すろーらいふな日常

日々の出来事や思ったことなど。ひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

珍客、来たる

帰宅して家に入ろうとすると、溝の端にゆっくり明滅する光が
動いていて、何…?と思って見てみたら、何とホタルでした。

いくら田舎と言っても、自宅の周りは家が立ち並んでいて水辺も
無く、とてもホタルが飛び交うような環境ではありません。
この辺りの誰かが捕まえたのが逃げ出したのか、それとも迷って
川から飛んできたのか…。

何にしても、ここでは生きていけなさそうなので、捕まえて空き
容器に入れ、花めぐりのときには大抵ふらついてる小さな川へ。
子供の頃、よくここへホタルを捕りに来ていたので(今は当然ダメ)
仲間はたくさんいるだろうと思っていたのですが、ちらほらとしか
飛んでなくてびっくり。昔はもっとたくさんいたのに…。
ちょっと時期が遅かったということもあるのかもしれないけど。

ここで迷いホタルを容器から出すと、勢いよく川へ飛んでいきました。
捕まえたときはちょっと弱々しい感じだったので一安心。
やっぱりカゴの中より自然の中がいちばんです。飛ぶのも、見るのも。
スポンサーサイト
[ 2007/06/30 22:11 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(2)

商品開発は命がけ

昨日、スーパーで見た目のインパクトに惹かれ、ちょっと高かった
けど思い切って買ってみたもの。

サンローゼの「濃厚!!おやじぷりん」。
渋い見た目とイラストが描いてある以外、どこらへんが『おやじ』
なんだろう?『苦み走ったカラメル』ってトコかな?と思っていたの
ですが、プリンが置いてあるそばには開発秘話(?)の説明書きが。
読んでみると、このプリンは商品開発のため、メタボリック症候群も
かえりみず、試作品の試食を繰り返したおやじたちの挑戦の末に
できたものなのだそうです(ちょっとウロ覚え)。

そ…そんなにまでして(汗)。
プリンひとつ作るのも、ある意味命がけなんですね…。

そんな『おやじ』たちの悲哀と情熱がつまったプリン、書いてある
通りかなり濃厚で、本当にぎっしりつまってる感じ。別になっている
カラメルだけ舐めてみたら確かに苦かったんだけど、プリンにかけて
一緒に食べたら意外にも、程よい甘さで美味でした。
まさにからまるハーモニー…!(商品違います)
[ 2007/06/29 22:40 ] 食べもの | TB(0) | CM(0)

踊る東京湾岸署

今朝、新聞を見ていた母の一言。
「来年、東京に湾岸署ができるんじゃって」

わんがんしょ?
って、『湾岸署』―――っ?!!

記事を見ると、正しくは「東京湾岸署」だったのですが。
「踊る大捜査線」好きとしては見過ごせないニュースです。
い…いいんですか。警視庁さん。
やっぱりマスコットキャラクター作ってグッズ販売しちゃったりとか
割と気楽な感じで署内見学できたりとか、スリアミのような上司が
コントを繰り広げていたりするステキ警察署になるのでしょうか(笑)。

…まぁそんな妄想はさておき、青海に出来るということだし、お台場
方面、もう5年くらい行ってないし、そもそも某会場(笑)以外回った
こともないから、また上京することがあったら行ってみようかな~♪
などと企んでいたりする地方人がここにひとり…。

というわけで、先日見かけてついつい反応してしまった看板。

がんばれ、ピーポー…いや、ピーポくん
メトロポリタンポリース♪
[ 2007/06/28 21:58 ] TV・DVD・ゲーム | TB(0) | CM(0)

158ページの冒険

先日、ホタルブクロの花を見て二十数年ぶりに読みたくなった本
諦め半分で探してみたら、あっさり見つかりました。

というわけで、文庫版ゲット。表紙は変わらず。
なつかしー!と、ぱらぱらめくっていたら、あっという間に読みきって
しまい、ちょっと拍子抜け。内容も同じなのに、こんな短かったっけ?

