すろーらいふな日常

日々の出来事や思ったことなど。ひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

手始めは控えめに



ホー…ホケッ……キョ、ケキョ

山の中から、ウグイスと思われる春の声。
気のせいかと思うほど、今年はずいぶん控えめな初鳴きだなぁ。
田んぼの近くではヒバリらしき鳥がモゴモゴした感じで長いこと
ひとりごとのようにさえずってたし、春本番に向けて練習中なのかも。

聞こえる春も、これからにぎやかになっていきますな。
スポンサーサイト
[ 2017/03/05 00:54 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

花の縁

先日、新聞で「セツブンソウが見頃」という記事を見て
この辺りももう咲いてるんじゃないかと出かけたら。

一面白の花畑。

相変わらずすごい群生。
こういうとこ、よくイノシシが荒らして花が少なくなってしまう
ことが多いけど、電気柵で囲んであって被害もないようだし。
ありがたいことですじゃ。

しばらくすると、カメラを持ったおじいさんに「いい写真撮れた?」と
声をかけられ、正面から花を撮りたいけどなかなか難しいですねー
と答えたら、花を正面から見られる別のポイントが近くにあるらしく
よかったら案内しますよということで、ご厚意に甘えることに。
おじいさんの運転する車の後をついていくと、車1台でいっぱいの
細い脇道に入った上に急な坂道を上がっていき、一体どんだけ
山奥なんだろう…と少々不安になりかけたけれど、脇道に入って
数百メートルで目的地到着。

さっきの群生地ほどではないものの、日当たりのよい斜面に
遠目から見ても白い花がたくさん。しかも全部正面向いてる!

超トリミングで青空と。

まさか青空と一緒に撮れるとは思わなんだ。
とても背丈の低い花だし。
あんまりこういうとこ無いんじゃないかな。

秘密の場所は教えられないけど、ここは割と知られてる場所だから
なんて仰られていたけれど、いや全然知らなかったです。
大抵のことはネットで情報が得られるけど、そうでないこともまだまだ
たくさんあるんだなぁ。やはり自分の足で出かけてみなければ。

でも、教えてもらわなかったらこの道を通ることはなかったかも。
なんて思ったら、なんだか不思議な花の縁。
[ 2017/02/25 00:30 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(3)

ちらルリ

先日、枝の隙間からはじめてルリビタキのオスに遭遇。

図鑑でしか見たこと無かった、しあわせの青い鳥!
……って、思ってたほど青くないような。

調べてみると、若鳥はグレーがかった青色で、きれいな青に
なるには3年くらいかかるらしい。
厳しい野生を生き抜いたものだけが得られる、大人の青。
滅多に見られないのもあるけど、いろんな意味で幸運な鳥だなぁ。

そうこうしてるうちに若鳥は藪の間をちょこまかと動き回ってどこかへ
行ってしまったけれど、今度は立派になった青い姿を見せておくれ~。
[ 2017/02/15 00:15 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

山菜採りは慎重に


春の七草のひとつ、ナズナ。

花が咲いていればそれだと分かるけど、七草粥を食べる頃には
花なんて咲いてないし、葉だけで判断して採ってくるのは結構
難しいんじゃないかといつも思ってしまう1月7日。
まぁスーパーで七草粥セットを買ってくれば、安全かつ確実に
七草が食べられるのだけども。

子どもの頃、そこらへんの山でミツバだと思って採ってきた
何かの葉っぱをお味噌汁の中に入れたことあったなー…。
[ 2017/01/08 00:07 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

二期作

稲を刈ったあとの株から、葉が伸びてくるのは毎年のことだけど
そこからまた稲穂が垂れてるのははじめて見た。

しかも一部だけじゃなく、よく見ると田んぼ全体に二度目の実り。
うわー、二期作だ!天然ものの二期作だー。
これ、もう一度刈ったらそこそこ収穫できるんじゃなかろうか。
質は落ちるかもだけど、飼料用とか。

一粒で二度美味しい的な、お得な感じもするけれど、それだけ
今年は南国並みに暖かかったってことだろうなぁ。
秋っぽい秋、短かったしなぁ。
[ 2016/10/29 23:59 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

お久しぶりの顔なじみ

近所の散歩コースに時々出没していた顔なじみと、久々の再会。

かぎしっぽのキジトラさん。

ここ2~3年、姿を見なくなったから、いなくなっちゃったのかなと
思っていただけに嬉しくて、久しぶり~と声をかけたら、にゃあと
返事をしながら近づき、足元でごろんごろん。
かなりの熱烈歓迎ぶりに、思う存分モフらせていただきました。
が、しばらくすると飽きたのか、なんだかそっけない態度に。

