すろーらいふな日常

日々の出来事や思ったことなど。ひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いぬる1月

2008年、早くも過ぎ去った最初の1ヶ月。
月単位で振り返るとあっという間ですね。おそろしや…。
さすが、「1月はいぬる」と言われるだけの事はあります。
(「いぬる」って、この辺りでは「帰る」という意味で使われる言葉
なので方言かと思ってたけど、辞書にも載ってる言葉だったとは
知りませんでした。ちょっとびっくり)

その割に、「あけましておめでとうございます」とか言ってたのは
すごい前の事のような気がするのに。何か妙な感じだなぁ。

なんだかんだ言ってみても、明日からは「逃げる」2月。
この歳になると、「逃げたい」2月…。
スポンサーサイト
[ 2008/01/31 21:42 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

みぞおち

今日は気温が上がって殆どとけたものの、一部の道路脇には
まだまだ雪がこんもりと。

今は側溝にフタがされているけど、以前は各家の前しかフタが
なく、道路の雪は全て側溝に捨てられていました。
二十数年前、学校が2日間休校になるほどの大雪が降ったとき
には(確か30センチくらい)、道路脇はちょっとした雪山状態。
見たことも無い大雪でテンション上がりまくっていた当時の私、
何を思ったかそこに飛び乗ってみようと、助走をつけてジャンプ!
…したのですが。
飛び乗った瞬間、足元の雪が崩れ落ち、雪山に埋まりました。
ていうか、溝の中まで落ちました。すっぽりと。

側溝は60センチ程度の深さだったため、下までぎっちり雪が
つまっているものと思っていた雪山は実は見かけ倒しで、水が
流れていた側溝内の雪はとけ、内部は空洞になっていたのでした。

言うなれば落とし穴です。

そんな落とし穴にまんまとはまってずぶぬれになり、その後
ひどいしもやけになったことを未だに思い出す出来事ですが
それ以来、山盛りになっている雪の上を歩かなくなった事は
言うまでもありません…。
[ 2008/01/30 23:56 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

10センチ

積もりました。

雪が降るたびに過剰反応してますが(笑)、この辺りでは例え
1~2センチ積もっただけでも話題になるくらいの地域なので、
10センチ積もればそりゃもう立派な大雪です。
岡山市に至っては、3センチの積雪が観測されたのは11年ぶり
なのだとか。同じ南部でも平野部と山間部じゃやっぱり違うなぁ。

そんな中でも学校は休校にならなかったようで、グラウンドからは
ハイになっていると思われるお子様の声が響いておりました。
いいなぁ、雪合戦とかしてるんだろうなぁ。楽しそ~!
できるならその中に入りたかったくらいだけど…仕事仕事(涙)。

で、出勤前に、何だかおいしそうに見えた瓦の上の雪を激写。

雪道を運転した後って何故か異常におなかが空きます。
だからって雪は食べませんでしたが。
[ 2008/01/29 23:47 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

さかさま長期予報

1週間前の残雪がまだ所々に残ってとけきらないまま、夕方から
雪が降り積もり、瞬く間に再びまっしろになりました。
…いえ、まっしろになってます(現在進行形)。

傘は5分足らずでこの白さ。
積雪はまだ3センチほどですが、庭の中はもちろん、人通りの少なく
なった(普段から多くはないけど…)道路はすでに雪まみれ。
今年は暖冬だとか言ってたのに、よく積もるなぁ。
冬前、一番最初に発表される気象庁の長期予報は大抵逆になる
ことが多く、周りでも予報を受けて「絶対寒くなる、雪が降る」なんて
言っていたけど(笑)、やっぱりその通りになってしまいました。

まぁ3ヶ月先までの予報だし、それだけ難しくなるのも解るのですが
(1週間前の週間天気だって今日明日は雨になってたし)ほぼ毎年
予報と全く逆になるというのも、ある意味すごい確率かも…。
[ 2008/01/28 23:01 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

