぼちぼち帰り支度。
着いた時間が遅くて1時間くらいしか居られなかったけど、久々に
いろんなとこ回れて満足満足♪今度はも少し早い時間に来よう。

気が付けば、18時半でもまだ少し明るい宵の口。
だいぶ陽も長くなりました。
[ 2008/03/13 23:53 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(0)

道草ドライブ(その2)

思いがけずOH!くんバスにお目にかかれて上がったテンションが
ひとまず落ち着いた頃、海が見えて再び急上昇。
いつ見ても、いくつになっても嬉しくなるこの景色。やっぱええのう♪

昔は工場があって、島の左側に煙突が建っていたらしい、くじら島。
本当の名前は竪場島というそうなのですが、たぶん地元民も正式
名称知らないんじゃないかと思うくらい、通称の方が有名です。
ちなみに個人所有の島なのだとか。う…うらやましすぎる~!!

児島周辺の立ち寄りどころはことごとく工事中だったり、テレビか
何かの撮影中だったりで満足な道草ができず、久々に超定番の
観光スポット、鷲羽山展望台へ。


小さい頃から何度となく訪れているところなので、ここからの
景色は見尽くしていたつもりだったのですが…

すみません。鷲羽山なめてました。

さすが瀬戸大橋が架かってる山だけあるわ…と、はじめて見た
景色と橋のアングルにしばし呆然(今回は敢えてこの位置から
ちらり(笑))。まぁこの辺りはまたの機会に書くとして。

道草というにはあまりに長居しすぎてしまい、かなり陽も傾いて
きたため、本日の目的地に向かうべく鷲羽山を後にしたのでした。
[ 2008/03/12 23:31 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(2)

道草ドライブ(その1)

この1ヶ月、行きたいところに行けないジレンマと戦っていたけど、
もう我慢ならん!ということで、渋川海岸を目的地に、道草しながら
ぶらりドライブ。最初の寄り道は倉敷の酒津公園。

お目当ては園内に1本だけ植えてある、早咲きの琉球寒緋桜。
いつも花のアップばかり撮っていたので、今回は全体を。
毎年見に行ってるけど大抵咲きはじめから5分咲きで、なかなか
8分から満開の時期にはあたらないなぁ~。
ソメイヨシノの花芽も緑色の部分が少し見えはじめていたりして、
予想では今月末らしい開花が楽しみ♪

小春日和の土手で親子が草すべりをしている様子をほほえましく
思いつつ眺めながら、海に行くときは大抵立ち寄るお気に入りの
パン屋さんで買ったお昼を食べて、いざ出発~!

で、その道中、信号待ちをしていたらOH!くんバスに遭遇しました。

運良く真横の停留所に停まったので、すかさずパチリ。
何度かすれ違ったことはあるけど、こんなにまじまじと見たのは
はじめてかも。乗ってる人、いいなー…って中は普通なんだっけ。

この直後、信号が変わってしまって名残惜しかったのですが
激しくテンション上がりまくったことは言うまでもありません(笑)。
[ 2008/03/11 23:39 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(0)

水偶


夕べ降った雨の名残り。
風が吹いたりするとすぐにこぼれ落ちてしまう“露飾り”は
雨上がり後の数時間限定ものです。

水滴を見ようと思えばジョウロや霧吹きでいつでも好きなときに
見られるけど、手を加えたものよりもやっぱり自然そのものの
方がきれいだな~。雨は露をつけるために降るわけじゃないし、
ついでにできた偶然の産物だからかも。
そんなひとこまに出会えたときってそれだけで嬉しくなります♪

余談ですが、タイトルは水玉の「玉」に「偶々(たまたま)」の
「偶」をあてた当て字で、こんな言葉はたぶん無い…はず。
[ 2008/03/10 23:50 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

