すろーらいふな日常

日々の出来事や思ったことなど。ひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

利害一致

突然、知り合いから渡された、トトロのカレンダーパズル。

このカレンダーがほしくて買ったけど、パズルはしないから組んで
ほしい、とのこと。そりゃ全然構わんけど…いいのかなぁ。

パズルは好きなので、たまに友人・知人に同じ理由で頼まれることが
あるのですが、購入する目的の大部分が「組んでいくこと」な私には、
どうにも理解しがたかったりします。
ピースがさくっとはまったときの爽快感とか、だんだん絵が出来
上がっていく工程がいいのにな~。同色で分かりにくい部分も、
集中してくると微妙な色や形の違いが判ってきたりして。
ちょっとした精神修養になるかも…なんて、ちょっと大げさ?(笑)

なので、もったいないなー…とは思うけれど、人それぞれ価値観は
違うものだし、「飾ること」に重きを置く方もいらっしゃるのでしょうね。
こんな小さいの見てたらイライラする!という話も周りでよく聞くし。

まぁせっかくなので1000ピース、じっくり楽しませていただきましょう。
白いとこや同じフォントの数字も多いし、やりがいがありそうです♪
スポンサーサイト
[ 2007/11/30 23:42 ] たわいない話 | TB(0) | CM(3)

金は10月、銀は11月

ここのところ植物ネタが続いておりますが、時期ものという事で
もうひとつ。

先日、国分寺の近くで見かけた、銀木犀(ギンモクセイ)。
キンモクセイより約1ヶ月遅れの開花で、今が見ごろのようです。
香りもだいぶおとなしめで、木の周りでもほのかに甘く香るほど。
元々はこれが原種なのに、変種のキンモクセイに御株を奪われて
しまった感はあるけれど、ちょっと控えめな感じが好きな花です。
ただ、あまり植えられていないので、見かけることは少ないかも。
うちの周りでも、中学校の庭にあったくらいだし。

当時、理科準備室に置いてある、ひとつだけ特別な容器に入っていた
しゃれこうべはホンモノ、という噂が流れていた事や、ビートルズの
「Yellow Submarine」の歌詞の中には変な日本語に聞こえる部分が
ある、と社会の先生に教えられ、英語の授業でこの曲が流れると
みんな大爆笑してまともに聴けなくなってしまった事など、この花を
見ながら中学時代を懐かしく思い出した、晩秋の午後だったのでした。
[ 2007/11/29 23:46 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

しあわせパワー

今朝、うちのお嬢さん方(シクラメンとアネモネ)のご機嫌を伺い
がてら、庭をうろうろしていたら、先日開墾(?)されたパセリ園の
となりに、ちいさな芽がぴょっこりと。

…もしかして、フクジュソウ?

写真を撮ってネットで調べてみると、どうやらそれっぽいです。
パセリが植えられたところからは微妙にずれていたようで、4つ出て
いたうちのひとつは少し痛んでいたけど、あとの3つは無事でした。
もうダメになったかと諦めていただけに、嬉しさもひとしお♪
何にしても、芽が出てるのを見つけたときは嬉しいものですけどね。

しっかし夏の間放置しまくって、近くの土を掘り返されたりしたのに
芽が出るなんて、結構たくましい花だったのね~。
“福寿草”の名の通り、たくましいしあわせがいっぱい増えますように♪

でも「たくましいしあわせ」ってどんなんだろう…(←ひとりつっこみ)。
[ 2007/11/28 23:52 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

きみはモンブラン

スーパーで見かけた、サンローゼのデザートシリーズ第3弾。

たまご型容器で見た目もたまごな、「きみこいし」。
やっぱりダジャレ系のネーミングなのね(笑)。

メタボの脅威と戦いながら新しい商品を開発し、商品会議で
いい大人たちがすごいまじめに名前を考えているのかと思うと
(でも個人的にはOH!くんの命名会議(※)っぽいイメージ)
ステキすぎます。サンローゼ。

おいしくて、思わずくすっと笑えるようなネーミングのステキ
デザートをこれからも期待しております♪
…と、神戸に向かってひっそりエールを送ってみたり。


※まだ、OH!くんと名前が決まっていなかったとき、OHKさんの
 社内では「OH!くん」「OH!ちゃん」と呼び方が割れていたため
 混乱を避けるために開かれた会議。手相や姓名判断で決めよう
 という案もあった中、結局視聴者投票で「OH!くん」に決まった。
[ 2007/11/27 23:29 ] 食べもの | TB(0) | CM(0)