当時は歳が近かったこともあり、体は大きいけど気の小さい主人公に
感情移入しまくって、一緒にドキドキしながら読んでいたものですが、
作中で、年々広がっていく行動範囲にわくわくしたり、大人にとっては
大した距離でなくても、子供にとってはじめて通る道はもうそれだけで
大冒険だったり…その頃はまさにリアルタイムだったわけで。
今読むと、気付けば、「そうそう。こんなことあったわ~」というオトナ
視点で見てる自分がいて、ああ、年取っちゃったなぁ…と(苦笑)。
まぁ子供の頃と視点が違うのはどうしようもないんだけれど。

でも、何年経って読んでも、ホタルブクロを取りに行く“冒険”によって
成長していく主人公を見てると、何だかほんわかした気分になります。
1975年に初版が発行されてから今もなお、本屋さんに並んでいる
ところを見ると、名作って時代を越えて残っていくものなんですねぇ。
[ 2007/06/28 02:06 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

羨望のまなざし

この間、帰り道に見かけた自販機にて。

「ええのう。これ、飲んでみたいのう」
と、缶コーヒーに熱い視線を送っているカエル。
人間の私にだって、渋味や苦味が消え去るまでミルクや砂糖を
入れないと飲めないのに(おこちゃま)。オトナじゃ…。

なんて、脳内アフレコ(笑)していたら思い出したので、もうひとつ。
先日、水族館で友人が発見したヒトデ。

「いいな いいな にーんげんっていいな♪」

…某アニメのエンディングが聴こえてきそうな体勢です。
それにしても、海のいきものを「見に行ってる」はずなのに、この
「見られてる感」は何でしょうか…。
人間ウォッチングされてるみたいで、ちょっとこわい(汗)。
[ 2007/06/26 22:41 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(2)

電池パックにご用心

携帯電話の機種変更をしてから1年半、換えたばかりの頃は
FOMAって何て電池を喰うケータイなん?!と思っていたものですが
この数日、フル充電しても夜まで持たなくなり、電池パックのフタが
不自然なまでにふくらんできたのでドコモショップへ。

最近、この手のトラブルが多いとか新聞に載っていたので、まぁ
間違いなく電池の劣化だろうと思っていましたが、やはりそうでした。
リチウムイオン電池は使い切ってから充電すれば長持ちする、という
ことは知っていたけど、ドコモのお姉さんいわく、充電中に操作をする
のはよくないらしいです。知らんかった…。気をつけよう。
何にしても、無償交換してもらえてよかったよかった♪

そういえば…待ち時間に新機種のモックアップやらカタログやら
見ていたのですが、もう多機能すぎて訳が分かりませんでした。
今使ってる機種についてるBluetoothやおサイフケータイ機能もイマイチ
理解できていないというのに。次の機種変更時はどうなっているのやら。
シンプルなシニアケータイしか使えないかも(汗)。
[ 2007/06/25 23:52 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

目の上にたんこぶ

いつも1度眠りについたら、雷や地震があったとき以外、大抵起きる
時間までぐっすりなのに、何故か6時半過ぎに目が覚めた今朝。
でもまだ時間までだいぶあるし…と、居間でごろごろ、うとうとして
いたら、そばを歩いていた父が、充電していた携帯電話のコードに
ひっかかり、その勢いでケータイを蹴っ飛ばし、私の額に…

大当たり(泣)。
すんごい久しぶりにたんこぶ出しました……。

案の定、仕事に行ったらコブを見た同僚、大爆笑。
「×印のバンソーコー貼りたい!」とか言い出すし(汗)。
ああもう。事故(?)とは言え、このトシになって額にたんこぶを
作るはめになるなんて。青アザになってないだけまだマシだけど。
早いとこひっこんでぇ~~。
[ 2007/06/24 23:51 ] たわいない話 | TB(0) | CM(2)

雨のち晴れ

ここのところ、週間天気予報ははずれまくりの日替わりで、昨日を
除いては雨が降るのか降らないのかはっきりしないまま、どんよりと
雲っていた日が多かったのですが、今日は一転して朝から晴天。
しかも雨上がりの後で更にすがすがしい青空♪
久しぶりにこんなすっきりした空を見たような気がするなぁ。

曇りや雨の日が続いても、いつか必ず晴れの日がやってくると
分かっていても、この時期は青空見ただけで嬉しくなっちゃいます。
で、この機を逃さず、光合成(日光浴)。
ちょっと暑いし紫外線も気になるけど。でもやっぱり気持ちいい~。

そして夕方、早くも西から雲の大群が迫ってきました。
明日は再び梅雨空の予報。豪雨は勘弁だけど、じっくり時間をかけて
今度は四国の水がめもたぷたぷになるくらい潤しちゃってくださいな。
[ 2007/06/23 23:44 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