色いろポスト


だんだんその数が少なくなってきている、昔なつかしの丸ポスト。
これ以外にも、世の中にはいろんなレア(?)ポストがあるようです。


はじまりは黒かった初代ポスト(復刻版)。
郵便事業が始まった明治時代は「書状集箱」と呼ばれていたの
だとか。もちろん普通に投函できます。古い町並みにぴったり。

品川駅構内にあった電車ポスト。
ちゃんと車輪までついてます。デフォルメっぽくてかわいい♪
あと、山手線の起点が品川駅だということもはじめて知りました。

いろんなところで見かける赤いポストもわかりやすくていいけど、
設置されてる場所となじんでるデザインのものも楽しくていいなぁ。
探せば“ご当地ポスト”なんてのもあるかもしれません。
[ 2008/03/09 22:59 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

光と、陰

昨日の、犬と動画つながりで、もうひとつ。
「サイハテ」という歌のPVで知った
はじめて宇宙へ行った犬・クドリャフカのお話(BGMが流れます)。

様々な研究で、いきものを実験に使っていることは知っていた
つもりでしたが、やっぱりこのお話を見たときはショックでした。
今まで目を背けていた現実を突きつけられたような気がして。
人間が宇宙や月へ行けるようになったのは、こういう子たちの
存在があったからこそなんですね…。

ただ、残念なのは、同じ実験をするなら地球に帰ってこられる
宇宙船を造ってからにしてほしかった…ということ。
クドリャフカの最期については諸説あるそうだけど、せめて彼女
たちの遺したものが後々の有人飛行に生かされていますように。

ちなみに、このお話を知るきっかけになったPVはこちら
[ 2008/03/08 23:49 ] そのほか | TB(0) | CM(0)

予想外デス

最初、JR西日本とのコラボかと思ったソフトバンクのCM
「旅する父」篇(犬のお父さん、ラブ♪)。
Yahoo!でWeb限定の60秒バージョンがあるというのでチェック
してみたら、尾道に行ったとき歩いた場所が映っててびっくり!
ただ友探してここまで来てたのね、お父さん。

それにしてもこのシリーズ、お父さんの声を北大路欣也さんが
あてているっていうところがホントに“予想外”でいいなぁ。
「X'masソング 父」篇がテレビで流れていた頃は知らなかったの
ですが、今改めて見るとすごいCMだわ。
万俵大介が「Silent Night」を…(違)。
[ 2008/03/07 23:23 ] TV・DVD・ゲーム | TB(0) | CM(0)

こだわり?


カイロを袋から取り出す時、切り口に沿って開けると、縦方向では
なく、写真のように横方向へびりーっと破れてしまうのですが、
この破れ方がいつも気になって仕方ない今日この頃。
大抵のものは切り込みの入っている方へそのまま開くからと、
そのつもりで開けたら意に反して違う方向へ破れるし。
その度、縦に切り込み入ってるのに、何でわざわざ横なん…?!
とか思ってしまい、なんだか妙に悔しかったり。

まぁ横の方が開け口広いし、中身を取り出しやすいしでそういう
仕様になってるんだろうとは思うけれど、ゆっくり破れば縦にも
開けられるので、ここは敢えて仕様に逆らって縦方向に。
毎朝、1度きりの開封時はちょっとした試練です(←ただの天邪鬼)。
[ 2008/03/06 23:46 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

冬の庭に彩りを(その6)

温室プランターの“お嬢さん”、冬は生長が遅いから、と油断して
数日写真を撮っていなかったのですが…

いきなり大きくなりました。
今まで使っていたマクロレンズだと全体が写らなくなってしまった
ので、カメラのみのマクロ撮影です。何この生長ぶり。
今日は雪がちらついてたけど小春日和が数日続いたこともあったし
最高気温10度越えの日も増えてきたしで、気温に促されたのかも。
春の陽気ってすごいなー。
そりゃいろんな芽やつぼみが出てくるわけだわ。