冬の庭に彩りを(その2)

11月上旬に、蒔いた種から芽が出たことを書きましたが、その後
発芽した二葉は何個か増えたものの、そこからほとんど生長せず。

気温が下がってきたので生育が鈍くなるのは当たり前なのですが、
本葉も出ていない状態の冬越しは難しいため、ビニールハウスで
育てることにしました。

で、シクラメンたちと一緒に購入した、簡易ビニールハウスをセット。

風通し悪くなるし、本当はあまり過保護にしない方がいいんだけど。
ていうか水やり以外、割と放任主義なんだけど(笑)。
あまりに小さすぎて、どのサイトを見ても「冬越しは無理」と書いて
あるし…。でも、せっかく何個か芽が出たのに、このまま寒さに
やられるのもかわいそうなので、できるだけの事はやってみよう。
…というわけで、温室生活スタートです。

裏庭に、“お嬢さん”がまたひとり。
[ 2007/11/26 23:07 ] 観察日記 | TB(0) | CM(0)

冬のお嬢さん

昨日、裏庭デビューした新入りさんたち。

シクラメンの中では小ぶりで比較的育てやすい(らしい…)
ガーデンシクラメン(手前の3色)と、アネモネ。
鉢植えなら簡単だったのですが、ビニールポットのものを購入
したため、一夜漬けで得た知識を元に、シクラメンは鉢植えに。

アネモネは地植えにしました。

それにしても…これからの時期咲く花で、「寒さに強い」との
説明書きに惹かれて購入したのですが、必ずしも
「寒さに強い」=「丈夫」=「育てやすい」
ということではないのですね。勝手に勘違いしてました。
育て方を調べてみると、どちらも割と手をかけなければ咲かなく
なったり、病気や害虫がつきやすかったりで枯れてしまうこともある
のだとか。難しいと聞いたことはあるけどそんな繊細だったなんて。

お…お嬢さまだ……。

少なくとも、うちの庭にはいないタイプです。
放置気味でも毎年咲いてるし。気付いたら種類も増えてるし。
うーん…ちょっと場違いだったかな(汗)。

ワイルドな環境に置かれたお嬢さま方、これからよろしくです。
[ 2007/11/25 22:44 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(2)

燃ゆる備中路

今日は少し早起きして、午前中は昨日買ってきた花を母と鉢植えに
したり地植えにしたりと、プチガーデニング(こちらはまた後日)。
あまりに天気が良くて暖かかったので、お昼から再びふらり。
高梁市成羽(なりわ)町の吹屋ふるさと村へ。

町並みを外れて、まずは吹屋小学校。
現役の校舎としては日本最古のもの。中に入れないのが残念
だったけど、木造の校舎ってあたたかみがあっていいなぁ。

そして山間部に突然現れた赤い町並み。吹屋のメインストリート。

壁や格子が赤いのは、弁柄(べんがら)という塗料を使ってあるため。
吹屋は銅山で栄えた町で、日本で唯一の弁柄の製造地だった
らしく、江戸時代にはそれなりに名が知れていたところなのだとか。
瓦は石州瓦で、島根から職人さんを呼び寄せ、当地で作ったもの
だそうです。家を建てるとき赤銅色で合わせたんかな?


赤い町並みに真っ赤な花(チロリアンランプ)も映えていい感じ♪
写真はやっぱり閑散としてますが、観光客の多さには驚きました。
小さい頃何度か来たことがあるけど、「さびれた観光地」という印象の
町だったので(苦笑)。当時はこの町並みのよさも解らなかったし…。
でも、昔は唯一の弁柄の産地だったり、重要伝統的建造物群保存
地区に指定されたのは倉敷の美観地区よりも先だったりと、
何気にすごいところだということを知ってびっくりです。
天気にも恵まれて、意外な再発見もできた“赤い”連休となりました。
でも今度遠出をするときはちゃんと早起きしよう…。

おまけ。

「ようおいでんさったなぁ(よく来られましたね)」
と、お出迎えしてくれた柴犬系ミックスわんこ♪(←柴犬好き)

ちょうど帰ってこられた飼い主の方によると、観光客の方によく
写真を撮られるようで人馴れはしているけど、人によっては結構
吠えるらしいです。吠えられなかったのでちょっと嬉しかったり。
写真を撮るとき、わんこに動かないよう言ってくれた飼い主の
おじいちゃん、ありがとうございました~!
[ 2007/11/24 21:33 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(0)

