すろーらいふな日常

日々の出来事や思ったことなど。ひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

梅雨入り前に


数日前に最接近だった火星。
木星や金星に比べてちょっぴり地味な印象だったけれど、さすがに明るい。
こういうの見ると、ああ、隣の星なんだなーって改めて思うなぁ。
2年後は更に近い距離で最接近だというし、金星と同じくらい明るくなるのか
それよりもっとギラギラ輝くのか、今から楽しみ。

夜半過ぎには天の川も。

この時期にしては珍しく、秋のように澄んだ空だった6月のはじめ。
星を眺めるにはちょっと寒かったけど。
その割に、蚊にはしっかり刺されたけど。

なんにせよ、梅雨入り前にクリアな星空を見られたのはラッキーだったかも。
梅雨の晴れ間にもちょこちょこ見れたらいいなぁ。見えますように。
スポンサーサイト
[ 2016/06/05 00:16 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

ミニマムーン

今日の月は今年いちばん小さな満月「ミニマムーン」らしい。

んー…見た感じはそんなに小さく見えないけどなぁ。
最小って言っても、よく見なきゃ分からないくらいビミョーな違い
なんじゃないの?と以前撮ったスーパームーンと比べてみたら。

結構小さかった。

ぱっと見で分かるほどの違いとは。ちょっと意外。
最大でも最小でもない普通の月がどの辺りに位置しているのかは
分からないけど、同じように見えても毎月大きさは違うんだろうな。
微妙な違いが分からないだけで。

こちらは4つのお月さま。

木星とガリレオ衛星。
衛星までこれだけハッキリ見えるんだから、さぞかし大きいのだろうと
思っていたけど、サイズは月と同じくらい~少し大きいくらいなんだとか。

向こうからもこんな風に見えてるんかな。地球と月。
[ 2016/04/23 00:42 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

二度目の正直


2010年当時は6年後と言われていた金星軌道再投入を
応援しようと集まった、千羽鶴ならぬ、千のあかつき。
四角い顔が「あかつきくん」、丸い顔が「きんせいちゃん」(JAXA公式キャラ)。

それから5年後のリベンジで、ついに周回軌道への投入成功。
本当にやってのけちゃったよ。すごいよJAXA!
「できない理由を考えるのではなく、どうすればできるかを考える」
のが宇宙研流の考え方だと「はやぶさ」関連の本で読んだけど
もはや執念に近い失敗からのリカバリー。
軌道計算を何度もやり直したり、機体のダメージをなるべく抑えようと
太陽の向きに神経使ったり、今日まで気が気じゃなかっただろうなぁ。

まずはお疲れ様でしたと言いたいところだけれど、ここからが本番。
世界があっと驚くような発見、期待してます。

しかし公式にキャラクター化されてると、リアルなCG映像を見ても
「きんせいちゃん」の周りでカメラ小僧と化してる「あかつきくん」の
図に脳内変換されて、ちょっと困ってたり。
[ 2015/12/10 00:34 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

回り廻る

先日の「はやぶさ2」地球スイングバイのとき、写真に写らないかなと
北極星付近にカメラを向けて待ち伏せ作戦を試み、後からコントラストや
明るさをいじってみたものの、結果は惨敗。
写ればラッキーくらいには思ってたけど、撮影に成功した方々の
撮影データを見てみたら、ちょっと、いやかなり厳しかったようで。
手持ちの機材じゃそりゃあ写らないわ(笑)。

他の人工衛星は写ってたけど、望遠レンズで狭い範囲にもかかわらず
約1分の間に3機も北極星付近を通過していたことにびっくり。
それぞれ高度は違うんだろうけど、数多の人工衛星が飛んでいる中を
すり抜けていったのかと思うと、制約とか厳しかったんだろうな。

地図とか天気予報とか人工衛星は今や無くてはならないものだけど
いくつも打ち上げてたら、そのうち過密状態になったりしないんかな。
今でも複雑そうな気がするけど、どうやって軌道計算してるんだろう。
というか、当たり前のように飛んでいるけど、ぶつからないように
回ってるだけでもすごいと思う。素人には。

そして明日は「あかつき」と金星の再会合。
前回の失敗から太陽の周りをぐるぐる回って早5年かぁ。
奇しくも5年前と同じ日のリベンジ、条件は厳しそうだけど成功してほしいなぁ。
[ 2015/12/06 23:58 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