雨の日のタイミング

朝から久々にまとまった雨。
これで少しは水不足も解消すればいいんだけど。

が、結構な降りだったため、こんな時はいつも、車から降りるときの
傘をさすタイミングを考えてしまいます。いかに濡れないように外へ
出るか、ということを頭の中でシミュレーションして覚悟を決め、その
通りに出るのですが、とろいためか上手くいったためしがありません。

まぁ自分はともかく、パワーウインドーのスイッチはあまり濡らしたく
ないんだけどなぁ。それなりに防水加工はしてあるのでしょうが
壊れたパワーウインドーほどタチの悪いものはないので(以前、
乗せてもらった車のスイッチが壊れていて、開けることはできても
閉めることができず、真冬に窓全開で走ったことが…。車内なのに
極寒でした)やはり慎重になってしまいます。

前乗っていた車は手動ウインドー(笑)だったのであまり気にして
なかったけど、水に弱そうなハイテク(?)ものは気を使いますね。
何かいい方法はないかなぁ…。
[ 2007/06/22 23:08 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

生活スタイル

朝、畑の中に見返り美人(美猫?)発見。

前々から思っていたけど、家の周りで見かける猫は1匹狼的で
単独行動が多い気がします。近づいたら大抵一目散に逃げていくか、
相手の出方をうかがって、緊張感たっぷりの空気が流れるか。
そして同じ場所にたたずんでる猫を見かけても、せいぜい2~3匹。
なので、こんな猫の集会所のようなところは見たことありません。


先日見かけた、隅田公園の猫たち。
こちらから近づけば一定の距離を置かれ、食べ物をくれる人には
近寄っていくものの、特に自分からねだるでもなく、それぞれが
自由気ままにくつろいでいて、クールな街猫って感じ。
なんだかかっこいい…。

なんとなくここの子たちの雰囲気がのんびりしているのは、食べ物を
もらえて、かわいがってくれる人が多いからなんかな?

…だとすると、逆に田舎はサバイバルってことか(汗)。
ゴミ置き場で食べ物漁ってるとこはよく見かけるし、「サザエさん」の
オープニングみたく、魚を失敬して追いかけられることもあるのかも
しれません。田舎暮らしも結構大変なんだねぇ…。
[ 2007/06/21 23:15 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(2)

ご当地マンホール・東京編

「マンホール」というより、「フタ」ですが。
鳥取でかわいいデザインのフタに出会って以来、マンホールや
散水栓のフタを見ると思わずチェックを入れてしまうほど、最近では
気になる存在になっています(笑)。
で、先日東京でもご当地ものを見つけたので撮ってきました。

まずは桜とイチョウ。なんだか渋くてステキ。
歩いた先で見かけたのは、ほとんどこのデザインだったような。

人が走ってる(またいでる?)道玄坂。か…かわいい。
今回、そんなにいろんなところを見て回ったわけじゃないから分から
ないけど、たぶん都内を探せばまだたくさん出てきそうな気がします。
ご当地ものっておもしろいなぁ。

番外編。麻布十番にて。

…「お」?なんじゃこりゃ?
他のより小ぶりだったけど、この下に何があるのか分からない
ところがそそられます。ちょっと開けてみたいかも…。
[ 2007/06/20 22:33 ] ご当地マンホール | TB(0) | CM(4)

昆虫視点

この数日、やっと梅雨っぽい天気になり、昨日は吉備津神社の
紫陽花(アジサイ)を見に行く気まんまんだったものの、いざ朝に
なったらどうにも気が乗らず、庭いじりがてら裏庭のアジサイを
のんびり眺めることにしました。気分屋…。

今年は何故か枯れたような色づきになってしまって、全体的には
いまひとつだったけど、ピンポイントで見るとやっぱり綺麗♪
というわけで、今回はマクロレンズを使って撮ったアジサイ。


花を撮ろうと思ったら先客が。
カタツムリがひと休みしてました。昼寝かな?

アジサイってピンクや青色の部分が花びらだと思われがちですが、
これは装飾花と呼ばれるもの。その中心にあるものが本当の花です。
周りが派手だと肝心なところはあまり目立たないけど、こういう
ひっそりと(?)咲く花って好きだなぁ。かわいいし。

ふと見ると、ミツバチや他の虫たちはちゃんと気付いて、花から
花へと飛び回ってました。ちいさな目から見た方がよく分かるのかも。
[ 2007/06/19 22:06 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

花風鈴

真ピンク一色に染まっていた近所のツツジ(サツキ?)もそろそろ
散りかけ。その垣の下にぽろぽろ落ちてた花を見て、子供の頃の
遊びを思い出し、作ってみたもの。

これ、当時は「風鈴」と言ってました。当然音は鳴りませんけど。
あんまり落ちていた花が無かったので、等間隔に紐を結んで作って
みましたが、子供の頃作っていたのとはちょっと違うかたち。

