すろーらいふな日常

日々の出来事や思ったことなど。ひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

酷使のツケ

朝、いつものように柿の若葉を撮って、太陽や空も撮って、後から再生
してみると、どの写真も同じ位置に点が写ってる事に気付きました。

この写真では分かりにくいけど、ちょっと黒っぽい点がぽつぽつと。
レンズにゴミか汚れでもついたかと見てみたけど、特に何も無く。

よく太陽を直接撮っていたから、とうとう焼きついちゃったかなぁ。
ついでに、最近頻繁にピントが合いにくくなるのもみてもらおう…
と、知人のいる電器屋さんに持って行ったら、
「修理費にもう少し足したら新しいものが買える」と言われました。
そ…そんなに高いの?(汗)

まぁ別にデジカメ無くたって生きてはいける…けど、けど……。
この季節、ほとんど毎日持ち歩いて、その辺で気付いたものを
気軽にパチパチ撮りまくっていた私には、やっぱりつらいー!
…というわけで、ただいまカタログとにらめっこ中です。

ごめんよ、F10。もう二度と、直接太陽は撮りません…(泣)。
スポンサーサイト
[ 2007/04/30 00:02 ] カメラ | TB(0) | CM(0)

思わぬ収穫

最近咲いている野草の中で、時々、紫華鬘(ムラサキケマン)
色違いの花を見かけて気になっていたけど、図鑑には
「まれに花が白いものもある」という程度しか書いてなく、珍しいもの
なのかと思いつつ調べていたら、ちゃんと名前がついていました。

花が白い、白藪華鬘(シロヤブケマン)。
ムラサキケマンの別名はヤブケマンなので、見たままのネーミング。
「まれに」と言われる割に、ちょこちょこ見かけます。

こちらは黄色いバージョンの風露華鬘(フウロケマン)。
黄色いものについては記述がなかったけど、この辺りではこっちの
方が珍しいような…。ちなみにどちらもケシ科で有毒です。

で、名前を調べていて知った、おもしろいこと。思わぬ収穫。
この花の仲間は種子が熟すと、外からの刺激ではじけ飛ぶんだとか。
子供の頃(今も…)、ホウセンカやカタバミの種をさわり倒し、ことごとく
はじけさせていた者として、これを見過ごすわけにはいきません。

庭で種を飛ばしてはよく怒られていたので(ものすごく増えるから)、
こっそりやっていたものの、発芽するので結局バレバレだったけど(笑)
ここなら誰も何も言わないだろうし。ていうか、さわらなくてもいずれ
はじけるんだから自然の成り行きだし。

もう少ししたらまた様子を見に行ってみよう。ふふ…楽しみ♪
[ 2007/04/29 01:11 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(4)

ありんこ視点


帰宅したとき撮ってみた、月と柿の木。
綺麗だなー…と眺めて、そのままぼんやり。月もぼんやり。朧月。

夜空とか眺めていて、今見えてる星も何年か前のものや、大昔の光
だったりするんだよなぁ…と、いったん考え出したが最後。
不思議でわけが分からなくなって、そのうちぬけがら状態に陥るの
ですが(苦笑)、この間、足元でせっせと食料を運んでるアリを見て、
宇宙って、アリから見た地球のようなものなのかも…とか思ったり。
小さくて見える範囲が限られている上に、世界も大きすぎて全体が
見えないだけというか…。

先日見つかったという地球に似た惑星も、天文学的に見たら近いと
言っても、光の速さで20年。今の科学技術じゃまだ遠い距離だけど
いつか詳しいことが分かればいいなぁ。
[ 2007/04/28 02:15 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

サイボーグおじいちゃん

「(OH!くんの)おじいちゃんってサイボーグじゃったん?」

…………はい???