ああ、この気まぐれっぷりも健在だなぁ。
彼女はいつも最初は愛想よく、飽きたらつれなくなる悪女だけれど
そこがいいのよ。猫だから。
[ 2016/10/25 00:37 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

秋なのに


桜ですか。

毎年この時期、春と間違えて?咲いてるのを見かけるけれど
やっぱり今年も咲いてたソメイヨシノ。
春はまだ先ですよと思いながらも、見つけるとちょっと嬉しい。

時期外れだからか少し小さめの花だけど
また半年後、枝いっぱいの桜を見せてくださいな。
[ 2016/10/08 23:50 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

凪の水鏡


大抵いつも風が吹いている水辺で、ひとときの凪。
鏡面の共演。


眺めているときは気がつかなかったけれど
ふと我に帰ったら炎天下の下、汗だくだく。

「心頭滅却すれば火もまた涼し」ってやつかな(ちょっと違う?)。
[ 2016/08/19 00:30 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

高嶺のバラ

春と秋に花が咲くのに、何故か春のものを見るとついつい
我が家にお迎えしたくなってしまう「バラほしい病」。
買うのは簡単な反面、手入れの難しさから自分の手に余るのは
目に見えているというのに、今年も再び発症中。

野生種なら丈夫そうだなー…なんて先日ちらりと思って
しまったのが発端だったけれど。

ハマナスは生育地が浜辺と言う時点で環境が違いすぎて。
モッコウバラは放っておくと伸びまくって、あっという間にもさもさに
なるというし。うーん、丈夫なのはいいけど難しい。

香りもいいし気品のあるバラだけど、私にとっては高嶺の花。
今年も誘惑を振り払いつつ、園芸屋さんや花壇のバラを眺めさせてもらおう。
[ 2016/05/19 00:33 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

置物の術


角度のせいか、えらくほっそりしていたアオサギの前を通り過ぎてから
その存在に気付いて、思わず二度見。うわ、全然気付かんかった。
なんかこんなフクロウいたなぁ。危険が迫ったらキュッと細くなるの。
でも普段ならちょっと近づいたり、ガン見しただけですぐ逃げるのに
何たそがれてるんだろう。

こんなに凝視できる機会もそうないぞとしばらく観察していたら
空を仰ぎ見つつ、まるでスローモーションのようにゆっくりとしゃがんでいき
道より一段低くなっている田んぼに姿が消えたと思った次の瞬間
再び見えたくちばしの先には大物のカエルが。

ハンティングでしたか。
そりゃ逃げるに逃げられないわ。背に腹は代えられんし。

だけど凝視されてる恐怖と戦いながらも、ひたすら気配を消して
獲物に気付かれないように狩りを成功させるってすごい集中力。
私なら注意散漫になった上に挙動不審になりそうだわ…。

一度は人の目もごまかした置物の術、お見事!
[ 2016/05/15 23:46 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

桜花爛漫

この週末は桜三昧。
今年は木によって咲き方がまちまちな感じで、昨日はまだ5~7分咲きの
ところもあったけれど、昨日今日の暖かさで一気に満開状態。


今年も満開を狙ったように雨の予報が出ていて、昨日、桜祭りの準備を
していたおじさんたちが「明日は雨、どんなかのー?」なんて心配しながら
テントを組み立てていたけど、朝小雨が少し降ったくらいでなんとか
夕方までもってくれました。よかったよかった。

去年はホントにお祭り泣かせで桜泣かせな雨だったもんなぁ。
しっとり濡れた桜もいいけど、大荒れだと情緒も花も吹っ飛んじゃうし。

花曇りでもじっくり見られるのは幸せ。花曇りでも。

最初に咲いた桜が散っている中、花ごと落ちてる桜はスズメの犯行。
花の元をちぎって蜜を吸うなんてどこで覚えたんだか。

街の方では結構前から見かけてたけど、今や田舎のスズメにまで
このワザが口コミ?で伝わっている様子。ほどほどにしてよ~。

それにしても、いくら見ても見飽きないなぁ、桜って。
思わず時間を忘れるくらい。

平日でも時間があれば眺めてたけど、1年のうち数日だけの、この景色
やっぱり時間に縛りの無い休日にゆったり眺めるのがいちばんですな。
[ 2016/04/04 00:36 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