普通に遊んでいる時に凧糸なんて持ってないので、その辺に生えてた
植物のつるを紐代わりに、ひたすら花を重ねていくだけという代物
でしたが、次第に花の数は増えていき、最後は誰が紐を切らさず、
いちばん多くの花を重ねられるか、というものになっていたような…。
もうこの時点で「風鈴」とは呼べない、花の塊と化してました(笑)。

しかもこの遊びを提供(?)してくれていたのは、公共の場の花。
友達とみんなで大量に取りまくったためか、木の一部が枯れてしまい、
さすがに罪悪感を感じて、もうやめよう…ということになったのですが
こういう経験も必要だったんかなーと、今でも毎年花を咲かせている
近所の垣を見て、しみじみ思ったりしたのでした。
[ 2007/06/19 00:31 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

同じ空の下に

旅行の後はいつものことですが、帰ってきてからも当分旅先の
気分が残っていて、町内を歩いていても、何で私ここに居るんだろう…
というような違和感というか、感覚のズレが数日続きます。

まぁそれはだいぶ治まってきたけれど、この間からパソコンの中に
溜めまくっていた写真データをちまちまと整理して、バックアップを
取りつつ写真見てトリップしていたら、ズレが再発してしまいました(汗)。

で、信号待ちのわずかな時間、ぼんやりと違和感を感じながらパチリ。

目の前に広がる風景はいつも見慣れたものだけど、この空の下に
見てきたところや、テレビや雑誌でしか見たことの無い、いろんな
風景が間違いなく在るのだと思うと、なんだか不思議な気がします。
何処からでも、広がってる空はおんなじなんだなぁ…と。
[ 2007/06/17 23:59 ] たわいない話 | TB(0) | CM(2)

魅惑の言葉


先日、東京のデパ地下をうろついていて見かけた、
北海道は「スイートオーケストラ」のアラモード(スイートポテト)。
たまたま出店していて、その日が最終日だったらしく
「今日まで」「通常関東では販売していません」のうたい文句に
惹かれて買ってしまいました。
何故東京で北の地のスイーツを…と自分につっこみながら、宿で
ひとりもくもく。おいしかったけど「限定」という言葉に弱い私…。

そして、こちらも帰りに見かけた限定もの。
東京駅限定、東京マンゴーのチーズケーキ。
「冷蔵庫までのお時間はどれくらいですか?」とお店のお姉さんに
聞かれて、「4~5時間くらいです」と答えたら一瞬固まってたなぁ。
長時間かけて持って帰る人はあまり居ないのでしょうか(苦笑)。
でもそこまでした甲斐はありました。さすがモロゾフ♪

他にも定番ものや珍しいものを買って帰って、ひととおり空けていた
この数日。何かちょっと体重いかも。お土産太り…?(汗)
[ 2007/06/16 23:56 ] 食べもの | TB(0) | CM(0)

カモによぞかし

昨日入梅したにも関わらず、曇り空からは時折青空がのぞく天気。
もう中休み?と思いつつ、買物がてらよく立ち寄る公園でまったり。

池の周りを歩いているとカモが泳いでいたので、鳴き真似をしながら
エサを投げるふりをすると、2羽こちらに寄ってきました。


「なになに?何くれるん?どこにあるん?」
うろうろと探し回るカモたち。まんまとだまされてます(笑)。
そのうち、何も無いことが分かると…

「なーんじゃ。よぞかし(からかうこと)か。あっち行こ」
とばかりに泳ぎ去る2羽。
ごめんね。ちょっと近くで見たかったんでご足労いただきました。

よく(…よく?)こういうことして遊ぶけど、ほんとゲンキンだなぁ。
いつも何かもらえるとは限らんよ。こんな人間もいるのです(笑)。
[ 2007/06/15 23:24 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(2)

イエローカード

帰り道、小雨が降り出したのでワイパーをかけたら、ガサガサッ!
という異音。びっくりして見ると助手席側のワイパーに紙がはさまって
いました。駐車場では暗くて気付かず、そのまま走らせていたようです。
家に帰って、その紙を取ってみると…

う…うわぁ……。そういや許可証出し忘れてた。今日に限って。
いつからはさんであったのか分からないけど、個人情報保護法が
施行されてからいろいろと厳しいこのご時世に、名前とナンバー
まで書いてさらし者ですか。その上、関係者だと分かっているのに
今度から罰金取るですとー?!これってどうなん?