いざ、「リュウグウ」へ


打ち上げからちょうど1年。
地球による砲丸投げ、もとい、スイングバイで目指す
小惑星「リュウグウ」へ針路をとった「はやぶさ2」。
きっちり成功したかどうか分かるのに1週間くらいかかるらしいけど
宇宙の広大な空間で「針の穴に糸を通すようなこと」だそうなので
確認も慎重になるのでしょう。

それにしても、日本から見えるように考慮して軌道計算したとか
粋なことするなぁ。運用上のメリットもあるんだろうけど。
肉眼では見えなかったけれど、あの辺りを飛んでるんだろうなと
思いながら、北の空を見上げて成功祈願。

今度は初代「はやぶさ」のように映画化しなくて済むくらい
順調な旅路でありますように。
しかし久しぶりにわくわくするニュースだったなぁ。
[ 2015/12/04 00:14 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

夜半は冬空


昨夜はオリオン座流星群のピークだというので、0時頃からしばらく
外に出ていたものの、だんだん霧が立ち込めてきて空が白っぽく
なってしまい、結局ひとつも見えず仕舞い。
あー…天気は良くても深夜になると霧が発生するんだった。うかつ。
深夜から未明がオススメ!的な天体イベントは、当地じゃ天候以外に
霧にも左右されるのが厳しいところですじゃ。あと、睡魔との戦いとか。

だけど、東の空にはオリオン座が上ってきていたし、少し上に羽織った
くらいじゃすぐに寒くなってしまうしで、夜半の空は冬の気配。
ちょっと前まで星を見るのに気持ちいいくらいだったのに。

また完全防備でもっこもこに着ぶくれる季節がやってくるなぁ。
[ 2015/10/23 00:41 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

ライトアップと名月と


珍しく日曜日にライトアップしていた瀬戸大橋と、中秋の名月をパチリ。
なんとなく月が大きくて明るく見えるのは、明日がスーパームーンだからかな。

散歩中の人や釣りをしていた人たちもスマホやカメラを片手にお月見を
されていたけど、思わず撮影したくなるようなきれいな十五夜でした。
月だけでもきれいだけど、山間部暮らしにとっては海に映る月の光とか
憧れのロケーションでしばらくぼんやり。

潮風とかいろいろ大変なこともあるだろうけど、こういう風景が日常っていいな。
[ 2015/09/27 23:59 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

配達完了


打ち上げ成功から、ISS・国際宇宙ステーションでのキャプチャと
ドッキングを経て「こうのとり」の配達、無事完了。

アメリカとロシアの補給船が立て続けに打ち上げ失敗した後
予定していなかった物資を急遽積み込むことになったとかで
重さとかバランスとか大丈夫なんだろうかと心配していたけれど、
杞憂におわってよかったー。
打ち上げから1週間と経たず送ることはできるけど、送るまでの
準備に相当時間がかかるしね。ダンボールじゃ送れないもんなぁ。

そういえば荷物の中に果物が入ってて、宇宙飛行士さんたち
かなり嬉しそうだったけど、レモンはどうやって食べるんだろう。
無重力で絞るなんてできないだろうし、かぶりついたら飛び散った
果汁が浮遊してちょっとした惨事になりそう。

目に入ったりとか。
[ 2015/08/26 00:59 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

雲の切れ間に、星流る


昨夜、雲の切れ間から見えたペルセウス座流星群。
12日の夜は雨が降っていて、今年は無理かなぁ…と諦めかけていただけに
深夜にも関わらず、年甲斐もなくはしゃぎまくってしまったり(近所迷惑)。

1時間もしないうちにまた雲に覆われてしまったけれど、雨上がりで
鳥肌が立つようなクリアな星空の中、いくつか見ることができました。
相変わらず口をついて出るのは、「あ!」とか「わ!」ばかりで、
願い事は言えなかったけど。言える人っているんかなー?