枯れ木に花を

彩りの少ないこの時期、冬枯れの中に花のようなものを見つけると、
思わずチェックしてしまう今日この頃。
先日も枝先にちいさな花がちらほら咲いているのを見つけました。
080127_DSCF5472.jpg
木や花の感じは桜の仲間みたいだけど、この時期に咲く桜って…。
で、思い当たったのが、十月桜(ジュウガツザクラ)。
以前、森川さんのブログで、やはり1月のはじめに咲いていた桜の
写真を載せられていて、この名前を教えていただいたのを思い出し
(ありがとうございます!)調べてみたら、この種類だったようです。
10月~1月と3月~4月の2回咲く桜だそうで、同じようなものが他にも
数種類あり、それらをひっくるめて「冬桜」とも呼ばれるのだとか。
080127_DSCF5446.jpg
こちらは花じゃないけど、辛夷(コブシ)か、白木蓮(ハクモクレン)の
つぼみ。咲くのは3月~4月頃ですが、12月には早くもこの白っぽい
つぼみが目立ってきます。もうこれが毎年気になって気になって。
ネコヤナギのような毛に覆われて手触り良さそうな見た目が。
でも木の背丈が高くて、なかなか触れないのが難点だったり。
くぅーっ!もう少しで届きそうなのにー!

いつかジャンプしなくても触れるようないい枝見つけよう…。
[ 2008/01/27 23:34 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

一日一分

1年でいちばん昼の短い冬至から約1ヶ月。
(実際に、いちばん短くなるのはそれより半月程早いそうですが)
何だか最近ちょっぴり日が長くなったような気がします。

12月、17時前には陽も沈んで真っ暗だった空が…

今は17時20分頃でもこんな感じ。
雲に隠れてはいますが、まだ太陽は沈んでません。
まぁ同じ時間帯でも地域によって空の明るさに差はあると思うけど。
(夏至の日のNHKニュース(夜7時の)見てたら一目瞭然。よく番組の
最後に各地の現在の様子がリレー中継されていて、九州や沖縄は
19時半でもまだ明るかったりします。日本の中でも西の方になるので
当たり前なのですが、なんかフシギ…)

1日で数十秒~1分ずつでも、約1ヶ月で30分近く、これからもっと
日が長くなっていくのかと思うと、なんだか嬉しくなるなぁ♪
行動時間が長くなる分、昼過ぎからでも気ままにふらりと出かける
事も多くなるし、また母いわく「糸の切れた風船」になりそうです(笑)。
[ 2008/01/27 01:29 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

錠剤プリーズ


先日、周りからのすすめで、初めてかかった病院の薬局に薬を
もらいに行ったとき、問診票のような紙を渡されたのですが、
その中に「飲みにくい薬」の項目があり、カプセルや錠剤等、
苦手な薬があれば丸をつけるようになっていました。
小さい頃から、この歳になってもオブラートがなければ粉薬が
飲めないほど苦手なので(恥)、すかさず丸をつけて出したら
嫌な顔ひとつせず、処方されていた粉薬と同じ成分の錠剤に
替えてもらえてかなり感動…!

以前かかってた病院で先生に「粉薬は苦手」と訴えたら
「もういい大人なんだから飲まにゃいけん!」
って怒られたのに(じゃあ「粉薬は大丈夫か」とか聞くなよ…)。
こんなおとなげないワガママを聞いてくれるところもあるのね。
ありがとう!S薬局さん。

が、毎食後に6粒、1日で18粒薬を飲まなければならず、
いきなり重病人になった気分(ただの気管支炎なのに)。
これだけでおなかいっぱいです…。
[ 2008/01/25 23:26 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

ご当地マンホール・岡山編5

前回からだいぶん間が空いてしまいましたが、未だに飽きることなく
地味にこつこつ撮りためております(笑)。ご当地柄のマンホール。
今回は市町村の花や木のデザイン中心のものを。

総社市(旧清音村)。
村の花・ツツジと、真ん中の絵は恐らく村内を流れる高梁川とアユ。

岡山市(旧灘崎町)。
町の木花であるカシとサツキ。ぱっと見、上下が判らなくて実は
さかさまに撮ってました(笑)。「おすい」って書いてあるのに。


井原市。
上は市の草花・パンジーと、市の花・桜。
下は同じくパンジーと、特産品のぶどう。「子守唄の里」というのは
井原市が「中国地方の子守唄」(ページを開くと自動的にメロディが
流れます)の発祥地だからだそうです。初めて知った…。

ちなみに井原の分は、やはり尾道へ行く途中の寄り道で見つけたもの。
寄り道ばっかりしてるから、目的地に着くのが遅くなるんよ…(苦笑)。
[ 2008/01/24 23:50 ] ご当地マンホール | TB(0) | CM(2)