燃ゆる吉備路

今年最後(私にとって)の連休初日、いつもよりちょっと足をのばして
邑久町のバルーンフェスティバルに行ってみよう!と思っていたの
ですが………二度寝してしまって見事に寝坊(泣)。
急遽予定を変更して、いつもの吉備路へ。

世間では3連休の初日とあって、さすがに観光客の多いこと。
平日では考えられない人の多さです。ちょっと裏側に回るとあまり
人も歩いてなくて、いつもの雰囲気だったけど。
五重塔の周りに植えてあるカエデも真っ赤に色づいて、まだまだ
秋の余韻を楽しむことができました。


デジカメでもケータイでも、いつもホワイトバランスや露出(明るさ)を
調節し忘れてしまうのですが、今回は周りにいらした一眼レフ集団に
触発されてその事を思い出し、いろんなモードで撮ってみました。
四苦八苦した挙句、どうにか見た目の色に近づけたかなー…なんて、
自己満足(笑)。紅葉は(も)ホント難しいです…。

で、本日のメイン、農マル園芸へ。
お目当ては、ここで開催されているシクラメンフェアの会場で今日
明日と催される、「かがり火の夜」というライトアップのイベント。
近場だし、本当は明日行こうと思ってたのですが…まぁいいか(笑)。

着いたとき、ちょうどスタッフの方がキャンドルに火を灯して回られ
てるところでしたが、薄暗くなってくると灯火がぼんやりと花を照らして
幻想的な世界に。やっぱりろうそくの灯りっていいなぁ…と、うっとり。
ちなみに、シクラメンはその花の形から「篝火花」とも言うそうです。

ただ、ここの花は全て売り物なので、近づくと葉っぱに値段の
ラベルが貼ってあるのがたまにキズ(苦笑)。
でもすごーく綺麗だったので、思わず買って帰ってしまいました。
手入れがちょっと難しいとか聞いたことがあるのを帰り際に思い
出したけど…。が…がんばるぞー!(汗)
[ 2007/11/23 22:54 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(0)

月のバーガー

帰り道、空を見上げたら月光冠。

(家に帰ったら見えなくなっていたので、写真は普通の月と柿)

なんか月見バーガーが食べたくなるなぁ(てりたまバーガーでも可)。
…なんて、飢えた思考でぼんやり眺めていたけど、気付けばもう
ずいぶんマクドナルドとか行ってないです。5年くらい。

以前は冬限定のグラコロバーガーにハマりまくり、結構頻繁に
通ってたものですが、たまにそれ以外のものが食べたくなったとき
ドライブスルーに入ると、メニューを選ぶ間もなくお店のお姉さんに
注文を聞かれるわ、後ろの車は待ってるわで、あわあわしながら結局
グラコロしか頼めず、シーズン中はそればっかり食べてたことがあった
っけ。それから行ってないような(ドライブスルー便利だけど苦手…)。
結果、太ったということとか(苦笑)、嗜好が変わったということもある
かもしれませんが、いくら好きでもほどほどに、ということですね。

たまには行ってみるのもいいかなと思うけど、今の時期はもう
食べたくなった月見バーガーも終わってるだろうし…。
明日の朝はお手軽に、食パンでハムエッグサンドです(予定)。
[ 2007/11/22 23:33 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

たまげるほど

辞書で調べものをしていたとき、何気なく目に入った言葉。

「魂消る(たまげる)」

文字通りぎょっとしてしまったけど、こんな漢字だったとは。
ていうか、漢字あったんだ…。ひらがなだけかと思ってました。
文字だけ見るとなんとなく怖い印象ですが、「兎に角(とにかく)」
よりは、まだこの漢字をあてた意味は解るような。
でも魂が消えそうになるほどの驚きってどんなんよ…。

…こんな感じ?
[ 2007/11/21 22:59 ] たわいない話 | TB(0) | CM(2)

どんぐりこ


北風が吹きすさんでいたこの数日、外に出ると足元は
“どんぐりころころ”状態になっていました(池はないけど)。
庭のドングリの木から毎日大量のドングリが落ちてくる時期になり、
そのまま放っておくと春に芽が出てまた新たな木が育ってしまうので
見つけたら拾っていくのですが、もうキリがありません。
猫の手…いや、リスの手を借りたいくらい。