先日、同僚が発した衝撃の一言です。
いきなり何を言い出すのかと聞けば、たまたま深夜に目が覚めて
テレビをつけたら、ケダマの『夢見るおじいちゃん』が流れていて
「まだまだ未完成」と「雲をつきぬけて空へ 飛びまわれおじいちゃん」
の部分を聴いた同僚は、おじいちゃんってサイボーグ?!
…と、真夜中にひとりつっこんでいたらしいです。

え…ええと…“おじいちゃんが身ひとつで飛ぶ”んじゃなくって、
“おじいちゃんが造ってるロケット”のことだと思うんですけど。
歌詞にもちゃんと「ロケットで連れてって」とあるでしょうに~。
OH!くんアニメを知らない人だとはいえ、すごい解釈だわ。

で、同僚の頭の中にあると思われる想像図。
こんなイメージ…というのを話してくれたので描いてみました。

きっと飛びまわるときは、足からもロケットが出るのでしょう。
でもこれはこれでかっこいいかもしれん…。
[ 2007/04/27 00:27 ] OH!くん・ケダマ | TB(0) | CM(2)

物欲との戦い

昨日テレビを見ながら、何気なく変えたチャンネルで
「一眼レフで風景を撮ろう!」
という番組を放送していて、思わず最後まで見てしまいました。
あー…やっぱいいなぁ~。と、カメラ欲しい熱が急上昇。

ちなみに今使っているのは、フジフィルムのFinePix F10。
2年前に購入した、いたってフツーのコンパクトなデジカメです。
手前は接写撮影で活用してるマクロレンズ。
本来はカメラに取り付けて使うものですが、この機種は取り付けが
できるようになっていないので、写真のようにあてがって使います。


上はカメラのマクロ機能のみで寄れる限界。
下がマクロレンズをあてがって、同じ花を写したもの。
この花(金鳳花(キンポウゲ))は割と大きい方なので、マクロレンズを
使う事はあまりありませんが、小さな花を撮るときはホント重宝します。

欲を言えば、自分で設定をいろいろいじれるカメラがあればいいなぁ
とは思うけど。デジタル一眼は無理でも、“ネオ一眼”(byフジ)なら…
なんて心揺れていた矢先、電器屋勤めの知人から家電の総合カタログを
もらったのですが、よりによって巻頭ページにはデジタル一眼特集。

…絶対狙っとる(汗)。
[ 2007/04/25 22:44 ] カメラ | TB(0) | CM(0)

1年越しの再挑戦

今日はお昼から町内をうろうろと。
昨年からひそかに誓っていたリベンジ撮影をしに、山方面へ。

ひとつめは、一輪草(イチリンソウ)。
子供の頃からよく山で見かけていて好きだった、やさしげな感じの花。
当時から目をつけていたポイントに行ってみたものの、昨年は花の
時期が過ぎていて撮り損ねていました。
今年は草が生い茂って近寄れず、付近で草刈りをしていた方に教えて
いただいた場所で撮影(ありがとうございます~!)。

ふたつめは、山瑠璃草(ヤマルリソウ)。
咲き始めはピンクで、だんだんブルーに変化してくる、見た目にも
楽しくて、かわいい花です。鮮やかだし、群生してるとかなり綺麗♪
昨年は山の斜面に咲いていたのを見つけてよじ登り、無理な体勢で
撮っていたので、結局手ブレに泣かされたのでした。
今年は、こんなとこに咲いとったんか!というくらい、普通に山道の
脇で見つけてラクラク撮影。あの苦労は一体…。

でも40枚近く撮ったうち、ピントが合っていたのは数枚だったり(汗)。
庭に植えてる、同じ仲間のワスレナグサで特訓(?)してたんだけどなぁ。
やっぱりブルー系の小さな花は難しいです。

…とまぁ、かわいい花を見れて、何とかリベンジもできて自己満足。
でも何だかんだ言って、来年も撮りに行きそうな気がします(笑)。
他にもいろんな花が咲いていたのですが、それはまた追々に。
[ 2007/04/24 23:52 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

三世代声帯遺伝


一度、電話に素の声で出たら、「怖い」だの「怒ってる?」だの
言われて以来、職場や家の電話を取るときは普段より高めに声色を
変えているのですが(苦笑)、その声で家の電話に出ると、ほぼ100%
母に間違えられます。今日もご近所の方からの電話に出たら、案の定
「ああ、奥さん?」
と、すっかり母だと思い込み、用件を話し始めるしまつ。
知人や親戚にまで間違えられるので、相当似てるのだと思われます。

そういえば、母も何年か前、実家に行ったときたまたま電話に出たら
祖母に間違えられ、幽霊のような扱いをされたと笑ってた事があったなぁ。
…ということは。

祖母=母=私?