まぁ駐車場に無断駐車が増えて問題になってるのは知ってたし、
出し忘れてた私も悪いのですが。せちがらい世の中じゃのう。
今回は注意で済んだけど、今度から気をつけなければ。
3000円もあれば豪華ランチとかいいもの食べられるよ…。
[ 2007/06/14 23:48 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

アオイ違い

この花を見かけるようになると、夏だなーって感じがします。
まだ梅雨入りもしてないけど。


上:銭葵(ゼニアオイ)と、下:立葵(タチアオイ)。

今まで「水戸黄門」でおなじみ、葵の御紋ってこの植物だと思って
いましたが、よく見ると葉っぱの形が全然違う…。
調べたら、双葉葵(フタバアオイ)という名前らしく、上記のふたつとも
全く違う種類の植物でした。
手持ちの図鑑にも「徳川家の紋として有名な葵はこの葉を3個組み
合わせてデザインしたもの」と書いてあったし。ここまでは読んで
なかったなぁ…。別名、賀茂葵(カモアオイ)とも呼ばれるそうです。
画像を載せたかったけど、オフィシャルでリンク張れそうなページが
見つからなかったので、ご興味のある方は検索してみてください。

何でまたこんなことを言い出したかというと、先日の水戸黄門を見て、
ちょっとホロリときてしまったから。
風の鬼若(照英)、結構好きだったのになぁ…(泣)。
[ 2007/06/13 23:58 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

ニュースでウラシマ

そういや東京へ行ってる間の新聞読んでない…
ということに気付いて、6/5付けのものから読もうと思ったらすでに
片付けられていたため、ネットで地元紙の過去記事をチェック。

最近、周りでも多い「小バエ大発生」の記事がちょっと気になったけど
3日間、県内では特に大きな事件も無かったようでよかったよかった。

そういえば、数週間前に岡山市で起きた水道管破裂のことを、
関東在住の友人に聞かれてちょっとびっくりしたのですが、よく
考えたら全国版のニュースでも流れてたんだっけ…。
実はあの数日前、現場のほど近くでおまんじゅう食べてまったり
していたのでした。まさかあんなことになるなんて。

でも地元だけでなく、遠く離れたところにいても、国内や世界のことが
分かる新聞やニュースはやっぱりチェックしてないとなぁ…なんて
今更だけど、改めて思ったり。
ただでさえ情報があふれてる昨今、あっという間に置いていかれそうです。
[ 2007/06/13 01:31 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

魚と歌と、時々、タワー(その4)

6月7日。東京3日目。
朝、携帯電話で天気予報を見たら、曇り時々雨。
えー!昨日は曇り時々晴だったのに!ウソじゃろー(泣)。
…と、かなり打ちひしがれていましたが、ここに行かにゃ帰れん!
ということで、今回の旅の最終目的地へ。

まずは増上寺と東京タワー。何だかすごい組み合わせ。
ちょっと青空がのぞいてきたけど、欲を言えばもう少し晴れて
ほしかったなぁ…。まぁ雨が降ってないだけよしとしなければ。

この後タワーの足元まで行き、てっぺんを見上げながら、ちょこっと
サントラのメインテーマ聴いてみたら……もう…ハマりすぎ。
今、ドラマや映画の影響で展望台は普段でも大混雑してる…と
聞いてはいましたが、やはり上り口は修学旅行生や観光客で
いっぱい。上る気はなかったので今回はスルー。

そしててけてけ、麻布十番。
「およげ!たいやきくん」のモデルになったと言われるたい焼き屋さんに
行きたかったけど、タワー下でクレープを食べてしまい、おなかいっぱい
だったので街を歩くだけに。新旧入り混じってて素敵なところでした。
オシャレなオープンカフェがあったかと思えば、麻布十番温泉とか。
道路も変わってておもしろい♪

ふと気付くと、何だか周りを歩いてる人の雰囲気や格好が違ってる…。
みなさんどことなくセレブちっく。さすがは六本木ヒルズ周辺です。
コンビニで買った80円のパックジュース飲みながら歩くところじゃ
ありませんでした(汗)。

空を見上げると青空が広がってきたので、そそくさと東京タワーへ逆戻り。

やっぱり背景には青空が似合うなぁ♪
ドラマや本を見る前から気になる存在だったけど、今や見るだけで
郷愁を感じてしまいます。遊びに来てるだけなのに。
どうか新しい東京タワーができても無くなりませんように、と願いつつ
(まだ先の話だろうけど…)じっくり眺めて帰路へ着いたのでした。
[ 2007/06/12 00:05 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(0)