たこシュー

こちらも尾道に行く途中、寄り道して買ったもの。

一見普通のたこ焼きですが、ただのたこ焼きじゃございません。
こちらはお店に並んでいるときからクールで要冷蔵の一品。
それもそのはず…

中身はたこでなく、クリームが入ってるんです。
その名も、虎屋の「たこ焼きにしか見えないシュークリーム」。

よくテレビ等でも紹介されているので、ご存知の方もいらっしゃると
思いますが、商品名の通りたこ焼きそっくりなので、先入観をもって
食べると何だか妙な感じがします。ソースだと思ったらチョコだし、
かつおぶしと青のりは、それぞれ削ったチョコと抹茶パウダーだし。
しかも甘さ控えめでおいしい♪ホントよくできてるなぁ。

シュークリームだと分かっていても見た目と味のギャップが
すごいので、知らずに食べたらかなりびっくりしそうです。
今度誰かひっかけてみようかのう…(ニヤリ)。
[ 2008/01/23 23:52 ] 食べもの | TB(0) | CM(0)

点と線

先日、尾道からの帰り、福山SAに立ち寄ったのですが、そこに
思いがけないものが置かれていました。

広島銘菓、にしき堂のもみじまんじゅうはともかく、何故かレジ前に
和歌山電鐵の貴志川線貴志駅長、たまの写真集が!
何で福山に…?と思いながらも見本をぱらぱらめくること数秒。
たまをはじめ、3匹の猫写真の愛くるしさにやられて即買い(笑)。
このかわいい駅長の存在はなかにしさんのブログで知っていたけど
(紹介記事はこちら)まさか全く違う地の広島に、しかも本といえば
るるぶか地図くらいしか置かれていないSAに“たま本”が販売されて
いるなんて…かなりびっくりです。

でも和歌山との関連性って?たまの母猫・ミーコが実は福山出身?
と思って調べてみたら、福山SAを運営している会社が、和歌山電鐵と
同じ岡山の両備グループだったのでした。…納得。
一見全く関係なさそうに見えることでも、意外なところで繋がってる
ものですね。縁ってなんだか不思議だけどおもしろいなぁ。
[ 2008/01/22 23:24 ] たわいない話 | TB(0) | CM(3)

雪道歩行

今朝外に出たら、やはり辺りはまっしろ。昨日よりも。
夕べ降りしきっていた雪は夜半から雨に変わったらしく、積雪は
8センチから6センチに減っていました。しかもちょっととけかかり。
道路の雪は更にとけていて、未だに慣れない雪道運転の心配は
解消♪よかったー。これで凍ってたらシャレにならんです(汗)。

気持ちと時間に余裕が出来たので出かける前にご近所をうろうろ
してみたのですが、とけた雪でも結構足を取られて怖かった…。
いつもなら5分とかからない土手へ出るのも一苦労で、何度も
ひやりとする瞬間が。やっぱり雪道をなめちゃいけませんね。

でもそんな中を恐る恐る、ちょこちょこ歩く人の姿って老若男女
問わず、傍から見てるとなんかかわいい…(笑)。
[ 2008/01/22 00:08 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

雪の日の矛盾

朝、出かけようと外に出たら、まっしろでした。

今日は雪が1日中降っていたものの、積雪は昼にはいったん
とけていたのですが、夕方から再び強く降りだし、帰る頃には
国道ですら、わだちも足跡もすぐに消えてしまう程の本格的な降り。
朝は3センチくらいだったけど、それよりも積もってるよ…(汗)。

超低速ののろのろ運転で帰宅すると、家の前の道は更にまっしろ。
昔から傘をさしたときの、ぽそぽそと雪のあたる音がなんとなく好きで
心地よくて、この機会とばかりにご近所を1周してみたのですが、
わだちに大人の足跡がわずかに残っていたのとは対照的に、
新雪には小さな子供らしきかわいい足跡が点々と続いていました。
うんうん、わかるよ。その気持ち(笑)。

でも、降り続く雪を見てるとわくわくして、もっと積もらないかなぁ~
と思う反面、明日の朝出かけるときの事も心配していたりして、
小さいときみたく純粋に喜べなくなった自分がちょっと哀しい…。

ちなみに、ただいまの積雪は約8センチ。そして更に積もりそうな降雪。
明日の朝が楽しみなような、怖いような。
[ 2008/01/20 23:58 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

尾道こみち

1年くらい前から友人と、行きたいね~なんて話していながら、
延び延びになっていた尾道へ、やっと昨日行ってきました。
実は初、尾道。

千光寺公園の展望台から見た瀬戸内海。
いつもよく行く鷲羽山から見る海に比べて島が多いので、なんだか
大きな川のようにも見えます。

「“文学のこみち”はこちらでーす」
と、展望台のそばには案内猫。いつも居るとは限りません。
この後、袋を提げた他の観光客におねだり攻撃しながら後をついて
どこかへ行ってしまいました(笑)。いいにおいでもしてたんかな?