大抵、転がっているのは帽子の取れたドングリだけど、時々帽子
つきのものを見つけると、ちょっと嬉しくなります。
小さい頃から私の中で勝手に決めていたラッキーアイテム的
存在だったのですが、今日はこんなかわりものを発見しました。

ちびっこドングリ。
こんなに小さいと、帽子というよりカゴですね(笑)。
[ 2007/11/20 22:11 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

裏庭陣取り合戦

昨日は県北でも初雪が降ったらしく、この辺りも朝は初霜が
降りていて、この秋いちばんの冷え込みになりました。

霜に弱いエンゼルトランペットはまだまだ花盛りで大丈夫そう
だったけど、最初は1株だけだったこの花、今や5株にまで増えて
いたりして、裏庭の勢力図(?)が変わってきています。
いたるところに挿し木をしている父の仕業なのですが。1株だけ
でも2m以上に育って茂ってるのに、こんなに増やしてどうするんよ。
狭い庭がますます狭くなるー…と思っていたら、思わぬ伏兵が。

庭の片隅にあった家庭菜園(らしきもの)の領土が拡大。
今年の春先、地植えにしたフクジュソウの場所に母がパセリの種を
蒔いてました(泣、区切りをしてなかった私も悪かったんだけど…)。

そのうち、残されたわずかなエリアもエンゼルトランペットと
“オカン農園”に侵略されそうです。安住の地は何処に…。
[ 2007/11/19 23:31 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

補助刃希望


夜、放送されていたフィギュアスケート。
いつも華麗な滑りと数々の技にうっとりしてしまうけど、よくあの
ものさしのような細い刃先で滑ったり跳んだり回ったりできるなぁ。
地面に接してる面はほんのわずかなのに。
まっすぐ立っていられること自体、不思議です。

スケートができない、という人にその話をしてみても、
「まっすぐ立つくらいはできる」
と言われるのですが、私はそれすら出来ません。
スケートシューズを履こうものなら、歩けないわ立てないわで身動きが
取れないし、何かにつかまれば立つことはできるけど、ただそれだけ。
支えを失った途端、足が内側か外側に向いてしまい、えらい格好に
なってしまいます(苦笑)。手すり磨き以前の問題ですね。

シューズにソリみたく、刃が2本付いてれば滑れると思うんだけどな…。
[ 2007/11/18 23:58 ] たわいない話 | TB(0) | CM(2)

さよなら、西口駅舎


この数年で橋上駅舎やショッピングエリアもできたりして、劇的に
変わった岡山駅(主に東口)。以前の印象がまだ残っているからか
構内でお店や道を聞かれても、未だによく分かりません(苦笑)。

対照的に西口は今まで手付かずでしたが、とうとうこの西口駅舎と、
吉備線・津山線ホームも改良工事で取り壊されるらしく、今日が
両者を利用できる最後の日でした(ホームは明日から東隣へ移動)。
8月、サマーカーニバルでままかりへ行ったとき、西口改札を出たら
何故か切符は手渡しで、田舎の最寄り駅ですら自動化されてるのに…
と不思議に思っていたけど、こういう理由があったのね。

以前から岡山に行くときは西口周辺を利用することが多かったので
大きな東口より、こじょっこらとした西口の方がなじみがあったの
ですが、工事終了後は広場になり、改札は閉鎖。駅舎が見られる
ことはもうないそうです。
時代の流れとはいえ、なんだかさみしいなぁ…。


西口駅前(上)と駅舎の全景(下)。写真はいずれも以前撮ったもの。
70年近い歴史の中で利用したのは十数年ほどだったけど、それなりに
思い出のある風景でした。
さよなら、西口駅舎。今までありがとう。
[ 2007/11/17 23:08 ] そのほか | TB(0) | CM(0)

気温乱高下

「曇りのち晴れ」の天気予報ははずれて、昼前から雨がしとしと。
あまり気温も上がらず、昼間でも白い息が見えてました。
今までの最高気温は20度前後で、街を歩く人々の格好もまちまち
だったけど(コートを着てる人がいるかと思えば、まだ5分袖の人も
いたり。蒜山では半袖半ズボンでソフトクリーム食べてたツワモノも
いたっけ…)さすがに今日はみなさん冬仕様になってましたね。
今年は季節の変わり目が極端です。

で、雨降りの後はよく被写体になっているアルストロメリア。
気持ちいい程水をはじくので、花だけでなく葉っぱも好きな植物です。
暖かかったからかまだ青々としているけど、冬になると地上部が
枯れてしまうので、今のうちに水玉模様を楽しんでおかなければ。