ぼちぼち


今朝、ようやく岡山でも開花発表。
今年は暖冬だったために、暖地での開花が遅いらしい。
いつもはかなり早い高知の開花もこの辺りと変わらないくらいだったし。
暖かければ早く生長しそうなものだけど、真冬の寒さに晒されないと
休眠から覚めにくくなるっておもしろい性質だなぁ。
逆にいえば、温暖化で暖冬ばかりになると開花が遅くなるってことか。むむー…。

当地では花芽から開花までは早かったけれど、その後の花冷えで
開花から3日経ってもまだほとんどがつぼみ状態。

でも地味に膨らんできてるし、気温が上がったら一気に開きそう。
来週末は満開か、花吹雪か、天気次第。
去年は雨と花曇りで泣かされたしなー。

ひとまず、今日は一足先に満開になってた桜と青空を堪能。

いつもソメイヨシノが咲きはじめる頃、満開になってる桜で
種類は違うけど、やっぱり青空バックの花は映えますな。
[ 2016/03/27 00:43 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

ちらほら


桜、ちらほら咲きはじめ。
このふんわりした感じがなんとも言えないくらい好き。
あー、今年もやってきたなぁ。待ちに待った桜の季節。

中国地方の各地でも開花の発表があったけれど、岡山はまだおあずけ。
ここより暖かい後楽園の標本木も数輪は咲いてるんじゃなかろうか。
開花基準の5・6輪に達してないだけで。
明日あたりに期待したいけどまたしばらく寒くなるようだし、どうなるやら。

でも、咲きはじめに寒の戻りは理想的。
去年は一気に咲いて散ったぶん、今年は長く見られますように。
[ 2016/03/24 00:37 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

秒読み段階


一気に膨らんで花びらが見えてきた桜のつぼみ。
このままの暖かさが続けば明後日くらいには開きそう。

昨日から桜の便りが届きはじめてるけど、気象庁の職員の
開花チェックと開花宣言を、固唾を飲んで(?)待ちわびてる
人たちのニュースを見るたび、平和だなーってつくづく思う。
もちろんいい意味で。

桜前線到達まで、あと少し。
[ 2016/03/21 00:21 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

桜リレー


早咲きの啓翁桜、咲きはじめ。
もうすでにつぼみプリプリだし、今週末にはかなり開きそうだなぁ。

河津桜に寒桜、寒緋桜などなど早咲きの桜だけでもかなり種類が
あるけれど、それぞれ少しずつ時期をずらして咲きはじめる桜の
リレーはバトンをつないで次の品種へ。

啓翁桜が満開になった頃、今度はソメイヨシノが咲きはじめます。
[ 2016/03/17 00:50 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

桜、待ちわびて


早くもピンクの額がちらり。

他の花芽もみるみるふくらんでるし、水曜日からまた暖かくなるというし
今週末にはつぼみが出てきそうな勢い。
この時期はいつも桜の花芽をチェックしてるけど、急に暖かくなったときは
生長過程が早すぎて、いつの間にかびっくりするくらい大きくなってたり。
そうかと思えば、急に冷え込んで生長が鈍くなったり。
また今か今かと開花を待ちわびる時期ですなぁ。楽しみ。

でも、今年の開花は予想より早くなりそうな予感。
一斉に、ぶわっと咲きそう。
[ 2016/03/15 00:23 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

春を寿ぐ


暖冬の影響ですでに3分~5分咲きになっていた、早咲きの河津桜。
いつもよりかなり早いような気もするけど、1年でいちばん寒いはずの
2月がやたらゆるーい感じだったしなぁ。

ソメイヨシノもあと1ヶ月後には咲きはじめるのかと思うと、この間
年が明けたばかりなのに、季節の移り変わりって早いなー…
なんて遠い目になってしまうけれど、ふんわりほころぶ花が
次々と見られる春が来るのはやっぱり嬉しい。
まだ固いソメイヨシノのつぼみがほころぶのも楽しみに待つとしますかね。

それにしても、「ほころぶ」と「ことほぐ」って似てるなぁ。
語感というか語呂というか。
[ 2016/02/29 01:00 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

もふもふ新触感


フクロウと言えば、ガラスの向こう側でじっとしてたり、飛行ショーで飛んでたり
ペットショップで何故か威嚇されたり、たまに見るだけであまり馴染みのない鳥
だったけれど、隔てるものがないところで人慣れしたフクロウとふれあうこと数分。
あっという間にメロメロに。