にゃんこの案内通り、「文学のこみち」経由で千光寺をはじめ
いろんなとこ回ったりお寺めぐりをしようと思っていたのですが…


途中からもう足ガクガク。ひ…ひざが笑っとる~。
尾道は坂道が多いとは聞いていたけど、本当に坂道・階段だらけ。
このまちを散策するには体力と根性がいるようです…。

(↑この写真のみ、クリックで大きな画像が開きます)
かなり見えにくいけど、三重塔の奥の2本並んでいる橋は手前から
新尾道大橋(しまなみ海道)と尾道大橋…のはずなのですが。
あれ?しまなみ海道ってもっと大きな橋じゃなかったっけ??
イメージしてたものよりかなり小さくてびっくり。

でもここまで来たからにはやっぱりでっかい橋が見たい!
ということで、帰りに寄り道して向島へ渡ってみました。
尾道大橋で(しまなみ海道じゃないところがポイント(笑))。
高速じゃどうあがいても1区間50円で渡らせてくれないしね~。

で、島を半周したところにあった因島大橋。橋の向こうは因島。
これこれ!イメージしてた大きさは(笑)。
開けた海も見てみたかったけど、陽が暮れた海岸沿いはかなり
寒かったので、そそくさと帰路へ。でも満足なプチ旅となりました。

今まであまり広島県には行く機会がなくて、備北丘陵公園以外
訪れたことがなかったけど、尾道は意外と近いことが判明したし
今度はしまなみ海道を渡ってみよう~♪
[ 2008/01/19 23:42 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(3)

再会は雪降る昼に

本体の無いまま、ソフトだけ先に買って1ヶ月。
時折雪が舞っていた今日、“紫の彼”に再会できました♪

やっと…会えたねぇ~(涙)。
それにしても、公式サイトで一部は見ていたけど、オープニング
ムービーにはびっくり!で、ナイツの気持ち良さげな飛行にうっとり。
最近のゲームって映像も音もきれいだなぁ…。

Wii買って最初にやったのが「NiGHTS」だったので、他はどうなのか
分からないけど、この作品、発売されてからのレビューはかなり
辛口のものが多く、不満な点として挙げられていた、ロードに時間が
かかることや、前作に比べて少々自由度が狭まっていること、難易度
高めだったりすることは否めませんが、それらを差し引いても個人的
には大満足です。今のところ(←まだ途中なので…)。
人様がどう評価しようが、やっぱり自分で確かめてみなきゃね。
こと、好きなものに関しては。

ただ、説明書を読まず(ゲーム中に説明はしてくれるけど)、勘で
使っているWiiリモコンとヌンチャクの操作にまだ慣れないため、
かっこよく優雅に飛ぶのも、クリアするにも時間がかかりそうです。
しかも最初から3時間ぶっ続けで、ちょっと肩こり気味…(汗)。
[ 2008/01/18 01:06 ] TV・DVD・ゲーム | TB(0) | CM(2)

月暦


職場での予定書き込み用に、と同僚が買ってきたカレンダー。
月の満ち欠けや、かたちによって変わる月の名前が書いてあり、
説明書きを読んでみたけど、結構知らない名前がいっぱい。
「十日夜(とおかんや)」・「更待月(ふけまちづき)」とか。
「いざよい」という言葉を知ってはいても、漢字で「十六夜」と
書かれたら、「じゅうろくや」と読んじゃいます(笑)。
同じようなかたちでも、満ち欠けの違いで呼び方も変わる月。
昔は暦代わりだっただけの事はありますね。

ちなみに、こちらは元旦に撮った朝の半月。
カレンダーを見ると、この日は下弦の月だったようです。
満月から新月になる月って、あまり見ることがないから(月の出が
夜遅くなるため)右半分が欠けている姿はちょっと新鮮でした。