でも「流星群が見たい」というのは叶ったわけで。
これ以上欲張ったらバチが当りそうですな。
[ 2015/08/15 00:56 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

暑い夜には


熱帯夜には星を見ながら夕涼み。
このまま眠れたら最高なのになぁ。虫問題とか現実的なことは置いといて。
そんなことをぼんやり考えていたら、流れ星。

そういやぼちぼち流星群の時期だっけ。
不穏な動きをしてる台風が気になるところだけれど、今年は月明かりの
影響もあまりなさそうだし、去年の分までたくさん見られますように。

それにしても一度外に出ると、暑い家の中に入るのイヤになってくるなぁ。
アウトドア用のテントっぽい蚊帳とかあったらほしいかも。
[ 2015/08/04 00:36 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

1番星ふたつ


先日、西の空に光っていた、ふたつの1番星。
さすがに明るい金星と木星が並ぶと目立ちます。

今日(1日)がいちばん近づいて見えたらしいけど、梅雨空で見られず。
何年か前にもあった木星金星の最接近、なんだかいつも雲に隠されてる
ような気がするなぁ。七夕伝説のような何かがあるのか。
まぁ今日を逃したら明日は見えないというものではなく、また少しずつ
離れていくので、しばらくは日没後にふたつ星が見られそうです。

晴れたらね。
[ 2015/07/02 01:05 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

冬は銀河の外側を


ぼちぼち見納めになりそうな、冬の天の川。
銀河系の端の方にある太陽系から、冬は銀河の外側を、
夏は内側を見る景色になるので、夏ほどの派手さはないけど
その分、明るい星や分かりやすい星座が周りに散らばってて
構図的には冬の方が好きだったり。

ただ、冬の天の川は暗闇に目を慣らした肉眼でも、
たぶんこれ…かなぁ?くらいにしか分からないけれど。
だから夏も冬も大三角の中を天の川が流れているのに、
冬は織姫と彦星のような伝説が無いのかもしれません。
間に川があってもなんかすぐ渡れそうだし。

それにしても、星空観察にはやはり山がネック。あと町明り。
シリウスの下の方、地平線ぎりぎりに見えるらしいカノープスが
先月、夜の割と早い時間帯に見ごろだったらしいけど、これも
いつか見てみたいなぁ。
[ 2015/03/13 01:02 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

月火金の三つ巴


昨日、久々にきれいに見えた月の地球照。それと金星と火星。
今日は月の下にふたつの星がぶら下がってるように見えるというので
楽しみにしていたけれど、お昼から雲が出てきて夕方はどん曇り。
天気ばかりはどうしようもないけど、三つ巴状態はちょっと見たかったー。
月と星が並ぶ光景はちょくちょく見られても、ふたつの星が月と大接近して
並ぶのは、何年か前にあった、月と金星と木星の“夜空の笑顔”以来かも。
残念だったけれど、また次の機会を待ちますか。

実はこの写真の中に、こっそり天王星も入ってるらしいのですが
どれがどれだかさっぱり分からんかったです。
大きさ的にはかなり大きい方だけど、なにせ遠いからなぁ。

あと、拭いてもすぐ付くモニターのゴミが星に見えて紛らわしい…。
[ 2015/02/22 00:22 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

数万キロのニアミス


今日の深夜1時過ぎ、過去200年のうちで小惑星が地球に最も接近するらしい。
その距離、約120万キロ。

そして2027年、これより更に接近する小惑星があるらしい。
その距離、約3万キロ。

昨日の夕方、FMを聞いてたらそんな恐ろしい話が流れてきて、思わず
えぇー?!と運転中に叫んでしまったけれど、12年後、マジですか。
120万キロなら月よりかなり遠いし全然心配しないけど、
3万キロとか静止軌道を回ってる人工衛星より近い高度ですぞ。
今のところ衝突はしないと言っても、何かの間違いで軌道がずれたら…
なんて思うと怖い距離かも。12年後というのもリアル過ぎる。
まぁ実害が無くて、見られるものなら見てみたい気もしますがね。
3万キロ先を飛んでいく、直径1キロ級の小惑星。

しっかし地上で3万キロなんて地球を2周回ってもお釣りがくるのに
宇宙だと近く(むしろ脅威)に感じるなんて、あまりのスケールの違いに
大きいんだか小さいんだか分からなくなってくるなぁ。
[ 2015/01/27 01:05 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

冬の夜空のエメラルド


雲の切れ間から見えたエメラルドグリーンのほうき星、ラブジョイ彗星。
地球最接近の7日を過ぎても、まだまだしっかり見えてます。
肉眼では分からなかったけれど、写真に撮ったら彗星の尾もうっすらと。