野性味強そうなイメージだったフクロウが、頭をなでると気持ちよさそうに
目を細めてうっとりしてる子もいるだなんて意外過ぎて、ギャップ萌え。
しかも猫や犬やウサギとも違う、ふわっふわなもふもふ感。
なにこのエアリーな羽毛。もっと硬い質感だと思ってた。

くちばしがおちょぼ口に見えても実は結構大口だとか、首が真後ろに
ぐりんと回るのは知っていてもぎょっとするけど、見るだけじゃ分からない
こともあるものですな。この新触感、クセになりそう。

寝てる姿もカッコイイ。
さすがは「森の哲学者」。

倉敷フクロウの森にて。
[ 2016/02/17 00:19 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

シンクロナイズ

大抵つがいや友達同士でペアになってることが多いタンチョウ。
よく同じような行動してるなーと気にしつつ見ていたら。


食べるときも、飛ぶときも、足を出すタイミングまでもが一致。
こういう習性なのか無意識でやってるのか分からないけど
すごいシンクロっぷり。

これだけ息がぴったりなら、乗り気じゃない時もシンクロしてしまいそう。
飼育員さんが合図をしても、今日は飛ぶ気分じゃないのよね
とばかりにひたすら地面をつついていたり、走っただけで飛ぶのを
やめてしまったり、なんてことも結構あったし。
気まぐれ屋さんなシンクロナイズ、イベントのときは諸刃の剣ですな。
生き物だし、その日の気分や体調もあるだろうから仕方ないけど。

しかし、飛ぶ鳥撮るのは難しい…。
[ 2016/02/11 23:42 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

冬休み

冬らしからぬぽかぽか陽気が続く中、ふと足元を見たら
咲いていた、オオイヌノフグリ。

春の花が年末から咲きはじめている今シーズン。
この勢いだと、つくしんぼも出てるんじゃなかろうか。
そのうち桜とか咲きだしたりして。

今までにない暖冬っぷりがちょっと怖くもあるけれど
今年の冬は長期休暇中なんでしょうかね。

突然本気を出されても困るけど、そこそこ仕事してください。
[ 2016/01/05 00:34 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

年の瀬の初梅だより

先週、高松で早くも梅が咲いたとニュースで流れていたけれど
気付いたら我が家の梅もぽつぽつと。

年末の開花って、覚えてる限りでは最速かも。
まだ12月なのに、年も明けてないのに早すぎるよ。

11月からスイセンは咲いてるし、この間は普通の半分くらいな
大きさの極小ツツジが咲いてるのを見かけたし、今日は冬至だと
いうのに外はぽかぽかで気持ちいいくらいだったし、ほんとに
冬かと言いたくなるような12月。

暖かい方が過ごしやすくて助かると言えば助かるけど、なんだかなー。
[ 2015/12/23 00:15 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

早咲き暖冬予報


この間からぽつぽつ咲きはじめた、我が家のスイセン。
昨日の寒波より、先に新春来ちゃったよ。

確か去年も11月に開花したあと急に寒くなって、暖冬予報は
どうなるのかと思っていたら、お正月が明けてからは意外と
当たってたし、今年も去年と同じようなパターンになるのなら
この冬も予報通り暖冬になる…かも?

まぁ最近は気象が極端すぎて経験則が通用しなくなってるけれど
おだやかな冬になればいいなぁ。
[ 2015/11/28 23:57 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

仁義なきパン食い競争


大きなパンの切れ端をゲットした1羽のカモを、執拗に追いかける仲間のカモたち。
飛んでも泳いでも追跡の手を緩める気配はなく、追って追われて逃避行。
パンをくわえてからも横取りされないように逃げ回らなきゃならないなんて
なんてサバイバルなパン食い競争なんだろう。

人のお遊びと違って生活がかかってるぶん、必死なのは伝わってくるんだけど
脳内では運動会の定番曲「天国と地獄」が流れてしまい、申し訳なく思ったり。
まぁリアル天国と地獄と言えないこともないけれど。

もし言葉が通じるなら、追いかけているカモたちに教えてやりたい。
そんなに追いかけまわさなくても、エサを撒く人のそばにいた方が
パンを食べられる確率は高いんだよ、と。

ただ、これはこれで餅まき状態なんですがね。
どちらにしても仁義なき戦いか…。
[ 2015/11/23 23:40 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