余談ですが…このカレンダー、祝日やイベント事の名称が書かれて
いなかったので手帳を見て書き写していたのですが、いちいちその
頃の行事やら風景やら思い出しながら書いていったため、12月を書き
終わる頃にはちょっぴり年末な気分に。1年ってあっという間ですね。
ていうか、2008年、まだはじまったばかりなのに(苦笑)。
[ 2008/01/17 01:12 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

春への目覚め


ご近所で早くも咲きはじめた、ソシンロウバイ。
漢字では「素心蝋梅」と書くので、梅の仲間だと思ってましたが
ロウバイ科なので実は違うようです(梅はバラ科)。
キンモクセイほど香りは強くないけど、それでも木の周辺は甘い
匂いがほんのり。この時期、木に芳香のある黄色い花が咲いて
いたら、ロウバイの仲間だと思ってまず間違いない…かも。

年が明けてすぐに咲く、図鑑のカテゴリーでは春の花。
うちの梅のつぼみもちょっとずつふくらんできてるし、これから
徐々に、庭や野山で春へ向けての動きが加速しそうです。
休眠からの目覚めの季節、今年も楽しみじゃのう♪
[ 2008/01/16 00:30 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

“ながら”歩き

今朝見かけた、自転車に乗りながらケータイで音楽を聞き、操作
している高校生。最近よく見る光景ではあるのですが、器用だなぁ
と思う反面(本当は危ないからよくないんだけど)、他のことに
注意を向けつつ移動するのって怖くないんかなぁ…とも思ったり。

以前上京したとき、ドラマ「東京タワー」の雰囲気にひたって
みようとサントラを聞きながら歩いていったことがあるけど(笑)、
なんとなく不安で落ち着かなくて、10分と持ちませんでした。
車の運転やパソコンの操作をしながら…だと平気なのですが、
自分で動いて周りの状況を把握できなくなるとダメです。
たぶん「聞いて」るんじゃなくて「聴いて」るんだろうな。
なので、もし私が高校生と同じ事をしたら、即、事故起こします(断言)。

でも音楽を聞きながら歩くの、ちょっと憧れていたりもするのですが。
不器用者にはハードルが高いわ…。
[ 2008/01/14 23:17 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

20th ANNIVERSARY

そういえば成人式、行けなかったっけ。インフルエンザで。
と、晴れ着姿の新成人を見かけ、思わず二桁になってしまった
年月の記憶をたぐりよせてしまいましたが(汗)、成人の日を前に、
この近辺でも今日が成人式だったらしいです。
着物って着付けとか大変だけど、やっぱり華やかでいいですね♪

そして瀬戸大橋も今年で開通20年。
早いものでハタチです。なのでちょっぴり華やかに(笑)。

人間で言えば来年が成人式なんだろうけど、こちらは4月。
開通月にあわせて20周年記念イベントが橋上で行われるようです。
恐らく抽選になると思われますが、せっかくの機会だし、こっちの
“成人式”には参加できたらいいなぁ。
[ 2008/01/13 23:41 ] たわいない話 | TB(0) | CM(2)

冬の庭に彩りを(その4)

前回写真を載せてから約1ヶ月。
簡易ビニールハウス内でなんとか順調に育ってます。

12月になってからの発芽ラッシュはとりあえず落ち着いたものの
やはり冷え込みには耐え切れなかったのか、はたまた季節はずれの
発芽だったためか、全く育たなかったり枯れてしまったもの多数。

ここまで本葉がしっかり出てれば冬越しできるかな…とは思うけど、
また明日から冷え込むらしいし、ちょっと心配でもあります。
今や冬に花を咲かせることよりも、冬を乗り切ってくれることに
目的が変わってきていたり。

タイトル変えたほうがいいかなぁ…なんて思いつつ、多分このままで
いくような気が。めんど……いえ、ややこしくなるので。
[ 2008/01/12 23:29 ] 観察日記 | TB(0) | CM(0)

まちのわんこ

猫に引き続き、今度は犬編。

こちらも平和そのものな犬の寝姿(笑)。
敷地内に少し入っても、吠えずに薄目を開けてチラリと見るだけ。
睡魔には勝てなかったようです。暖かくて気持ちよかったんかな。

この子も一応首輪はついていたけど、リードはありませんでした。
ずっと同じ場所にふせて、お店の中にいる誰かを待っている様子。
人の出入りがあっても、決して店内には入りません。
おだやかな表情と性格の忠犬ハチ公。車には気をつけてね。

そしてそのとなりの店先に、衝撃的なわんこ発見。

じ…人面犬だ……!
小学生のとき、近所に出没したとか、通学路の交差点で起きた
事故は人面犬が原因だったとかウワサになっていた、あの…!