これから一雨ごとに確実に気温が下がって季節は冬へ。
できればゆるやかに移ってほしいなぁ…。
[ 2007/11/16 22:45 ] 自然 | TB(0) | CM(2)

地元銘菓探訪

普段、地元銘菓を口にすることはあまりありませんが、駅や高速
道路のSA等、お土産売場をうろうろ見て歩くのは結構好きで、時々
気になったものを「味見」と称して買うことはあります。
この間も、かわりものを見つけて思わず手が伸びてしまいました。
岡山産の桃太郎トマトを使用した、佐野屋の「完熟トマトゼリー」。

生のトマトは大好きだけど、加工されたものはちょっと苦手なので
どうだろう…と思いながらも、インパクトと好奇心にはかなわず購入。
開けてみると、ゼリーの中には確かにトマトが丸ごと、ごろっと1個。

写真のウデがアレなのであまりおいしそうには写ってませんが(汗)、
恐る恐る味見してみたら、意外とおいしくてぺろっと食べられました。
これだったらトマトが苦手な人にもすすめられそうです。

知らない間にいろんな種類が増えている地元銘菓も、なかなか
侮れません。たまには旅行者気分で見てみるものですね。
[ 2007/11/15 23:50 ] 食べもの | TB(0) | CM(0)

知らぬ間に2

昨日、空港で見かけたご当地もの。

岡山国体のキャラクターだったはずなのに、いつの間にか県の
キャラクターになっていた「ももっち」のバス、ももっちライナー。
こんなバス岡山駅前走ってたっけ?と思ったら、福山駅行きでした。

そして空港内のお土産売場には飛行機に乗ったOH!くんが。
岡山駅だけでなくここにも進出していたとは。さすが岡山名物!
できれば売場にも、ちょこっとグッズや畠山製菓のOH!せんべい
(岡山駅の構内で売られてたのも無くなっててちょっとショック…)
置いてほしいなー…って、空港を利用したことのない私が言うのも
何ですけど。

ちなみに、OHK看板の飛行機雲の上には、「岡山名物テレビ局」
と書いてあります(笑)。確かに名物です。
当たり前のように見ていると、他県でフジテレビ系列局を見たとき
何か物足りなく感じるほど(特に画面右上と天気予報)。
[ 2007/11/14 23:25 ] OH!くん・ケダマ | TB(0) | CM(2)

飛行機雲の向かう先

今日も朝からぽかぽか陽気の晴天。
こんな日に家でじっとしていられるわけがなく、ドライブがてら
今まで一度も行ったことのなかった岡山空港へ。

空港は山のてっぺんにあるので、空が近く感じます。そして広い!

旅客機を今までいちばん近くで見たことあるのは新大阪(駅の真上が
空路になっているらしく、新幹線を待つ間に何機も飛んでいきます)
というレベルだったので、こんな間近で飛行機をはじめて見ました。
でも意外と小さかった…(ジャンボ機じゃないからねぇ)。

なので、当然飛行機は一度も乗ったことがありません。
「飛行機は靴を脱いで乗るんで」
と、周りからからかわれることもしばしばあったり(笑)。

到着してから搭乗できるまで、新幹線だと10分くらいだけど飛行機は
荷物を積んだり降ろしたり、タンクローリーが燃料を入れに来たりで
30分はかかってたかな?飛行機に携わる仕事とかテレビドラマで見て
知ってはいたけど、離陸するまでにはいろんな作業があるんですね。

そして数々の作業の後、東京行きのANA機、離陸。かっこいいー!
一度は乗ってみたいなと思うけど、たぶん沖縄とか海外に行くとき
くらいだろうなぁ…。この空港の主力路線は東京便ですが、東京まで
ならやっぱり新幹線に乗っちゃいます。500系のぞみ好きだし(笑)。
岡山からだと3時間はかかるけど、車窓の風景を見て、だんだん
近づいてるんだー…っていうわくわく感も好きだったりするので。

まぁ70分で羽田に着く飛行機も魅力的ですけどね。
いつか空からの富士山も見てみたいなぁ~。
[ 2007/11/14 00:21 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(2)