魚と歌と、時々、タワー(その3)

友人夫妻と渋谷で別れ、下北沢のライブ会場へ。
2度目ということもあり、通り過ぎることなくたどり着けました。

演奏の順番は下から上へ。
前回は女性ボーカルの方ばかりでしたが、今回は男性ボーカルが
3バンド。大きな音が響くところ、普段は苦手なんだけど、不思議と
抵抗もなく、心地良く聴けました♪
藤井隆似(?)のソフテロさん、いいキャラされてるなぁ(笑)。

そして今回、トリで紅一点の森川さん(左)と、タマコウォルズ
西池さん(右)。手前には鳥羽さんもいらっしゃったのですが、
最前列が仇となり、位置的にお三方を入れての構図は無理でした…。

ちなみに、ケダマの曲は「いつもえがお」と「空はくるくる」の2曲。
「空くる」はサポートされてたおふたりのギターがもうえらいことに。
技術的なことがさっぱり解らない私でも、すごい…!と息をのんだ
くらいなので、解る人が聴けば相当だったのではないかと。
演奏中にも関わらず、うわー…っ!って表情されてた森川さんも
印象的でした。あとで「どす黒い『空はくるくる』」(笑)と仰られて
いましたが、あのかわいくて爽やかな曲がこんな風に変わるなんて。
しかもこの曲、リハーサルはされていなかったそうです(驚)。
偶然にもすごいものを見せていただきました。まさに一期一会。

ライブ終了後、足がつりそうで動けず、どうしよう…と思っていたら
森川さんが声をかけてくださってびっくり!でもいろいろお話できて、
会場限定のCD-Rもとってもあったかい曲で、ホントに来てよかったです。

考えてみれば、私にとっては今年初の生ライブ。
かっこよかったり、しっとりだったり、いろんな感じの曲が聴けたけど
やっぱり波のような感じがして、心地良くってうっとりでした♪
いちばん最初、トミカ博へケダマライブを見に行ったときはこの感覚が
ちょっと怖かったのですが、すっかり楽しめるようになった今日この頃。

CD化してほしい曲もあるけど、これだけはライブならではというか。
未だによく分からないけど、不思議な感じなのです。
で、終わったばかりなのに、またいつか…!って思うんだよなぁ。欲深。
[ 2007/06/11 23:55 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(0)

魚と歌と、時々、タワー(その2)

6月6日。東京2日目。
天気予報では微妙な感じだったけど、朝から晴れていい天気♪
友人と待ち合わせ、エプソン品川アクアミュージアムへ。

お互い久しぶりの水族館で、早速アシカとイルカのショータイム。
アシカは2組の対戦式になっていて、歓声や拍手等、音の大きさを測る
機械でポイントを競います。一定レベルのポイントに達しなかった組は
明日からの出番がなくなるんだとか。かなりシビアです(笑)。


ちょっと暗かったけど、色補正したら何とか見える…かな?
イルカとクジラのダブルジャンプ。
水しぶきがかかるギリギリのラインで見てたので、ドキドキもの。

ショーやいきもののお食事タイムの時間が目白押しで、のんびり
どころか駆け足で見た感じだったけど、スルメイカ食べてるオヤジ
っぽい模様のエイを見たり、妙な格好のヒトデに大ウケしたりと
かなり楽しめました。

水族館を出たところで、お仕事帰りの友人の旦那さん、乱入(笑)。
初めてケーキ屋さんスタイルのパン屋さんで聞きなれない名前の
パン買って3人でまったり。名前は難しいけどおいしー♪

新幹線の停車駅になってから品川に行ったのは初めてでしたが、駅も
街もホント変わったなぁ。上京した時にはよくこの辺りに宿を取ってたけど、
水族館も目立った施設も特になくて、泊まるだけって感じだったし。
前回会ったときから言うと、友人夫妻も変化のある半年だったと思うの
ですが、全くそんな風に見えなくて、逆に不思議な感じでした(笑)。
でも浦島太郎気分を味わいつつ、いろんなお話ができて楽しかったです。
今度はもうひとりの、新しいご家族に会わせてくださいね♪

あと、Hさん、ご連絡くださってたのに気付くの遅くてすみませんでした…。
次回は早めに連絡いたしますので、ぜひともお会いしましょう!
[ 2007/06/11 23:44 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(0)