遺伝だろうし、似てても全く不思議ではないのですが。
20代前半から間違えられてるのってどうなんだろう(汗)。
実年齢より上に見られることが多いけど、声もってことか。フクザツ…。
[ 2007/04/24 00:29 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

なやみごと、いろいろ

昨日、職場で聞いたある一報から、驚いたり、慌てたり、空回ったり、
巻き込んだり…かなり振り回されて、解決はしたけどもうぐったり。
“オトナ社会”というか、“会社組織”ってムズカシイ…。

「難しい」と言えば、この間から私を悩ませているのがこちらの花。
ノミノツヅリかと思っていたけど、葉っぱや花のつきかたが全然違うし。
図鑑やネットでも調べたけど分からなくて、ちょっと消化不良気味。
あなたは一体誰なのさ?

国分寺周辺の乾いた畑に、普通にたくさん生えていたから、新発見!
ってことはないと思うけど、もしかしたら、もしかするかも…?なんて(笑)。
こういう悩み事は楽しいんだよなぁ。でも早いとこスッキリさせたい~!
[ 2007/04/22 23:53 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(2)

心体のギャップ

なんとなく 身体が重い 昨日今日(字余り)。

行き当たりばったりドライブを敢行した当日は、家に帰ってからも
もう一往復できそうなくらいの元気さで、私もまだまだ捨てたもんじゃ
ないなーなんて思っていたのですが(笑)、翌朝起きたらものすごい
疲労感。肩も重いし。なんじゃこれ。
放浪先で“何か”を連れて帰っちゃったかなぁ…と、職場で話したら

「それがね、みそじーs'(※)の怖いところなんよ」

…聞けば、疲労感は後からやってくるものなのだそうです。歳とともに。
筋肉痛が2日後に出るとかそういうことですか。おねーさん。
何かすごく説得力あるんですけど…(汗)。
また一歩、あまり解りたくない領域に足を踏み入れたような気がします。


※職場で、3つめの大台にのると強制加入させられる謎の同盟(?)。
 または、三十路に突入した人たちのこと。
 リーダー(発起人)いわく、「『みそじーず』じゃなくて『みそじーs'』!」
 …らしいです。ひらがなの方がかわいいのになぁ(そういう問題か)。
[ 2007/04/22 01:53 ] たわいない話 | TB(0) | CM(4)

田舎を歩こう

今日は足を伸ばして、富士山のふもとへお邪魔してきました♪


…ウソです。

昨日に引き続き、鳥取ドライブ話。で、写真は大山。
形が違うじゃないか、と思われるかもしれませんが、昨日の位置から
左側へ回り込むと、こんな風に見えます。別名、伯耆(ほうき)富士。

無計画でかなり行き当たりばったりだったため(いつものことだけど…)、
あてもなく米子方面へ向かっていたのですが、途中、米子道の溝口IC
近くの展望台に車を置き、農道を大山に向けて歩いてみました。

両側は段々畑。以前通りがかったときレンゲ畑がなかったっけ?
と、緩やかに続く坂道を歩いていたら、農作業をされていた方に
「どこまで行かれるの?」
と、声をかけられ、ちょっとした散歩です~と答えたら、無理はしない
ように、とご心配くださったり…なんかいいなぁ。里山もいい雰囲気だし。
こういう会話って、ちょっとテレ東系の『田舎に泊まろう』っぽいかも。
「一晩泊めてください」と言ったら、どんな顔されるだろう(笑)。

足元を見れば、マンホールのフタに鬼のイラスト。かわいい~♪
そういえば、展望台の公衆電話やトイレの外観も鬼の形でした。
この辺りも鬼の伝説が残ってるんだねぇ…。

そのうち農道が県道に合流してしまったので、探検はここまで。
レンゲ畑、歩いた範囲には一面しかなかったけど、ちょうど見ごろで
かなり綺麗だったので満足満足♪

そして、ここまで来たからには…と、帰りは高速。
お目当ては蒜山(ひるぜん)高原SAの、朝焼きチーズケーキ♪
1ホールひとりで食べられそうなくらい、あっさりで美味でした。
カバ缶も気になったけど、今度行った時まで売られてたら買ってみよ~。
[ 2007/04/20 23:07 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(0)