緑のモスラ

「裏庭に巨大な幼虫がおった!」
と、昨日、母が興奮気味に話しながら見せてくれたもの。

見つけて思わずスケッチしたらしいです(笑)。リ…リアル…。

そして今朝、花の水やりをしたあとまだ居るか探してみると、確かに
居ました。葉っぱの裏に体長10cm強はある、でっかい謎の幼虫が。
うわー…こんな大きいのはじめて見たわ。
と、まじまじ眺めてみましたが、アオムシが葉っぱを食べているところ
って結構かわいくて好きだなぁ。ちょこんと出てる前足(?)もらぶりー♪
以前、裏庭で大発生したアオムシが水滴の水を飲んでるところを見た
ことがあるけど、みるみる水滴が小さくなっていく様がおもしろくて、よく
眺めておりました。1匹1匹の動作を見てると意外とかわいい存在です。
たくさん居ると気持ち悪いけど(苦笑)。

しっかし幼虫でこのサイズ…。
成虫になったら一体どんな姿になるのやら。

あ、ちなみに写真も撮ったのですが、苦手な方もいらっしゃると
思うので、どんな幼虫かご興味のある方はこちらをどうぞ。
[ 2007/11/12 22:42 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(2)

最強のお国言葉

夜、テレビを見ていたら
「全国の子供が集まるとみんな関西弁になる」
という噂を確かめる実験をしていたのですが、標準語の子を
除いては、東北も名古屋も九州も確かにみんな染まっていました。

あー…でもこれ、覚えがあるなぁ。
小学生の頃、近所に関西から引越してきた姉妹がいて、よく同じ
町内のみんなと一緒に遊んでいたのですが、そのうち全員関西
なまりがうつってしまい、ベースは岡山弁なのにイントネーションは
関西という怪しげな方言をしゃべっていたものでした(笑)。

その姉妹は半年ほどでまたどこかへ引越してしまったので、町内の
小学生の間で飛び交っていた怪しい言葉も元通りになっていったの
ですが、今考えると、岡山の地で、しかも2人対5人なのに逆に染め
られてしまう関西弁ってすごすぎです。
他地域に行ってもなまりが抜けにくいと言われる所以が解ったような…。
[ 2007/11/11 23:52 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

元祖チョコフォンデュ

以前、仕事先の知人が
「今日誕生日なんじゃけど。誕生日なんじゃけど!」
と、何かくれと言わんばかりにからんできたので、同僚と笛吹き
ラムネとかお子様菓子の詰合わせをかわいくラッピングして贈った
事があったのですが(笑)、たかがお菓子と侮ってはなりません。
これなんてある意味、チョコフォンデュ。

明治の「ヤンヤンつけボー」。
実は先日、別の知人とチョコフォンデュの話で盛り上がり(でも
お互い食べたことがないので想像上の話)、お菓子コーナーで
ふと目に留まって購入したもの。安上がりじゃのう(苦笑)。
記憶の中ではもっとチョコがとろとろなイメージだったのですが、
意外と固めでした。レンジでチンすればよかったかな…。

まぁこれはこれでおいしかったけど、いつか噴水のように流れる
チョコレートに果物をひたして優雅に食べてみたいものです♪
[ 2007/11/10 23:20 ] 食べもの | TB(0) | CM(0)

猫との遭遇

幻日に遭遇する確率は上がり気味ですが、猫と出会う確率もかなり
上昇していると思う今日この頃。昨日も5匹ほど見かけました。
近づいたらみんな逃げてしまったけれど(涙)。
やはり半径2m以内には近づけない何かがあるようです。
「2m以内に近寄るべからず」とか野良猫世界の掟があるのかも。

この猫は警戒心たっぷりで、木陰の下からこちらを窺っておりました。
別に獲って食べたりしないのに。大抵いつも片思いだなぁ。
でかいのが妙なもの(カメラ)片手に近づいてくるから怖いのかと
思って、なるたけ姿勢は低めにしてじりじりと近寄るのですが、
その姿をハタから見たら、たぶんすごい不審者ぶりだと思います。

通報されない程度に、いつか懐っこい子と出会えることを願って。
[ 2007/11/09 23:09 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(2)

空のいろいろ

今日は終日、巻雲と飛行機雲の広がる空。
そんな1日の終わりに、やっぱり出現した幻日(太陽の右側)。
この間から遭遇率上がり気味でちょっと嬉しかったり♪

最近、夕暮れの空ばかり撮ってる気もしますが、今日のような
雲が広がる空は見ていて飽きないので、特に色の変化に富んだ
夕暮れ時はついつい目がいってしまいます。
毎日同じように日は昇って暮れるけど、全く同じ空は二度とないし。