ていうか…まゆげ、左右でかなり違ってますけど。
飼い主のおばあちゃん、いくら看板犬だからってやりすぎです(笑)。
[ 2008/01/11 22:53 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

まちのにゃんこ

「犬も歩けば棒に当たる」ということわざがありますが、昨日の
下津井の町中では「まちを歩けば犬猫にあたる」状態でした。
特に猫は少し歩くたび、いたるところですれ違い。
以前来たときは全く見かけなかったのに…今回10匹は居たかも。
080111_DSCF5248.jpg
が、近寄ろうものなら“半径2mの掟”どころか、数メートル先でも
逃げる逃げる。この町のにゃんこはシャイでした。
上の写真の子は警戒しながらも、毛づくろいに夢中だったけど。
080111_DSCF5259.jpg
080111_DSCF5261.jpg
ポストの前で郵便屋さんを待ってる猫と、郵便局帰りの猫。
…まぁそれは冗談ですが(笑)、郵便つながりの2枚。
080111_DSCF5304.jpg
こちらは玄関先に寝ていた、ひだまりにゃんこ(飼い猫)。
兄弟か親子かな?寝姿は平和そのもの。

あー…「1日猫体験」とかあったら、絶対漁港の猫になりたい。
漁師のおじさんに余ったお魚わけてもらったり、潮風にあたりながら
気ままにひなたぼっこしたりお昼寝したり。もちろん今日みたく比較的
あたたかな雨の日もあれば、冷たい雨や雪の降る日もあるだろうけど。
なんかいいなぁ~、猫生活。憧れます。
[ 2008/01/11 22:45 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(2)

冬の宇宙人

薄雲は広がっていたものの、割と天気がよくて暖かだった今日、
去年のリベンジとばかりに、干しダコ求めて下津井へ行ってきました。

が、漁港内やその周辺にはタコが干されておらず、町中を歩いて
みるも、出会うのは猫や犬ばかり(こちらはまた次回)。
下津井の冬の風物詩、干しダコの生産がピークになるのは12月
下旬頃だそうなので、少しはあるだろうと思ってたのに…。
また遅すぎた?と、嫌な予感が胸をよぎりながらも、どうしても
諦めきれなくて、とうとう町はずれまで歩いてきてしまいました。

結局今年も見られずじまいかー…なんて、ちょっとしょんぼり
しながら来た道とは違うルートで引き返すこと数分。
道端に大根が干してあり、その奥に…


あった―――っ!干しダコ!!!
かなり高いところに吊るされ、風向きが変わるたびにタコも向きを
変えていったりして、風見鶏ならぬ風見蛸状態。シュールです(笑)。
民家の軒先とか、洗濯物と一緒に…とか、ニュース等で見るような
ものとはだいぶん違った干し方だったけど(写真の物干しは、横棒が
こいのぼりのように上下するタイプ。たぶん)、町はずれまで歩いて
きた甲斐がありました♪
それにしても…やっぱり捕獲された宇宙人みたいだなぁ~。

ちなみにこの干しダコ、岡山駅の「サンフェスタ岡山」に入っている
たこ料理で有名な「ふく仙」の店先でも見ることができます。

やっと写真に収めて満足して、祇園神社近くの海辺でぼんやり。
今日の天気と同じく、瀬戸内海も穏やかでした。
[ 2008/01/10 23:38 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(0)

おさるの温泉

冬によく見る、野生のサルが温泉につかって温まってる映像。
気持ち良さそうだし、ほのぼのしてていいなぁと思うのですが、
温泉から出た後ってどうしてるんだろう…。

見かける温泉は大抵、雪深い山の中。
暖かい部屋があるわけでも、ドライヤーで体を乾すわけでも
ないし、せっかく温まってもぬれたままだとすぐ体が冷えて、
一度温泉に入ったが最後、その周りから離れられなくなる
温泉スパイラルに陥りそう…とか思うんだけど。
カモみたいに撥水仕様の毛に覆われてるならともかく。

他人(猿)事ながら、映像を見る度いつも気になる心配事です。
[ 2008/01/09 23:57 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