そして来週から暖かくなるらしいので、更に急生長しそうな予感です。
楽しみだけど、ここだけプチ密林になりそうな予感もひしひしと…。
[ 2008/03/05 23:18 ] 観察日記 | TB(0) | CM(0)

要は練物


同僚から、意味ありげな笑顔と共にいただいた惣菜パン。
中身は、かに風味の揚げ天とチーズクリームというシロモノ。
チーズの味が前面に出ているクリームならともかく、もし甘い系の
クリームだったらどんな味になるのか想像もつきません。
またすごい組み合わせのもの見つけて来たなぁ。

まぁ生クリームとあんこの組み合わせだって最初見たときは
ありえない…と思ったけど、食べてみたら結構おいしかったし
これも意外といけるかもしれん…と、ひとくちパクリ。

普通に惣菜パンでした。ちょっとほっ。
でも、かにのはずなのに何故かチーズちくわの味が…。

ええと…かには?かに風味は??
チーズの彼方で遭難していたのか、私の舌が鈍かったのか判り
ませんが、パン生地はすごくおいしかったです。ふわふわで。
[ 2008/03/04 22:34 ] 食べもの | TB(0) | CM(0)

美白の大敵

他の県ではどうか知らないけど、岡山県内では各家庭に眠って
いるひな人形を旧家のお屋敷に持ち寄ったり、店先に飾ったりする
「雛めぐり」という地域おこしイベントが年々広がっていたりします。

で、県内各地で催されている雛めぐりの記事を新聞で見ていたとき
そういやうちにあるひな人形ってどんなんだったっけ?
と、長いことしまいっぱなしになっていた箱を久々に引っ張り出して
開けてみたのですが。

……………(硬直)。

十数年ぶりに日の目を見たおひなさまは、
ちょっと直視できないくらい、ホラーなお顔になっていました。

天気の良い日に人形をしまってる場所へ乾いた風を入れることは
あっても、虫干しはしてなかったからなぁ。ケース飾りだし。
それが長年の押入生活でこんなえらいことになっていただなんて。
湿気や虫食いの被害に遭うのは着物だけかと思ってたよ…。
おばあちゃん、お内裏さま、ごめんなさい。
[ 2008/03/03 21:36 ] たわいない話 | TB(0) | CM(2)

行動パターン

猫と遭遇したとき、彼らがとる行動は大体決まっているのですが、
先日出会った子たちもやっぱり距離を置くか、1歩踏み出した瞬間
逃走するかで、“かくれ鬼ごっこ”でもしてる気分でした。
さわりたいとまでは言わないけど、せめて逃げないでほしいなぁ…。

まぁこの緊張感の中でどのくらい近づいても逃げないか、という
微妙な距離の駆け引き(?)も、猫ならではの魅力なんだけど。
対応は個々によって微妙に違いますが、大抵がこんな感じです。

1.不動で警戒態勢

2.ちょっと距離を置いてみる

3.刑事ドラマの如く、物陰から様子見

4.擬態
[ 2008/03/02 23:06 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(2)

真の揚げパン


大抵「懐かしい」とか「給食で出てた」とか言われる揚げパン。
世間ではポピュラーな存在なのかもしれないけど、給食にも
出たこと無かったし、小さい頃は全く馴染みのないパンでした。
しかもはじめて食べた揚げパンは、かなり油っこかった上に
かすかすのぱさぱさで、なんでこんなのが支持されるんだろう…
と長いこと疑問に思っていたのですが。
今日、きなこに惹かれて買ってみた揚げパンに目からウロコ。

あんまり油っこくない。中身もしっとり!
まぶされたきなこもまたいい感じの甘さだし。

…たぶんこれが支持されている本物の揚げパンじゃないかと。
「思イ出ノナツカシ味」と書かれてもピンとこないのが残念だけど。
こういうのだったら給食でも出てほしかったなー。
[ 2008/03/01 23:27 ] 食べもの | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。