プチ・タイムトラベル

雨上がりの晴天。お昼からふと思い立って、北へ。

途中立ち寄った絹掛の滝で、新緑とマイナスイオンを満喫。
山はすっかり若葉色です。

…が、標高が上がるにつれて若葉は新芽に。
この辺りではすでに散ってしまった連翹(レンギョウ)は花盛り。
同じ県内なのに、こんなに違うもんかねぇ。何日か前の景色だよ…。

そして県境を越え、鳥取県入り。
視界が開けると、中国地方最高峰の大山がお出迎え♪
雲がかかって見えないことが多いけど、今日はくっきり~!

ちょっと散りかけていましたが、まだソメイヨシノも咲いていました。
しかし…さすがに寒い……。
なんか道端の電光表示、気温15度になってるし(汗)。
下界(笑)は20度あったので、結構薄着で来てしまったけど、ここで
この格好は厳しい~!念のためにジャケット持って来ててよかったわ。

本当はこの明智峠まででUターンするつもりだったのですが、
大山を見てテンション上がりまくり、そのまま山越え。

中国山地を少し下ったところでは、もう田んぼに水をはってありました。
うちの近所ではまだ耕運機で耕してる程度なのに。早いなぁ~。

山を越えるまでは10日ほど時間をさかのぼって、ちょっと下ったら
何日か先の未来に来た気分。この時期の北方面はおもしろいです。
[ 2007/04/19 22:58 ] 県外ぶらり | TB(0) | CM(0)

気付けば、着々と

昨年、その辺りに生えていた待宵草(マツヨイグサ)の種を失敬して
庭に蒔いていたのですが、最近茎が伸びてきたと思ったら、葉っぱの
間からちいさなつぼみが。

夏に蒔いた後、すぐ芽が出てしまい、冬を越せるのかと心配して
いたけれど、葉は青々としたまま、その心配は杞憂に終わりました。
花は一晩しか咲かなくてはかなげな感じなのに、意外とたくましい
一面もあるのね~。

よく夏休みのラジオ体操の後に土手で見かけていたので、夏の花の
イメージがありますが、調べたら、花期は5~8月。そろそろ準備段階。
最近の急激な温度変化にも迷うことなく、次の季節へ向けて動き出しています。
[ 2007/04/18 01:21 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

ロシアンな新芽

先日写真を載せた柿の木の新芽、その後。




2・3・4枚目は3日続けて撮ったもの。
蚊が葉っぱの汁を吸ってしまって、ちょっとくたびれてますが、
新芽から若葉への生長過程です。

今まで、生長早いなーとは思っていたけれど、特にまじまじと見た
ことはなくて、1日でこんなに大きくなってるもんなん?と、びっくり。
毎年、芽が出て数日後、ふと気付いたらすでに若葉になってたし。
デジカメって便利ですねぇ(何を今更)。

…にしても、新芽って葉っぱがたくさん入ってるマトリョーシカみたい。
[ 2007/04/16 23:56 ] 観察日記 | TB(0) | CM(0)

胎内のキオク

3月に無事出産した知人が先日、1ヶ月検診の帰りに赤ちゃんを
連れてきてくれました。あまりのかわいさにもうメロメロ♪
早速親ばか発言を連発していましたが(笑)、他人の私が見ても
こんなにかわいいんだから、そりゃ我が子は相当だろうな~。

そういえば、その子がまだおなかの中にいた頃、みんなで勝手に
呼んでいた名前があったのですが、出産直後、お見舞いに行ったとき
その名前で呼びかけたら、他と明らかに反応が違っていて、驚いた
ことがありました。
1ヶ月経った今はどうかな~?と試してみたら、ちょっと反応鈍し。

私はよくおなかに向かって、OH!くんの声真似をしては(似てないけど)
「生まれたときの第一声が『OH!』だったらショックだからやめて」
と知人に嫌がられていたのですが(笑)、嫌がっていた割に声真似を
してみると、やはり反応があるそうです。