新年早々…

最近、生の金柑にきんかん湯、カバヤのきんかんのど飴と
金柑づくしの日々を送っている今日この頃。
別に金柑のマイブームがやってきたわけではなく、年末にひいた
風邪の名残の咳だけがなかなか治らないので、喉に良いと言わ
れている金柑を片っ端から試しているためです。
ここのところの“脱・夜更かし”生活で、ふしぶしの痛みも鼻水も
治ったのに何で咳だけ…と思っていたのですが、今日、鼻水が
止まらん…と、こぼしていた知り合いの方に風邪かと聞いてみたら。

「この間から花粉症になってなぁ…」

………か…花粉症?!!
スギ花粉の飛散って2月からなんじゃ…と言うと、もうすでにヤツは
飛んでいるらしいです。そういやこの間からちょっと目が痒かったし
この咳ももしかしたらそうなのかも。症状似てるし。

毎年、2月から4月まで2ヶ月程辛抱すれば治まるし、ここ数年は
くしゃみと鼻水だけだったので、ひたすら耐え忍んできましたが、
気管支炎の3ヶ月は長すぎます。ていうか、飛散早すぎ(泣)。
今年はおとなしく病院に行こう…。
[ 2008/01/08 23:25 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

柑橘ポン

「ポン酢の『ポン』ってどういう意味?」

去年の暮れ、同僚が突然言い出した素朴な疑問。
何でまたそんなことを…と思いながらも、その場に居た誰ひとり答え
られず、そのまま忙しさで忘れていたけど、今日思い出したように
「そういやポン酢の意味、分かったんよ」
と言うので聞くと、ポンは外国語で柑橘類の意味なのだそうです。
どこの言葉かはうろ覚えだったようなので調べてみると、「ポン」は
ポルトガル語、オランダ語では「ポンス」という言葉があるそうで、
やはり柑橘類やその果汁という意味なのだとか(ウィキペディアより)。

今まで何とも思わずに使っていたけど、名前の意味までは考えた
ことなかったなぁ。日本ものっぽいのに外国語が由来だったとは。
フルーツポンチの「ポン」も同じ意味らしいし、「愛媛では蛇口を
ひねると出てくる」と言われる、ポンジュースもそうなのかも…。
意味を知らずに使ってる身近なもの、まだいろいろありそうです。
[ 2008/01/07 23:59 ] たわいない話 | TB(0) | CM(2)

返却不可能


2008年OH!まもり。いただきものです♪
以前はOH!くんショップやOHKイベントでも購入できた品ですが、
数年前から最上稲荷の特設売場限定で売られているもの。

やっぱりこういうものは神社にある方がおかげがありそうでいいなぁ…
とか思いつつ、交通安全OH!まもりはショップで買った私ですが(笑)
こちらは購入して約2年。本来なら願いごとが叶ったり、1年したら返す
ものなんだろうけど、OH!まもりの入っていた袋の裏に
「12月に(お返しされた)お守りをお焚き上げ致します」
とか書いてあるのを見ると、ちょっと返せません。
普通のお守りや御札なら持って行くかもだけど、OH!まもりは…。
なので、このお守りも持ち歩ける限り、長い付き合いになりそうです。

あー…でもいつか最上稲荷の境内にある特設売場、行ってみたいなぁ。
[ 2008/01/06 23:57 ] OH!くん・ケダマ | TB(0) | CM(2)

牛への一歩

1月も5日になると、さすがにお正月の騒がしさも一段落。
天気はいいし結構暖かかったので、普段なら最上稲荷へ
OH!守りゲットしに行くか、下津井の干しダコ見に行くか…
なんて迷ってるところですが、今日はひたすらのんびりと。

で、お昼に元旦以来食べてなかったお雑煮を。
この辺りではお雑煮の具にブリを入れるものらしいけど、
うちではブリなし、野菜中心。あとは揚げとかちくわとか。
でも、聞いたところによると
「ブリが入ってない雑煮なんかお雑煮じゃない」
とまで言う人もいるそうなので、岡山の一般家庭における
お雑煮のブリは、お餅と同じくらいの位置づけなのだと
思われますが、我が家のお雑煮と言えばやっぱりこれです。

それにしても、お餅を食べてごろごろ、うとうとしてばかりで
動かないと、全然おなか空かんなぁ…。
[ 2008/01/05 21:25 ] 食べもの | TB(0) | CM(3)