実は彗星を自分の目で見たのは、これがはじめてだったり。
一昨年、大彗星になると期待されたアイソン彗星は、太陽の熱で
とけてなくなってしまったし、ハレー彗星も見えなかった覚えがあるし。
彗星って白っぽいイメージがあったけど、こういう色もあるのねぇ。
ほんと宇宙って神秘的。

このラブジョイ彗星、次回地球に近づくのは8000年後だそうな。
ハレー彗星なら気合を入れれば次回も何とか見えそうだけど、
さすがに8000年はスケール大きすぎて気が遠くなりそうだわ。

一期一会の彗星、今のうちにしっかり拝んどこ。
[ 2015/01/10 01:04 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

長旅のはじまり


「はやぶさ2」の打ち上げ&予定の軌道への投入、無事成功。
帰宅してから、テレビやネットに流れるこのニュース映像にかぶりつき。

当初予定の30日から悪天候続きで延び延びになっていたから
予備日の9日までに打ち上げができるのかとヤキモキしていたけれど
成功してよかったよかった。割と天気も良かったみたいだし。
欲を言えば、パブリックビューイングに行ってみたかった!
もっと言えば、種子島で生の打ち上げ見たかったー!!
なんて思えるほど、久々にわくわくした映像でした。

来年の地球スイングバイまで特に続報は無さそうだけど、来年の今頃は
金星探査機「あかつき」の金星再会合もあるし、また宇宙機の話題で
盛り上がりそうなのが今から楽しみ。

なにはともあれ、順風満帆な旅路でありますように。
[ 2014/12/04 00:02 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

ミラクルなお月さま

中秋の名月は、エンゼルトランペットの虫食い葉っぱからのぞき見て。
後の十三夜は、咲きはじめた花とともに。

今日の月は171年ぶりの「2回目の十三夜」で、「ミラクルムーン」とも
言われている、一生に一度のお月さまなんだとか。
なんでも今年は旧暦の9月の後に、うるう月の9月が入り
旧暦の9月13日が2回あるため、十三夜も2回ということになるらしい。
ちょっとややこしいけど、名月がもう一度見られるのはいいなぁ。

今年はスーパームーンも3回あったし、先月は皆既月食もあったし
振り返れば2014年って月関連の天体イベントてんこもりだったんですね。

しかし、さすがに11月の夜は寒い!
皆既月食のときはまだそんなに寒くなくてぼんやり眺められたのに、
1ヶ月でずいぶん季節が進んだものだなぁ。

これからの天体観察は重装備で臨まねば。着ぶくれるほどに。
[ 2014/11/05 22:38 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

ブルー・シャドウ


光と影の間の、青。

昨日の月食を撮っていたとき、影から抜けて明るくなった部分と赤銅色の影の間に
青っぽい色が写っていて、不思議なグラデーションだなぁと思っていたのですが、
この青い影、地球の縁のオゾン層で赤い色が吸収されて、青い色が月に映る
現象で、「ターコイズフリンジ」とか「ブルーベルト」と呼ばれているのだそうな。

今まで、地球本体の影だけが映ってるものだと思ってた…。
大気に当たる部分も何気にうっすら映ってたのねぇ。
間接的にだけど、宇宙から見た地球を感じられた青い影。

やっぱり地球は青かった。
[ 2014/10/10 00:26 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

月食カーニバル

今日は3年ぶりの皆既月食。
備中国分寺へ立ち寄ると、アマチュアカメラマン集団がずらり。

普段は日が落ちたら暗いしひと気もないし、少し見たらすぐ帰るつもり
だったけれど、ちょっとしたお祭り状態で、ひとりでも全く平気でした。
セッティングをしていると、どの辺りが良いポイントか、とか、
カメラの設定について全然知らない人に教えてもらったり。

一度、五重塔と満月のコラボを撮ってみたくて、割と早い時間の月食と
重なるなら今日でしょ!なんて来てみたけど、みんな考えることは同じなのねぇ。

↑合成でそれっぽく。

ただ、撮影ポイント周辺の道路両脇にみっしり路駐するのはどうかと…。
数百メートル先に大きな駐車場があるのになぁ。
暗い田舎道だから近くに停めたい気持ちは分からなくもないけど。
(実は帰りの駐車場までの道がいちばん怖かった。暗くて)