胎内でも外の音は聞こえてるっていうし…覚えてるもんなんかな?
まだ生まれたばかりだから記憶が残ってるのかもしれないけど、
なんだか不思議。胎教ってやっぱり重要かも。
[ 2007/04/15 22:28 ] そのほか | TB(0) | CM(0)

遠き人間への道

OHKの深夜番組、「ハギーにおまかせ!」が3月で終了したにもかかわらず
(ハギー&部長、カムバック…(泣))、相変わらず夜更かしな日々。
さすがにやばいかなと、先日、久々日付が変わる前に床に就いたら
きっかり6時間後、目が覚めました(まだ寝れるのに…習慣って怖い)。

いつもは夢の中、未知の世界な時間帯だったので、外の明るさと
目覚ましの力を借りないスッキリした目覚めに感動し、
もうあの時間って陽があたってるんだねぇ…なんて職場でしみじみ
話したら、同僚がやっぱりしみじみと返してくれた一言。

「よかったね。夜光虫から人間になれて」

や…夜光虫………。
確か以前は妖怪人間じゃありませんでしたっけ?
いつの間に夜光虫になってたん…。知らんかったよ(汗)。

結局、同僚が言うところの“人間”だったのは、その1日のみ。
何だかどんどん人から遠ざかってるような気がします…。
[ 2007/04/14 22:46 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

芳香力

先日、父が私の車に乗ったとき、
「何か新車のにおいがする」(もう新車とは言えない年数なのに…)
と言われて、芳香剤の効き目が無くなっていたのに気付いたのですが
見てみたら、まだ中身が残ってました。

そういえば、芳香剤って一度も最後まで使い切ったことないかも。
開けた時はかなりの存在感だけど、そのうちにおわなくなるし。
何だかもったいない…。
ほどよく、まんべんなく香るものを誰か開発してくれんかな~。

なんて思いながら買ってきたもの(OH!くんは別売りです)。
気付けばいつも柑橘系。今度こそ最後まで香りが持続しますように。
[ 2007/04/13 23:00 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

身近な春の使者


帰化種と在来種のタンポポの見分け方は、総苞片(「そうほうへん」
写真の矢印部分で、これはセイヨウタンポポ)が反り返っているか否か。
で、前者は反り返り、後者は反り返らない(一部例外あり)。
…という事実は、小学生のとき図鑑を見て知ったのですが、それ以来
タンポポを見ると、必ずと言っていいほど総苞片を確認してしまいます。

そして先日、ぶらついていたときに見かけた3つの在来種。

一時期、帰化種のセイヨウタンポポに押されて少なくなっていたけど
最近はそれを押し返す勢いで、コンクリの隙間や野原など、いろんな
ところで見かけるようになった、シロバナタンポポ。
ここ近年、特に勢いが良すぎて、ちょっと気がかりでもあります。
もちろん増えるのは嬉しいけど、増えすぎて他の在来種が少なく
なってしまったら本末転倒だし…。
もともと日本に在ったものだから、余計な心配だとは思うけれど。

こちらはシロバナタンポポに似た、キビシロタンポポ。
白いのは全てシロバナタンポポだと思っていましたが、総苞片が何か
微妙に違う…と調べたら、違う花でした。生息地はこの辺りと九州の
一部だけなのだそうです。岡山に多いのでこの名がついたんだとか。

最後のひとつは、カンサイタンポポ。
こんなのもおもしろいかも…と、違うアングルからパチリ。

タンポポって身近な存在だし、好きな花のひとつです。
綿毛は風任せで、自由な感じのするところとか。
それでいて、いったん地につけば地中深くに根を張って、踏まれようが
千切られようが、何度でも伸びてくるたくましいところとか。

同じタンポポではあるけれど、どちらかといえばやっぱり日本古来からの
ものがいいなぁ。春の訪れを教えてくれる花(年中咲いてるのは帰化種)
でもあるし、大切にしていきたいものです。
[ 2007/04/12 23:59 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(2)

短い1日

朝から不穏な気配が漂ってはいたけれど。
夕方前から久々に、吐き気を伴う偏頭痛で寝込んでました。

晩ごはんもそこそこに、今日はもうお風呂入ってさっさと寝よう
と思っていたのですが、お風呂から上がって気付いたら、
ウソのように痛みがなくなっていてスッキリ。何このすがすがしさ。
たぶん肩からきてたものだろうけど、私の1日はこれからよー!
ってくらいの復活ぶり。お風呂万歳!