グルメの評価は

先日、我が家で育てた完全無農薬なヒマワリの種を
深山公園のヤマガラたちにご賞味いただきました。

お、早速来た来た。
今年はたくさん持ってきたよ~、体に優しい無農薬だよ~。

と、ほほえましく愛らしい姿を眺めていたら。

こんなもん食べられるか!
とでも言うように、くわえてはポイ、くわえてはポイ。

約10粒中2~3粒はお眼鏡にかなったのか持って帰っていたけれど
その後は2回ほど戻ってきただけで、あとはパッタリ。
去年は何度も手のひらと木の間を往復して食べてたのに。
「美味くなかったんかのう…」と、ヒマワリを育てた父、大ショック。

どうやらここのヤマガラは、相当なグルメらしい。
種を見ただけで手をつけずに飛び去った目利きもいたし。

普段どんだけいいもの食べてるんだ…。
[ 2015/11/21 23:41 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

じわりじわりと


先週まで見かけていたツバメの群れが今週に入ってぱったり
見られなくなり、とうとう南に渡っていったのかーと思っていたら
ツバメと入れ替わるようにして現れた、冬鳥のジョウビタキ。
この時期にしてはお昼はまだ少し暑いくらいだけど、気付かないうちに
自然界も星空もじわりじわりと冬支度が進んでるなぁ。

そういえば、二十四節季の「霜降」。
今年は今日がその日で文字通り霜が降りはじめる頃だけど
「しもふり」ではなく「そうこう」と読むのだそうな。

今まで、ちょっとおいしそう…とか思いつつ「しもふり」って読んでたよ。
[ 2015/10/24 23:57 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

ゆるやかに散る


雨もなく、穏やかな天候が続いて2週間。
今年のキンモクセイは珍しく長かった。
さすがに香りはもう飛んでしまってないけれど。

桜も毎年このくらい長く見られればいいのになぁ。
風雨に散らされることなく、ゆったりと。
[ 2015/10/20 23:58 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

秋祭りと金木犀


蒜山から遅れること3週間、やっとキンモクセイが満開に。
2週間前にちょこっとだけ咲いていたけど、どうやら気の早い
フライング咲きだったらしい。
次々咲きだすのかと思ったら、すぐ散っちゃったし。

ここ数年、9月下旬から10月上旬に咲くことが多かったから
秋祭りの時期と重なるのってかなり久しぶりな気がするなぁ。
子どもの頃は大抵キンモクセイの香りが漂う中、お神輿を引いて
いたから、キンモクセイといえば秋祭りのイメージだったんだけど
もうまさにその雰囲気。

郷愁を誘う香りだけれど、今年は更にノスタルジック。
[ 2015/10/12 00:28 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

香り、南下中


先週、蒜山では満開だったキンモクセイ、ついにこの辺りにも秋の香りが。

木にはまだ固いつぼみ、というか花芽状態のものがほとんどで
フライングで咲いたような花がぽつぽつ見られるくらい。
大抵一斉に開花するのに、今年はずいぶんもったいぶった咲き方だなぁ。
そのぶん長く楽しめそうだけど。
まち中にキンモクセイの香りが漂いだすのももうすぐですな。秋じゃのう。

そして木の葉に隠れて咲いている花を探していたら、葉にとまっていた
ハチに気付き、そーっと退却して殺虫剤を噴射すると、クモの子を
散らしたように(ハチだけど)数匹逃げて行きました。
巣があるかもだし凶暴化してるし、茂みは要注意ですな。

秋じゃのう…。
[ 2015/09/27 00:25 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

秋は北から


蒜山で匂いに気付いて探したら、やっぱり咲いてたキンモクセイ。
家の周りじゃまだ固いつぼみなのに、山の秋は早いなぁ。
桜だと蒜山では平地と比べて約2週間遅れで満開になるけど
我が家のキンモクセイも2週間後には満開になっているのかも。

北から山から足早にやってくる秋。
昼間はまだ暑い日もあるけれど、だんだん秋が深まっていくなぁ。
[ 2015/09/23 00:01 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

乱舞


優雅に舞う花の鳥、サギソウ。
誰が見ても納得の名前だけど、どうしてこの形になったのかすごく不思議。
咲きそろうとサギの群れが飛んでるみたいで、小さいけれどとても華やか。

自生しているものは絶滅危惧種ながら、園芸種としては普通に販売されてるし
憧れる花だけど、かなり難しいらしいので観賞のみ。

お嬢様品種のラン科には手が出せませんわ。
[ 2015/09/04 23:59 ] 植物・いきもの | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。