この雲も、葉っぱのような形から鳥の羽根、そしてまた違うものへと
みるみる姿を変えていきました。今度は何になるんかな~?
[ 2007/11/08 23:52 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

最後まで2

先日ここで書いた色鉛筆のその後。

こんなに短くなりました(笑)。
オレンジも急激に短くなりましたが、ピンクは現在約1cm。
そろそろ削るのも使うのも限界です。今のところ指は削っていない
ものの、削ってたらゴミ箱の中に落ちて一瞬行方不明になるし。
使ってたら親指のつけ根がつりそうになるし(ていうか、つりました)。

それなら新しいのを使えばいいものですが、ここまでくると更に
限界を目指したくなるというか、意地でも使い切ってしまいたい
衝動(?)にかられるというか。いつも妙なところで燃えます(笑)。
貧乏性とか言っちゃいけません。
[ 2007/11/07 23:57 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

ワイルド御神輿


9月中頃に撮った、現の証拠(ゲンノショウコ)。
腹痛の民間薬で、名前の由来は、この植物を煎じて飲めば、すぐに
効き目が現れることから。飲んだことないけど、即効性があるのかな。
西日本には赤紫、東日本には白花が多いそうなのですが、近所に
生えていたのは全て白花でした。

この花のことを調べていたとき、実が熟してはじけた姿がおもしろくて
群生していた花もそろそろ全部熟してる頃だろうと今朝寄ってみたの
ですが、時期が遅かったのか全部枯れてヘナヘナになってました(涙)。
なので、10月に撮った、はじけはじめたばかりの姿を。

ぼんやり写っている、まだ緑色の実が熟してはじけると、こんな
姿になります。別名の御輿草(ミコシグサ)は、この形を御神輿の
屋根に例えたもの。
丁度この時期は秋まつりだし、みやびな名前じゃのう。
今年は見損ねたけど、来年はたくさんの御神輿が見れるといいなぁ。
[ 2007/11/06 23:59 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(2)

馬にニンジン

夕べは半分寝ていたので書きそびれましたが(苦笑)、最後に
寄った蒜山高原ライディングパークでのできごと。

ここでは乗馬体験ができたり、馬にニンジンをやることができるの
ですが、特におもしろかったのが、エサを目の前にしたときの反応。

歯をむき出してくる子や、やたらウロウロして落ち着きのなくなる子。
前足で地面をダンダン叩いて催促してくる子もいたり。
やっぱり十把一絡げに馬と言ってもそれぞれに個性があるものだなぁ
と、高校のときリアルタイムで読んでた「動物のお医者さん」を思い出し
ながら目の前にニンジンちらつかせて反応を楽しんでいました(鬼…)。
まぁあれはひとくせもふたくせもあるような個性的な馬ばかりだったけど、
この馬も結構個性的…かも。

3枚撮って3枚ともこんな顔でした。なんか悟り開いてそう…。
[ 2007/11/05 23:26 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(3)

初冬の地へ

テレビでにゃんこを見ながら、まったりと和んでいたお昼前。
買物から帰ってきた両親が、蒜山へ紅葉を見に行こうと言い出し
たぶん多いぞー…と思いつつ、お昼から蒜山高原へ。

このトーテムポールのようなものは、蒜山に伝わる伝説の妖怪
「スイトン」。悪人がいると、どこからともなく“スイー”と飛んできて
“トン”と立ち、真っ二つに引き裂いてその大きな口で食べてしまうの
だそうです。怖いけどある意味、ゆるキャラかも(笑)。

で、目的の蒜山大山スカイラインを目指していたのですが、やはり
シーズン中の日曜日ということもあって、道に入るまでプチ渋滞。
しかもスカイラインの途中にある、鬼女台(きめんだい)展望休憩所は
満車で入口まで車があふれている状態でした。こ…ここまでとは…。

展望台に入れなかったので、眺めのいいところに車を停めてパチリ。
天気がよければ蒜山が、反対側には大山が一望できるんだけど…。
晴れてきたと思ったら小雨が降り出したり、また晴れ間がのぞいたり
雲が近いぶん、山の天気は変わりやすいです。そして寒い!!