とは言っても、あと数分で今日も終わっちゃいますけどね。
短いなー…(苦笑)。
[ 2007/04/11 23:52 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

一期一会の地

近所の田んぼではレンゲが咲き出し、桃の花も満開になってきたので
定番の出没ポイント、備中国分寺へぶらーり!(←笑、ローカルネタ…)

いつものように風景や花の写真を撮っていたら、「撮りましょうか?」
と、声をかけられたのでお言葉に甘えて撮っていただいたのですが、
かなり本格的な方で、人物写真の撮り方まで教えてくださったり。
そんなに詳しいほうじゃないけど、普段デジカメで使う程度の用語は
何とか分かるのでいろいろ質問していたら、たちまち写真トークで盛り
上がり、その方の撮った写真があると言うので見せていただく事に。
その中に数枚、どっかで見たことあるような写真が。

それもそのはず、地元紙の「読者の写真コンテスト」に掲載された
ものだったのでした。しかもプロらしい。そりゃ上手いはずだわよ!
そんな方に偶然会っちゃうなんて。なんかスゴイ…。

結局30分あまり、いろんなお話を聞かせていただきました。
腕に生かせるかはともかく(汗)、ホントにありがとうございました~!

そういや、以前もここで似たようなことがあったような…なんて思い
ながら桃畑へ。昨年と同じアングルを、広角(ズームなし)でパチリ。
この辺り一帯は桃を栽培しているところが多く、今は山の斜面など
いたるところがピンク色に染まっています。今まで当たり前のように
見てきた景色だけど、他では山梨県くらいでしか見られないんだとか。

そうこうしていたらいつの間にか肌寒くなり、気付けば夕暮れ。

さっきお話させていただいた方が
「写真は動画にはないおもしろさがある」
と仰られていたけど、こういう風景を見ると、本当にその通りだなぁ…
なんて、趣味の範囲の端くれなりに、しみじみ思うのでした。
一瞬の時間と空間を切り取るわけだしね。

ちなみに、太陽の下にある丘のようなものは古墳です。
近辺にはこんなのがごろごろ…でもないけど、結構あります。
[ 2007/04/10 23:59 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(4)

若葉のたより

散りはじめとは言ってもまだ桜は咲いているし、主役交代と言うには
早い気がするけど、気付けば山も少しずつ若葉色になってきました。
この間まで枝だけの灰茶っぽい色だったのに。

冬の間、休眠状態だった草木に、花が咲いて若葉が芽吹いて。
時間差でどんどん目醒めて動き出していく春はやっぱり好きです。
毎年同じ光景が繰り返されているようでも、全く同じものは二度と
ないから、何度見てもいいのかもしれんなぁ…なんて思ったり。

そして、昨年とは微妙に枝振りが変わった柿の木も芽吹きはじめました。
こういうの見てるだけで幸せ気分。ホントいい季節だな~♪
[ 2007/04/09 22:44 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

まつりのあとに

朝通りがかったとき、桜まつりか何かでにぎわっていた公園に
帰りがけ、立ち寄ってみました。

朝のにぎやかさはどこへやら。
お散歩をされてる人もおらず、ひとっこひとりいません。
夜桜を貸しきりと言っていい状態で眺められるなんて贅沢かも…とは
思ったものの、あまりに人気がなさ過ぎてやっぱり落ち着かん(汗)。

桜の咲いてる時期は訪れる人も多いけど、それ以外はほとんど、
子供すら遊んでる姿をあまり見かけないこの公園。
時期が過ぎればまたこんな静かになるんかな…と、普段から
ちょこちょこ訪れている者としては、ちょっと複雑な気分。

今年は咲き始めに気温が下がったり、あまり雨が降らなかった関係で
割と長く咲いていたこの辺りの桜も、そろそろ散りはじめです。
[ 2007/04/08 23:56 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

ツバメのおしゃべり

春先にはまとまっていた群れもだいぶバラけてきて、つがいで見かける
ことが多くなったツバメ。電線にとまって早口でさえずる鳴き声が好き♪
大抵この“おしゃべり”のときは近くにもう1羽います。
たまに、ひとりでひたすらブツブツ言ってる子もいるけど(笑)。

先日も、2羽のツバメがおしゃべりしてるところを見かけました。
何を話してるんかな?