月食がおわるまで居たかったけれど、持ってきていたレンズでは風景と
月を絡められなくなってしまったので、皆既状態の月は家から。

いちばん深い影に入っているはずの頃撮ってみたけど、左上はずっと明るいまま。
3年前は下の方が明るかったし、必ずしも影の中心に入るわけじゃないのかな。
あと、右端にちょこっと写ってる星は天王星らしいです。
はじめて意識して見た…というか、望遠鏡無くても見えるんだー…。

多くの人が空を見上げた天体イベントはお天気にも恵まれて、
3年ぶりに自分の住んでる惑星の影をじっくり見られた皆既月食の夜でした。

そして次回は来年の4月4日だそうです。
意外と早い次回にも期待♪
[ 2014/10/08 23:59 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

澄んだ空に


久々に、透明度の高い空。

先日、まだ目が暗闇にあまり慣れていない状態で、天の川だか
雲だかよく分からないものが見えて、撮ってみた1枚。
大抵は数分ほど目を慣らさなきゃ天の川なんて全く見えないのになぁ。
空気がからりとしてくると、空もクリアになりますね。
天候不順に泣かされたぶん、これからの澄んだ星空に期待です。
来月は皆既月食もあることだし。

は~、でもこんな町なかじゃなくて、蒜山とか鬼女台とか中国山地の
絶景スポットから暗い星空を見てみたい。一度でいいから。
と友人にこぼしたら、「クマに襲われるで」とバッサリ。

ですよねー…。
[ 2014/09/17 00:40 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

出はじめの月、天頂の月


今年最後のスーパームーン、山から昇ってきたところをパチリ。
近地点の月ということもあるけれど、出はじめの月は更に大きく見えるなぁ。
地平線付近なんて不気味なほど大きく見えるというのに、実際の大きさは
変わらないというのがどうにも納得できなくて、天頂あたりまで昇ったとき
もう一度同じ月を撮ってみようと思っていたものの、雲がかかっておぼろ月。

うーん、これじゃ分かりにくい…というわけで。
昨日、同じ倍率で撮ったものと比較してみました。
本当は同じ日の方がいいんだけど、まぁ1日しか違わないし(←アバウト)。

左が昨日の天頂付近の月、右が今日、山から昇ってきたばかりの月。
試しにふたつを重ねてみたけど、ほとんど変わらない大きさでした。
絶対今日の方が大きく見えたのに。

一説には、何もない夜空にぽっかり浮かぶ月と違って、地平線付近は
建物や木など比較対象になるものがあるために大きく見えるらしいけど、
比較してみて同じ大きさだと分かってもなお、納得できない自分がいたり。
屋島のミステリーゾーン(実際は上り坂なのに、下り坂に見える場所)も
体験したのに全く納得できなかったけれど、これも錯覚のひとつらしいし
ヒトの目ってどうなってるんでしょうかね。フシギ。

今まで見えていたものが実は全く違うものだったら…なんて考えると
「日常」も「常識」もちょっとしたホラーですな。
[ 2014/09/10 00:42 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

今宵の月は


虫食い穴から、ちょいとのぞき見。

今日は中秋の名月。
って、なんか早くない?大体いつも9月の中旬以降じゃなかったっけ…
と思っていたら、こんなに早い時期なのは38年ぶりなのだそうな。
去年までの3年間はたまたま名月と満月が重なってたし
(次回、満月と重なるのは7年後)、珍しい名月が続きますね。

そして明日は今年最後で3回目のスーパームーン。
今でも十分明るい月夜だけれど、も少し明るくなるんかな。
明日も虫の声を聞きながら、ぼんやり月光浴できるといいなぁ。
[ 2014/09/08 23:42 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

エクストラ

久々の台風直撃コース予報で、いろいろ買い込んできたにもかかわらず
暴風域に入っても「あれ?」という感じで、結局そのまま過ぎていった11号。
ニュースでは台風から遠く離れた地域でもかなりの被害が出ているのに、
中心より西側か東側かだけでこんなに違うものなのか…。
と思っていたら、吹き返しの風の方が強かったり。うーん、謎。

午後からは青空がのぞきはじめ、今は雲間から月が出ています。

今宵の満月は今年3回あるスーパームーンの中でも特に大きな
「エクストラ・スーパームーン」なのだそうな。
地球にいちばん近づくのは11日の午前3時頃らしいけど、
それまで起きていられる自信がないので、10日の月を。