魚と歌と、時々、タワー

※本日の日記は6月5日~7日までの旅行日記です。

6月5日。岡山は薄曇。
新幹線の中でドラマのサントラやら、コブクロの「蕾」やらを流し、
リアル“東京タワー”エンディングを楽しみつつ、上京(笑)。
(ドラマのエンディングでは、主人公が上京するときのイメージで
博多→東京の新幹線から見える景色がひたすら流れます)

そして高校の修学旅行以来、十数年ぶりの浅草へ。
平日だけど相変わらず修学旅行生や観光客でいっぱいでした。
 border=

雷門ではなく、本殿にあったでっかい提灯を下から。
おお、龍の彫刻。凝ってますなぁ。
仲見世通りにはおいしそうなにおいが漂ってたり、いろんなもの売って
たりで縁日みたい。なんかいいなぁ、この雰囲気。わくわくします♪
でも通りはもっと長かった気がするんだけど…。
大きくなったんか?私。当時とそう身長差はないはずなのに。

お参りした後、浅草寺のお隣にあった浅草神社のでかい狛犬や、
オシャレな造りの小学校を眺めたりしながら隅田公園へ。

岡山では色づき始めの紫陽花(アジサイ)がここではすごく綺麗に
咲いていて思わず激写。右側のピンクな花も全部アジサイです。
他にも季節の花が植えてあったり、猫が十数匹くつろいでたり…
癒し空間って感じの憩いの場でした。

公園を抜けると、初夏のうららの隅田川~♪
河口から7kmと書いてあったけど、時折潮の香りが漂ってたような…。

ここで仲見世通りの金龍山浅草餅本舗で買ってきた、出来立ての
揚げまんじゅうを。店先に「1個売りはいたしません」と書いてあり、
いちばん小さいので6個から、というかなり強気なお店でしたが(笑)、
めげずに買いました。かなり飢えていたもので。
案の定、一気に3個ペロリ。温かくてやわらかいし、こしあんが
おいしくて嬉しい♪残りも後でしっかりいただきました。

すんごいカロリーだろうなーとは思ったけど、その後宿に辿りつくまで
迷いまくり、1時間近く彷徨ったので恐らく消費されているはずです。
ワカモノの街はラビリンスでした…。
[ 2007/06/11 23:31 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(0)

新幹線の車窓から

姫路城、大阪上空を飛ぶ飛行機、京都タワー、
名古屋のJRセントラルタワーズ、浜名湖、富士山、東京タワー。

新幹線に乗ったとき、大抵車窓(山側)から撮る景色です。
(岡山から西は中学の修学旅行で九州に行ったきり乗ってません…)
「新幹線から見える景色のどこでテンションが上がるか」というのを
先日、同僚と話していたのですが、やはり富士山が1位でした。
距離的にも天気的にも(雲がかかっていることが多い)なかなか見られ
ないということで、レア度が高いためかも。でもやっぱり日本人じゃのう。

で、番外。個人的にそれ以外の場所ではここがお気に入り。

いつも撮り損ねていたけど、今回はどうにか撮れた静岡のお茶畑。
特に理由もなく、何となく好きな風景です。ここ、1度歩いてみたいなぁ。
[ 2007/06/11 00:25 ] まちかど | TB(0) | CM(0)

街に咲く花

先日、東京をふらついていたときに見かけた、街に咲く花たち。

アジサイの下に群生していた、常盤露草(トキワツユクサ)。
図鑑で見たことはあるけど、生でははじめて。かわいい♪


写真上は昼顔(ヒルガオ)。
アサガオの昼咲きバージョン。割とどこでも見かける花です。
下は咲いてる時期からして、恐らく在来種と帰化種の雑種タンポポ。
最近、こんな微妙な総苞片で見分けがつきにくい雑種が増えて
いるんだとか。はじめて見た…。

東京まで行って花探してたんか…と思われそうですが、やっぱり
道端に花を見つけると気になってしまいます。
公園の片隅等、都心にも野の花って結構咲いてるものなんだなぁ。
[ 2007/06/10 01:46 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(2)

帰るなり大自然

昨日、最寄り駅まで車で迎えに来てくれた父が、帰りに突然
「ホタルでも見に行ってみるか~」
と言い出し、そのまま連れて行かれました(笑)。

いつもなら喜んでついて行くけど、何も今日でなくても…
と、在来線のあまりの揺れように酔って疲れてた頭でぼんやり思って
いたのですが。いざ、ホタルスポットに着いたらテンション急上昇。