「あの人間、さっきからぼっけえこっち見ょうらん?」
「ホンマじゃ。変なもん持ってなにゅうしょう思ようるんじゃろうか」
「きょうてえなぁ。早ようよせぇ行った方がええかもしれんで」

…だったりして。
ホントにこう言ってたかどうかは解らないけど、シャッターを切った
直後に逃げられてしまいました。やっぱり直視はダメなのね。

にしても、何故に岡山弁…。
標準語だと、たぶん(…たぶん?)こんな意味です。

Read More

[ 2007/04/07 23:09 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

ひとりごと


願望というか、妄想というか、まだ個人的予想の範囲内ではあるけれど。
でも何となく予定を入れたくてお休み交渉するも、あえなく撃沈。

フツーの土日ですらまだ少々難しいのに、そりゃそうだよねぇ。
この時期は毎年のことだから分かっちゃいるけど、やめられない…
じゃなくて、ちょっと言ってみたかったお年頃なのさ…(意味不明)。

その後、何気なく携帯電話で見た今日の星座占い。

…ごもっとも。
自分のすべきことをしろってことですな。がんばろー。
[ 2007/04/06 22:53 ] たわいない話 | TB(0) | CM(4)

今日も桜の片隅で

買物帰り、倉敷の酒津公園へ。
以前も書いたような気がしますが、ここはお花見シーズンになると
平日でも大賑わいの桜の名所です。今日も例にもれず多かったけど
いつもより少なかったので、ぶらぶらと公園を一周してみました。

15時頃という微妙な時間にもかかわらず、花見客がいたるところに
シートを敷いて食べたり飲んだり。さすがに街の方は人が多いわ。
平日でこれなら土日は一体どういうことになるんだろう…。
そういえば、ドラマやマンガのお花見等のシーンでよく出てくる
「ネクタイを頭に巻いてよっぱらってるサラリーマン」。
実際には見たことないけど…本当に存在してるんかなぁ。

…などと、かなりどうでもいいことを思いながらふと桜を見上げると
小鳥も花の蜜をつつきにやってきていました。名前は…「?」。

桜に混じって、カエデの花もひっそりと。
小さくて分かりづらいけど、ちょっと変わった形のおもしろい花です。

この公園の桜は八分咲きくらいで、今週末あたり満開になりそう
ですが、カエデの花もこれからが見ごろです。
葉っぱもちょっとずつ芽吹いてきて、新緑の季節ももうすぐ!

そして公園の一角では、カエルや魚の口から水が。
“どべーっ”と流れるさまはかわいい…けど、いつ見てもシュール。
[ 2007/04/05 23:58 ] 県内ぶらり | TB(0) | CM(0)

ずんだブーム

以前、地方銘菓お取り寄せカタログか何かで見かけて以来、
ずっと気になっていたもの。

ずんだもち。
先日、和菓子屋さんに寄ったとき、偶然出会って即買い。
が、ひとくち食べて、想像していたものとは全く違う味にびっくり。

…甘くない。ていうか、豆そのものだよ…この餡。

ずんだもちの存在を知ってから数年、憧れのあまり(?)想像を
ふくらませすぎて、勝手に甘いものだと思い込んでいたのでした。
でも、こういうものだと分かって食べると、おいしく食べられるから
不思議です。思い込みが味覚も左右してしまうとは。恐ろしや…。

そういえば、今日スーパーで買物をしていたら「ずんだケーキ」や
「ずんだプリン」等の商品を見かけたのですが。
世間では今、ずんだブームが到来しているのでしょうか。
[ 2007/04/04 22:52 ] 食べもの | TB(0) | CM(0)

夜桜見物は平日に

帰りがけ、夜桜のライトアップを眺めにちょっと寄り道。
満開だし人多いだろうなーと思っていたら。

花見客、誰もおらん…。

車は停められないだろうから、通り過ぎるだけにしようと思って
いたのですが、そんな状態だったため、早速車を降りてみました。
散歩をされていた人はぽろぽろいたけど…平日ってこんなもん?