さすがにいつもの満月より明るくて、若干眩しく感じます。
しかし、せっかくの天体イベントがよりによって台風と当たるとは。
(見えにくいだけじゃなくて、台風+月の引力で更に潮位が高くなる…)
9月9日のスーパームーンは全国でゆったり見られればいいなぁ。
[ 2014/08/10 23:57 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

おこたで観望会


昨年末、ふたご座流星群の観望会(こたつ付き)が美星町であったらしい。

録画した番組を見てて、なにこれ行ってみたい!と思わず口走ってしまいました。
野外にこたつを並べてそこに寝転がってる光景はなかなかシュールでしたが
冬の星空観測って寒さとの戦いなので、これは嬉しいイベントです。
どんなに着ぶくれて毛布かぶってても1時間がいいとこだもんなぁ。

ずっとこたつに入ってたら睡魔が襲ってきそうだけど、
体が冷え切ったときの避難場所にはうってつけ。
冬の星をぬくぬくと見られるなんて最高の贅沢じゃあないですか。
ただ、こたつの魔力に捕らわれる人が続出しそうですけどね。

あぁ、こたつが無くとも満天の星を見に行ってみたい。路面凍結さえ無ければ。
この時期、私にとって夜の美星はハードルが高いです(泣)。
[ 2014/01/19 00:31 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

今年は、最後の

掃除(大掃除じゃないところが何とも…)も済み、お正月の準備も整えて
あとやり残したことは今年最後のISS・国際宇宙ステーションを写すこと。
昨年の大晦日に同じことをしようとして見事に失敗してしまったので、
そのリベンジです。

が、今日は仰角が低すぎて山の陰…。
というわけで昨日のものですが、当地から見えた今年最後の飛行です。

今回は若田宇宙飛行士搭乗のISSを収められました。
宇宙からも灯りが点きはじめた暮れの日本列島、見えたかなぁ。

そんなこんなで今年も残すところ数時間。
いろんなものを見たり聞いたりしたけれど、この歳になっても
まだまだ知らないことだらけだなと思うことが多かった1年でした。
来年も新鮮な生もの(未踏の地とかイベントとか、甘いものとか)
探訪できたらいいな。

ではでは、今年もお世話になったみなさま、更にスローになった
ブログを訪問してくださったみなさま、本当にありがとうございました!

新しい年がみなさまにとってよい年になりますように。
[ 2013/12/31 19:51 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(2)

彗星のごとく


以前から、大彗星になるかも?と期待されていたアイソン彗星が
太陽最接近の際にとけてほぼ消滅してしまったそうな。
12月上旬が見頃だといろんなサイトで見て、がんばって早起きしよう!
と楽しみにしていただけに、かなりショックです。
確かに見頃予想も「無事に太陽を通過した場合」との条件付きでは
あったけれど、まさか本当にとけて分解するとは思いませんでした。
文字通り、彗星のごとく現れて消えちゃったなぁ。

アイソン彗星は残念でしたが、去年見つかったばかりの彗星だと
いうことを考えると、他にもまだ発見されてない彗星が近付いてる…
なんて可能性も無きにしも非ず。次の機会に期待です。

とけたと言えば、当地でも今朝初雪が降りました。
砂糖をひとつまみふりかけた程度で、すぐにとけちゃったけど。
彗星までじゃないにしても、雪だってこの辺りでは貴重な現象。
今シーズンも新雪が踏めたらいいなぁ。
[ 2013/11/30 00:15 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

お月見ナイト


今年も満月と重なった、中秋の名月。
ちょっと肌寒いけど、絶好のお月見日和となりました。

それにしても、満月で空が澄んでるとさすがに明るい!
周りの色まではっきり分かって、でも昼間とは違う少しぼんやりした色彩に
いつもの景色がちょっと違う雰囲気に見えたり。月光ってミステリアス。
同じようなかたちの月は毎月見られるけれど、眺めるのに程よい気温と
月がくっきり見える澄んで穏やかな空気が相まって、中秋の月は特別なんでしょうね。

ここ3年、たまたま続いていた満月と名月も、次に満月と重なるのは8年後。
今宵の月はそんな意味でも特別です。

8年後って何してるのかなぁ。今と全然変わってないような気もするなぁ…。
[ 2013/09/20 00:19 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