毎年見に行ってるけど、こんなに飛んでるのは初めて見たかも!
昨日はかなり蒸し暑い日で風もなく、月も出ておらず、ホタルが
飛びやすい条件が揃っていたようです。

気付けば気分が悪かったのもすっかり治って、幻想的な世界を
楽しんでました。やっぱり私、田舎の人間だわ…(笑)。
[ 2007/06/08 23:58 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

旅の相棒

切符ってずっと持ってると手放すのが惜しくなります。
特に長旅の時は。

目的地に着いて自動改札に吸い込まれるときも、あー…近くの駅で
買ったやつがこんな遠い地で回収されるんだ…とか(1度、この回収
切符見てみたいです。いろんなところから集まってるんだろうなー)。
帰りに新幹線から在来線に乗り換えるときとか、だんだん手持ちの
切符が少なくなってくると、何だかさみしくなってきます。
思えば旅に出てから帰るまで、ずっと持ち歩いてるものだしねぇ。
でもこれ渡さないと改札から出られないし…と、しぶしぶ最後の
乗車券を最寄り駅に渡して帰ってきました(笑)。

そんなこんなで例の如く、今回の旅行日記もまた後日、まとめて
アップしようと思います~。
[ 2007/06/07 23:56 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(0)

またたび


荷物を詰めるとき、いつも何かを忘れているような気がしてならず、
何度も中身を出したり入れたりの繰り返し。
恐らく普通の人より、準備には時間がかかっているんじゃないかと。
忘れ物をしたことはないのでたぶん大丈夫だとは思うけど…でも不安。
やっぱりもう1度確認してみようかな。

…というわけで、明日から東の地へ。
紅白の電波塔を見に行ったり遊んだり、もちろん聴いたりしてきます♪
流行り病の終生免疫は獲得済みなので、ウイルスも全然OKです。
[ 2007/06/04 23:04 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

記憶の中の幻想風景


山の斜面にひとつだけ咲いていた、蛍袋(ホタルブクロ)。
この花を見ると、小学生のとき好きだった
「大きい1年生と小さな2年生」という本を思い出します。
体は大きいけど気は小さい男の子が、小さいけどしっかりものの
女の子のために勇気を出し、かなり離れたところにある群生地へ
ひとりでホタルブクロを取りに行く…という内容だったような。

そういえば、本の中の群生地はすごく幻想的なさまに描かれていた
のが印象に残っているのですが、頭の中の映像が挿絵だったのか、
想像で浮かんだものなのか、記憶が遠すぎて思い出せません。
なにせ、読んでたのは二十数年前の話…。

この本、まだあるんかな?あったらまた読んでみたいかも。
当時とは視点も感じ方も違うだろうし、今度探してみよ~。
[ 2007/06/03 23:09 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

言葉あそび

先日買ってきた玉子豆腐のパッケージを見て、ふと気になったこと。

右上の読みって「うまいじゃん」、「うまいんじゃ」、どっちだろう…。

普通に読むなら前者で、食べた後にもれる言葉だと思いますが、
製造元が広島県の会社という事を考えたら、後者の方かも。
でもそれだと、ちょっと強気発言(笑)。

どちらの意味にも取れそうな、こういう言葉遊びって結構好き
だったりするので、思わず食べる前に考えてしまいました。
そういう意図で書かれたものじゃないかもしれないけれど。
日本語って難しいけどおもしろいですね~。
[ 2007/06/02 23:54 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

ひとやすみ

お昼から気分転換を兼ねて、久々に町内の花めぐり。

この時期、山の斜面や川のそばに咲いている、空木(ウツギ)。
かわいくて好きな花です。別名の「卯の花」の方が知られているかも。


上は柳花笠(ヤナギハナガサ)。
下は山立浪草(ヤマタツナミソウ)。この花に似た、ラショウモンカズラ
かと今まで思っていましたが、調べたら違ってました。
気付けば野山にも、夏の花がちらほらと咲き始めています。

この間、1日寝込んだために立ててた予定が狂ってしまって、ホントは
ふらついてる場合じゃなかったんだけど…。
ちょっと近所に出掛けてみれば野山や庭先は花盛りだし、川に飛び
込んでた瑠璃色の鳥(たぶんカワセミ)も見れたし、まぁいいか~。
このくらいのゆとりはいつも持っておきたいなぁ…なんて。

あわてない、あわてない。ひとやすみ、ひとやすみ…。
[ 2007/06/01 23:07 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。