写真では閑散としていますが(汗)、鳥取県側のスカイライン入口に
あった気温計を見ると、9度しかありませんでした。家と10度近く違うよ…。
いきなり晩秋から初冬に放り込まれた気分です。


でもさすがにそこまで気温が下がると、原生林や高原のあちこちは
平地に比べてだいぶん色づいておりました。
秋の短い中国山地。今年は暖かかったし、平年より更に短そうです。
ここが雪景色になるのも、もうすぐなんだろうなぁ…と思いながら
帰りに寄った、蒜山高原ライディングパークにて。

はい、また来ます。今度は平日に。
[ 2007/11/05 01:49 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(0)

冬の庭に彩りを

10月上旬に種を蒔いて、約1ヶ月。
やっとひとつ発芽しました♪1cmに満たないくらいちいさな芽です。

他にも、これから頭をもたげてくるのかなー?という感じの、
茎だけが見えた状態のものもちょこちょこ出てきていて一安心。
てっきり、蒔いたとき土をかぶせすぎたか、毎日の水をやりすぎて
種がダメになったのかと半分諦めていました。よかったー。
でもこれから気がかりなのは、気温が下がって霜が降りること。
寒さに強いとは書いてあったけど、あまり寒くならないうちにもう
少ししっかり育ってほしいんだけどな。

って、だいぶん育った頃、実は全く別の植物でした、なんてオチが
待っていたらどうしよう。蘇るチドリソウの悪夢(というか、赤恥…)。
[ 2007/11/04 00:04 ] 観察日記 | TB(0) | CM(0)

希望的計画

11月に月が変わって、お店のディスプレイは一斉にハロウィンから
クリスマスへ。お歳暮商戦やおせちの予約もはじまったりして、
今年もそろそろ終わりですよーと、言われてるような雰囲気です。
なんか1年って早いなぁ…。
この間、年賀状を書いたような気がしたのに(しかも元旦に)。
民営になった郵便局からも年賀葉書が発売されたことだし、同じ
轍を踏まないよう、元旦には届くつもりで準備をしなければ。

今年も残すところ、あと2ヶ月。
もう来年のことを言っても鬼は笑わないんじゃないかと思いますが
とろいのは毎年の事なので、実現できるかどうかはかなり謎です(汗)。
[ 2007/11/03 00:03 ] たわいない話 | TB(0) | CM(2)

瀬戸の海は夕暮れて(その2)

すっかり陽も落ちてちょっと肌寒くなってきたし、そろそろ帰ろうと
波打ち際から振り返ると、松林の中に動く影。あれ?もしかして…。

やっぱり猫でした♪しかもかなりの数!


写真に写っている子たちは、ほんの一部。
見かけただけでも10匹以上居ました。昼間は滅多に見ないのに。
日没後の渋川海岸は猫が集まってくる“猫海岸”になるようです。
でもそばに寄ると、やっぱり距離を置く渋川の猫たち。

その中で、この子たち(たぶん親子)だけは近づいても逃げて
いきませんでした。かといって甘えてもこないマイペース。

そのうち寒くなったのか、ぴったりと寄り添う親子。
割と気温が高めだったのであまりピンと来なかったけど、気付けば
柿の実も色づいていた、10月のおわり。
これから野生で生きるものたちにとって、厳しい季節がやってきます。
[ 2007/11/02 00:41 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(4)

瀬戸の海は夕暮れて(その1)

昨日、気になっていたところを回り、一部リベンジを果たしたものの
海まで来てこのままおとなしく帰るはずもなく、一路渋川海岸へ。

風景写真を撮ると、どうも閑散とした感じになってしまうのですが
平日でも訪れている人は結構いて、釣りをしたり、散歩をしたり。
丁度満潮だったためか波は少し高めだったけど、風が気持ちいい~♪

ちなみにここはOHKのCM「夏だ!GOGO!!セレクション」で
OH!くんが踊りまくっていたと思われるところ(笑、ローカルネタ…)。
残念ながら、OH!くんは居ませんでした(当たり前)。

波打ち際の心地よさにうっとりしながら、かなりまったり、ぼんやり
した時間を過ごした頃、ふと気付くと太陽の左側に幻日発見!
出ていたのは片方だけだったけど条件が良かったようで、はっきり
とした虹色でした。うわぁー!まさかここで幻日が見られるなんて。
いつどこで現れるか分からない現象。だから空って好きなのです♪

それからも陽はどんどん傾いて、空も少し赤みがかった黄金色に。
砂浜の整備をしていたおじさんも立ち止まって眺めておられました。

空は広いし、何より海は目の前。好きなものがつまった風景。
やっぱり海で眺める夕暮れは壮観です。
[ 2007/11/02 00:38 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。