星の郷で、星降る夜を

今年は暑くてほとんど引きこもってたお盆でしたが、12日の夜は友人と
美星天文台へ、ペルセウス座流星群の観望会に行ってきました。
なんで今頃書いてるかと言うと、RAWで撮った写真データを現像して
JPEGに書きだそうとしたら、エラーが出て変換できなかったから。
いろいろ試したら何とかできたけど、Lightroomよう分からん(←説明書読め)。

それはともかく、19時前、天文台に到着。
日没が早くなってきたとはいえ、星を見るにはまだまだ明るすぎる空。
月以外は金星がかろうじて見えるくらい。

この薄明かりの間にレジャーシートを敷き、虫よけスプレーをかけまくり
カメラをセッティングして寝転がり、準備万端。いつでもこーい!

寝転がっていると街に明かりが灯るように、ひとつふたつと
だんだん星が増えてきて、気付いたら満天の星空。
空は少し霞んでるけど、天の川も肉眼でハッキリ見えるのはさすがです。
人工衛星も軽く10機は確認できました。こう見るとたくさん飛んでるのねぇ。

↑下の軌跡は飛行機。その上の流星っぽいのが人工衛星のフレア。

そして流星もちらほらと見えはじめ、そのたびに周りから歓声が。
家から見る流星は青白くて細いものがほとんどだけど、ここでは先が赤くて
煙をたなびかせながら飛んでいく流星がちょいちょい流れてて大興奮。
なにこれ?!小さい隕石みたい!

周りが「あ!」と言った瞬間に空を見上げてもまだ目視できるほど
ゆっくり長く飛んでいくものもありました。これなら願いごとも言えるかも。
でもいざ見ると、「あー!」しか言えないんですけどね(笑)。

友人の都合もあり、深夜まではいられなかったけれど、天然クーラーのような
気持ちいい夜風の中で、数多くの流星を堪能できました。
寝転がって見るのってやっぱラクですな。首が。

観望会に来られていた、見ず知らずのたくさんの人たちと驚きや感動を共有できる
というのも新鮮で楽しかったし、こういうイベント、ちょっとハマりそうです。

次は12月のふたご座流星群か。
夏でこの涼しさなら冬は極寒だろうなぁ。ふふ…。
[ 2013/08/18 22:47 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

1日遅れの


昨日は曇ってて見られなかった天の川。
今日はくっきりはっきり見られました。流れ星のおまけつきで。

さすがに美星天文台まで上がると、空気も空の透明度も違ってて気持ちいい~。
ここなら寝転がって流星観測とか一晩中でもいられそう。
夏は虫よけ対策が問題だけど、そんなことも忘れちゃいそうだなぁ。
山に囲まれた環境で育つと、とにかく開けた場所ってだけでテンション上がります。
天の川のいちばん濃いところなんて、ギリギリ見えるか見えないか状態だし。

今回は閉館30分前にすべりこんで開けた夜空だけ眺めてきましたが、
今度は天文台の望遠鏡で星も見てみたいな。

ハマってしまったら望遠鏡が欲しくなりそうで、ちょっと怖くもあるけれど。
[ 2013/07/08 23:53 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

私を宇宙に連れてって


雲のまにまに、星きらり。

太陽や青空はちらちら見えていたけれど、星空ってすごい久しぶり。
が、写真を撮っていたら再び雲に隠されてしまいました。
時間にしてたった数分。梅雨の星空は貴重です。

そんな星空を見てふと思い出した「星の王子さまに会いに行きませんかキャンペーン2」
まだ先だと思っていた締め切りが迫っていたので応募してきました。
2014年打上げ予定の「はやぶさ2」に搭載されるターゲットマーカーやカプセルに
名前やメッセージ、イラストなどを載せて一緒に宇宙を旅しよう、というもので
小惑星までの片道か、地球帰還までの往復か、あるいは両方を選ぶことが
できるのですが、そうそうある機会じゃないし、ここはやはり片道&往復切符で。

宇宙スケールでは「ちょっとそこまで」な距離でも、順調に行って6年の長旅。
前回のキャンペーンは知らなくて参加できなかったけれど、今度は「はやぶさ2」の
飛行経路を辿りながら、一般人にはまだ難しい宇宙旅行気分にひたれそうです。

波乱万丈となるか平穏無事となるか、今から楽しみ(できれば何事も無い方がいいけど)。
まずは無事に打ち上がりますように。
[ 2013/06/28 01:12 ] 星空・宇宙 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。