やっぱり時間差


遅ればせながら、今年の年賀状イラスト(クリックで拡大)です。

十二支の話(1月1日に神様のところへ挨拶に来た早い順から
12番目のものまでをそれぞれ1年ずつの大将にする…という、
動物たちに出されたお触れを、ネズミは猫に1月2日だと教えた
ため、猫は十二支に入れなかった)にあるように、ネズミに
やりこめられた図…ということで、ありがちな構図ですが(汗)
猫は去年出会った子たちの中の1匹がモデルだったりします。

確か去年、あんなことこんなことを書いたような気が
するけれど、日にちをあてがってちゃダメですね。
一応投函したのは去年…というか、大晦日だったので、
す…少しは進歩したかな…と………。

うーん、やっぱり来年のことは言うもんじゃないなぁ。
鬼が笑うどころか大爆笑だわ…。
[ 2008/01/05 01:49 ] たわいない話 | TB(0) | CM(4)

ねずみパンの行末は


お昼を買いに行って見つけた、干支ねずみパン。
そのかわいさと、「50個限定」のうたい文句でノックアウト。
物にもよるけど、限定と言われると弱いですね(笑)。
にしても、お昼の遅い時間だったのによく残ってたなぁ。
田舎はのんびりしたもんです。

で、帰って母に見せると、
「かわいいなぁ~、半分ちょうだい♪」
と言うや否や、私が返事もしない間にパックリと真っ二つ。
しかもタテ半分に割られてしまいました(泣)。
おいしかったけど…もうちょっとかわいさを楽しもうよ。
その後ひと思いに頭から丸かじりしようと思ってたのにー。
(↑どっちもどっち…)
[ 2008/01/04 00:31 ] 食べもの | TB(0) | CM(0)

リベンジのOH!正月

お正月、OHKではOH!正月。
OH!くんCMコレクター(自称)としては気の抜けない時期です。
特に去年、全部で4本だと思っていたOH!くんのお正月CMが
実は5本あり、幻の「いのしし編」を見逃し、録り逃すという
屈辱(←大げさ)を味わったため、昨日から時間を問わず
予約録画。もう見境ありません(笑)。

なお、「絶っっ対!自分の目で確認するんじゃー!」
という熱いOH!くんファンな岡山・香川県民の方はこれ以降
ネタバレしまくってますので、ご注意くださいませ。

全然OK!という方は続きをどうぞ。



Read More

[ 2008/01/03 00:37 ] OH!くん・ケダマ | TB(0) | CM(5)

白いはじまり(その2)

お参り後、お稲荷さんの近くにある公園へ。

枝に雪が積もって花が咲いているような桜並木。
陽が当たって風が吹き出すと、花びらが散るように雪がはらはら。
とけちゃうのがもったいないくらい綺麗で、寒さを忘れて桜の木の
下からその光景を眺めてました。
風花の舞う、冬の“桜”ってはじめて見たかも…。

他にも綿帽子をかぶった赤い実(たぶんハナミズキ)や普段見られ
ない景色を数時間かけて堪能。帰る頃にはとけはじめ。
「早起きは三文の得」って言うけど、ホントですね。

そして山の稜線から昇ってきた、時間的に少し遅い初日の出。
良い年になりますように。

昨年に引き続き、こんな感じで気ままにふらつくようなマイペース
日記になると思いますが、今年もよろしくお願いします♪
[ 2008/01/01 23:08 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(2)

白いはじまり(その1)

年が変わって2008年、明けましておめでとうございます。

さー今年も寝正月♪と思っていたのですが、何故か朝早くに目が
覚めてしまい、外を見るとうっすら雪が積もっていたので、融けない
うちに雪景色を堪能すべく、ふらふらと出かけてみました。

この時間なら少ないかも…と、まずは近所のお稲荷さんへ。
元旦に初詣なんて何年ぶりだろ。

雪だし寒いし誰も居なかったりして…と思った境内には家族連れが
数組。ただでさえ雪でハイになっている子供たちが交代で鐘をつき
鳴らしているのを見たり、たき火にあたらせてもらったり。
人が少なかったのでのんびり参拝できました。

規模はちいさいけれど、もちろん赤鳥居は外せません。
少し雪をかぶって、更に神聖さが増してるような…。
いつもよりご利益がありそうです。

お参りをすませての帰り、小高いところから見たいつもの町並みは
プチ別世界。しろーい!
テンション上がり気味でお稲荷さんを後にしたのでした。
[ 2008/01/01 23:02 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(3)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。