聞こえるのは小川のせせらぎのみ。何?この静けさは。
酒池肉林の大宴会を想像していたので、かなり拍子抜けでした。
平日の夜は意外と穴場かも…なんて、ちょっと得した気分。

やっぱり夜桜って昼間とは違った魅力がありますね。
子供の頃、体調面の問題で、気温が低い季節は滅多に夜間外出
させてもらえなかったとはいえ(特に季節の変わり目はよく熱を
出して寝込んでた)、こんないいものを見ずに育ってきたなんて…
十数年分もったいないことしてたなぁ。
まぁ見れたとしても、おそらく当時は『花より団子』だっただろうけど。

写真は橋の欄干にカメラを押し付けて撮影したのですが、人がいる
ところでも、しゃがみこんで写真を撮ることに少し慣れてきていたり。
そんな自分が最近ちょっと怖いです(苦笑)。
[ 2007/04/03 23:05 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

砂場の空気

朝、近所の桜がだいぶ開いてきたので、出掛ける前に寄ってみました。

ざっと見、八分咲き。
春休みでも平日の朝なので、お散歩されてるご近所の方々以外は
花見客もおらず、ゆったりのんびり。昨日とか多かったんだろうな~。
なんてぼんやり思いつつ、時間までぶらぶら。
…とは言っても、そんなにのんびりはしていられなかったので、
すぐ帰ってしまったのですが、しばらくしてある事に気付きました。

何か砂のにおいがする…。
正確には砂場で遊んでたときのにおい。

私だけなのかと母に聞いてみたら、やはりにおうらしく、しかも
朝起きたとき霧は出ていなかった…との答え。
この辺り、よく朝の遅い時間まで霧におおわれているので、特に気に
していなかったのですが、どうやら霧の正体は黄砂だったようです。

そりゃ晴れてるのに、これだけ霞んでたら砂もたっぷり含まれてるわ…。
[ 2007/04/03 00:14 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

世代を越えて

1月はいぬる、2月は逃げる、3月は去る。
で、あっという間に4月突入。フレッシュマンの季節です。

職場にも先日から新人さんが入ってきて、ちょっぴり平均年齢が
下がったり(笑)。そんな中、コミュニケーションの一環(?)で
昔のドラマ話をしていた時、冬彦さん(佐野史郎が演じていた
超マザコン男。当時はかなり話題になった)を知らない…とか、
会話の端々にジェネレーションギャップを感じていたのですが(汗)
「給食のとき、うつわを上下させ、中のごはんを丸めてから食べる」
ことには、おおいに賛同してくれました(笑)。

そして晩ごはんの時やってみた、その食べ方。
茶碗が浅いから難しかったけど…小学生以来だわ。こんなんやったの。

でも一緒に食べるのは同学年の子とばかりだし、別に先輩方から
教えられたわけでもないのに、脈々と受け継がれているんですねぇ。
あ、それとも兄弟間で伝授されてるものなんでしょうか。

何にしても、年齢の溝を埋めてしまう給食ってホントすごいです。
[ 2007/04/01 23:37 ] たわいない話 | TB(0) | CM(0)

オフコース!

先日、町をぶらついていたときに見かけた居酒屋さん。

思わず、例のCMが脳裏をよぎりました(笑)。

まだ準備中だったのか、お店は開いていなかったのですが、ちょっと
疲れたときに行ってみたい…気もするようなしないような。
実は某製薬会社が試験的に運営している直営店で、飲み物は全て、
サワーにカクテル、焼酎やブランデーに至るまで栄養ドリンクがらみの
メニューとか。別バージョンでロイヤルポリス入りも充実してたりとか。
文字通り、元気になって身体にもいい居酒屋さんなのかも。
お酒に栄養ドリンクを混ぜてもいいものかどうかは知りませんが。

…とまぁ、アホな妄想はともかく(汗)。
このダイナミックな書体の看板は個人的にツボです。
[ 2007/04/01 00:16 ] まちかど | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。